岩波書店『新約聖書1 マルコによる福音書・マタイによる福音書」読了
聖書をしっかり読んでみると、西洋絵画の各場面の感動がより深いものになります。あるいは絵画を見ているから聖書も感動的に読めるところもあるかもしれませんが、まぁ、両方が相互作用するのでありましょう。美術鑑賞のうえで、聖書を読んでおくべきかどうか、というのはなかなか悩ましい問題です。興味があるならば、読んでおいた方が断然よろしいでしょう。画集の解説文などを読むだけでは、その美術品から入ってくる情報量は圧倒的に少ないといえます。対象となる美術品が作られた時代でも異なるでしょう。例えば中世の修道院内で作られる写本装飾画ならば、相応の読み解く知識がなければ、ほぼ素通りしてしまうであろうと言えますし、バロック期の大衆に訴える劇的な大作ならば、あまり知らなくても、そこから内容に関心を持つような意図であったと考えれば、それもまたありでしょう。キリスト教徒ですら聖書を全て読んでいるとは限らないのですが、そもそも聖書がラテン語で聖職者だけが読めた時代も長く、その為に図像があったと考えれば、まぁ、知らない状態で、解説を聞きながら見るというのも、それはそれでいいですし。それにしても、解説などを読みつつ精読してみると、マルコ、マタイ、ルカの違いはたいへん興味深いもので、どうしても、それぞれの違いを確認しなくてはいけないような気になってしまって、なかなか先に進まないというところもあります。重複するエピソードの箇所でも微妙な違いで考えたが違うのだというところが多々あって、このようにスタンスの異なる福音書が併存しているというのは、なんとも面白いことであり、それについて考えているだけで、時間が吸い取られてゆく感じあります。さらに新約聖書を読んでいると、旧約聖書からの引用(かなり自由な引用)が非常に多いので、旧約も精通していないとやはりわからぬことも多いと言えます。旧約を通して読んだことがあるという人はどれくらいいるでありましょうか。私が目を通した旧約は、ずいぶん前に読んだ講談社「聖書の世界(旧約/新約)」全6巻なわけですが、記憶が曖昧になってきていると言いますか、そもそもその頃は内容を理解できず、記憶に留めるのも難しかったし、そもそも敷衍訳だったと思うので、改めて読み直したいところであります。聖書意外にもウォラギネの黄金伝説とか、読まねばならぬものをあげると切りがありませんが、とりあえず、聖書は基本であろうか。西洋絵画のギリシア・ローマ神話の部分は、ホメロス(またはウェルギリウス)を読んでいるかで面白さというか、親近感的なものがだいぶ違うような気がしますし、キリスト教絵画についてはやはり聖書は大事といいますか、聖書との相互作用的な感動作であるのではないかと考えているところです。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 11:42 PM | comments (0) | trackback (0) |
フジミ模型 珊瑚海海戦セット(1/3000) 制作
珊瑚海海戦は世界史上初となる空母同士の海戦であり、空母同士ということは護衛する巡洋艦、駆逐艦も多数付随する現代でいうところの空母打撃軍同士の海戦という重要な出来事であります。さらに肉眼で相手の艦隊が見える前に、航空機等の索敵情報を元に戦闘がはじまるという意味でも初であったということで、海戦の状況が一変する出来事であったと思いますが、あまり人に知られてないような気がします。とはいえ、私自身もテレビ東京のVHSビデオカラー秘録 太平洋戦史 第3巻 珊瑚海海戦」を観たくらいの知識しかないのですが(ちなみに大戦略シリーズを生み出す前のシステムソフトがPC-8001で珊瑚海海戦ゲームを発売したけれども、あまり売れなかったようです)。この海戦について書かれた著名な図書『暁の珊瑚海』も購入したのですが、あまりこのジャンルに詳しくないもので、難しくて読まずにおりますが、何しろ軍艦の知識が乏しい、戦艦はともかく、空母、巡洋艦、駆逐艦についての知識が乏しい。世間では艦これの影響で、皆が詳しくなっているというのに。というわけで、フジミ模型の集める軍艦シリーズ No.14 MO作戦 珊瑚海海戦セット(1/3000)」を購入してみました。

さっそく塗装して組み立ててみたところです。
珊瑚海海戦

ほとんどは、軍艦色2を缶スプレーで吹いて、甲板色を手塗りした後、ウェザリングして仕上げています(空母の甲板だけは、缶スプレーで甲板色を塗装したのちに、マスキングして軍艦色をスプレー)。その際に、重巡洋艦妙高型は甲板を木甲板色で塗ったのだけれども、巡洋艦、駆逐艦はリノリウム甲板であったらしく、ウッドブラウン的な色を塗るのが正しかったようであります。タミヤからは「リノリウム甲板」という塗料も出ております。リノリウム甲板とはなんだろうと思って、確認してみたのですが、亜麻仁油をメインに天然樹脂を媒材として作った床材で、ビニールなどの合成のシート材が主流になるまでは、よく使われていたようです。亜麻仁油については詳しいつもりでしたが、まだまだ知らないことも多いものです。まさか軍艦模型を塗装して気がつくとは。甲板に水平のモールドがしてある場合は、そこは木甲板で、垂直というか左右に向かってモールドがあるのがリノリウム甲板らしく、そのモールドはリノリウム材は押さえておくものらしいですが、手練れのモデラーはそこを塗り分けていたりします。今回の妙高は砲塔を取り付けてしまったので、塗り直すのは断念致します。

珊瑚海海戦についてですが、組み立てながらネットで検索しつつ、塗装について考えたりするし、時にはウィキペディアで艦の概要を読んだりもするので、各艦艇についてずいぶん勉強になりました。残念なのは米艦隊がついてないというところでしょうか。米艦があったらボードゲーム作れそうですが、それはともかく、リノリウム材は天然素材ということで家具などの用途で再び人気が出ているようなので何か買ってみようかと思ってます。

| その他 | 10:46 PM | comments (0) | trackback (0) |
加藤隆(著)歴史の中の『新約聖書』読了
加藤隆(著)歴史の中の『新約聖書』読了。ずいぶん前に同著者の「『新約聖書』の誕生」を読んでたいへん勉強になった覚えがありますが、たぶん、それよりも易しい言葉書かれてあります。と言っても、ベースとなる基礎知識がないと、意味不明であることには変わりはないと思いますが、幸い今の私には丁度いい感じで有り、たいへん楽しく読み通しました。さらにその勢いで、レザー・アスラン(著)『イエス・キリストは実在したのか?』も読んでみました。この本のタイトル(邦題)はけっこう挑発的ですが、内容は実在のナザレのイエスについて真剣に迫ってゆく内容であり、邦題が売上を考えてのことかと思いますが、原著の意図をゆがめているようなところがあります。しかし本文の訳はとてもいいと思います。かなり強烈なインパクトがあり、それ以前に読んだ聖書関連の本の内容をうっかり忘れてしまいそうになる程です。福音書の中のあまり意味を感じられずに流して読んでしまっていた箇所に、このような意味が隠されていたのか、というような驚きの連続でありました。

他にもどっさり関連文献を購入してしまったのですが、買いすぎたせいか、同時に並行して読んでしまっていて、どれがどの本だかちょっとややこしくて混乱しないでもないところですが、さまざまの初期キリスト教関連の本を読んでから、改めて福音書をマルコから読み始めておるのですが、ここまで面白いものだったのかと感心しております。実はルカ文書を読んでいたところなのですが、もはやマルコからしっかり読まねばならぬような気になって、マルコから挑んでいるわけですが、気がついたらもう4月であり、春休みも終わってしまうのですな。3月からずっと掃除というか、片付けをやっているのですが、ここ数日は45Lのゴミ袋に1日1袋くらいのゴミを出して処分してるペースなのだけれども、不思議なことに部屋がまるで片付いておりません。でも、奥の方からいろいろ引っ張り出して処分しているからであって、間もなく急にすっきりした感じになるのではないだろうかと思っているのですが、途中で挫折すると散らかしただけになってしまうので、なんとかせねばなりません。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 12:29 AM | comments (0) | trackback (0) |
フジミ模型 1/100 出雲大社完成
フジミ模型の1/100 出雲大社、完成しました。
出雲大社
汚しを入れ過ぎて暗くなってしまったのが反省点です。説明書指定のカラーより明るい色を塗ってからウェザリングするとちょうど良くなるかと思います。指定色はウッドブラウンでしたが、神社建築は白木で建てられることが多いので、タンや甲板色でスプレーした後に、ウェザリングで経年の黒ずんだ感じを出すと、リアルな状態に近いのであろうと思います。あと、銅の腐食した状態をどれくらい緑に寄せるかというのも気になるところですが、今回はゴールドとオリーブグリーンを交互に吹いてごまかしました。このあたりは、遷宮からどれくらいの年数が経っているかによって、見た目がだいぶ変わるかと思います。実際の色を再現するだけでなくて、形態を認識しやすいような、教材的な塗装というのも探ってみたい気がします。

建築写真集や論文、古代史の書籍、出雲大社に関するDVDなど、いろいろ見ながら制作したので、とても勉強になりました。ただ勉強すると頭に入ってこないような部分も、模型を作りつつやると頭にするする入ってきて、しかも忘れ難いというのを感じます。あとは現地で実物を見られれば文句なしですが、今は個人的な旅行は控えて、模型で代替えしておこうかと思います。
出雲大社
非常に大きなキットなので、時間がかかりました。もっとも、このくらいのサイズ感がないと、出雲大社ではないという気はしますが。写真では伝わらないと思いますが、実物が目の前にあると、すごい迫力があります。キットは細かいところまで再現されており、説明書は部材の名称まで解説されていたりと、日本建築の勉強になりました。このキットの原型制作者はさぞかし研究の上で作られたのでありましょう。とはいえ、模型に関しては、今後は控えめなサイズのものを買おうかな、という気分です。

4枚目は1/100薬師寺東塔との比較です。
出雲大社
出雲大社の檜皮葺屋根の厚さが際立ちます。

| 史跡・古墳・名所等 | 11:22 PM | comments (0) | trackback (0) |
各種樹木剪定
オークの樹ですが、だいぶ高く枝が伸びていて、年々手入れが大変になってきているので、けっこう思い切ってカットしてみました。

昨年もこの時期に同じように切ってはいるのですが、葉が生い茂った時期に切ると、ゴミが非常に増えるので、この時期にやっておかねばなりません。その他、ポプラ、キハダ、エルダーなども剪定しました。なかなかの労働でした。コウゾは根元からばっさり切り倒しましたが、おそらく切り株からまたすぐ生えて大きくなると思います。それと、春ということもあり、今年植える植物の苗などを注文せねばなりません。種も蒔かねばなりません。

ベランダのウッドデッキにニスを塗りました。

老朽化が甚だしいウッドデッキですが、模型のスプレー吹いたり、気兼ねなく雑に作業できる場所でもあります。

模型制作に使う道具や塗料が増えてきたので、アイリスオーヤマのツールボックス、マイキット40を購入しました。

3種類のサイズの中で最も大きいものを選びましたが、模型ツールに関してはこのボックスに入る範囲で留めつつ、今後もいろいろ作ってゆきたいと考えております。あまり深入りしてツール類を集め過ぎると、制作に時間がかかるようになって、結果的にあまり仕上がらないということになりかねませんので、その辺を自制するための前向きな制限としたと思っています。ちなみに、マイキット40だと最下段にクレオスのシンナー(小)50mlやタミヤの情景テクスチャーペイントを縦置きで収納できます。お薦めです。

という具合で、収納等も考えつつ、せっせと自室を掃除しているのですが、なかなか片付きません。古いスーツを2、3処分しつつ、Yシャツもけっこう棄てました。もう使わないような古い塗料も捨てましたが、Yシャツに染みこませて廃棄しました。この春はYシャツを多めに買いそろえたいというか、新しいものに更新したいと思います。春休み中にやっておかなければならないことが意外と多いですな。先日、運転免許の更新をやってきましたが、大した手間ではないものの、なんか緊張してしまって疲労を感じるようなイベントではあります。そして、そろそろ夏タイヤに交換せねばならぬし。

| 家庭園芸 | 12:08 AM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: