今年植えたい植物
ドラッグストアに行ったら消毒用アルコールはともかく、無水エタノールまで品切れになっておりました。それで親がウイルス対策用のアルコール消毒液が欲しいというので、手持ちの無水エタノールを希釈して作ってみました。無水エタノール使い切ったので、当分アルコールニスは作れません。まぁ、木工のときぐらいしか使わないですけど。それはともかく、気温の低い季節の方が得意なので、いろいろアクティヴな感じに出かけたりしようかと計画を考えていたのですが、新型コロナウイルスの話が急激に物騒になってきたし、実は2週間前から体調が芳しくなく、ほぼ回復したものの鼻水が止まらなくてずっと鼻声なので大人しくしていることにしました。

例年は色材を中心に植えていたわけですが、今年はアカンサスを植えてみたいと考えています。かのコリント式オーダーの柱頭の装飾の元となったという植物なので、なんとしても植えてみたいのですが、その他にも古典古代関連の植物を植えてみたいです。オリーブはもうあるのですが、だいぶ大きくなったので、鉢の植え替えをせねばなりません。あとはなんだろうかと調べてみようと思います。

そしてラベンダーオイルの抽出をしたいのですが、画材的にはスパイクラベンダー択一ですが、オイルが抽出しやすそうな気がするラバンジンをちと増やしたいかと思います。数年前、というか10年前から懸案になっている蒸留もせねばなりません。今年こそはなんとか。と考えております。

樹木から樹脂を取る知識をちょっとつけておきたいところです。前年はメタセコイヤから樹脂(コーパルかも?)を取り損ねたので。今回は再びPlant Resinsをよく読んで、自宅にある樹木から手当たり次第に樹脂を採ってみたいかと。小ぶりな松があるので、それから採っていこうかと。前にやってみましたが、松はガンガンで出てきますので、樹脂採取の練習にはちょうどよいでしょう。しかし、あまりデカくないので、いずれは森に入って樹脂を採ってみたいです。近年かなり温暖化してきており、今年の冬も暖冬であったので、もしかしたらピスタチオを植えてもいいんじゃないか、という考えもあります。マスチックに近い樹脂が取れるんではないしょうか?

ウェルドは発芽してから2年目になるので、いよいよ花が出てきて、種を取ったり、染料を採ったりできるかと思われます。染料に関してはこれ以上植えても実行しきれないので、この辺でいいかと思いますが、昨夏試したキハダを再び採取したいというところですか。

ところで、肺炎騒ぎですが、中国の企業活動停滞により経済活動に支障がでるであろうという話題はよく聞きますが、それより日本は食料自給率が低いので、食料難の方は心配な気がするんですが、サツマイモとかジャガイモを植えておいたら、カロリーも高くていいんじゃないかな、というのも考えてたります。まぁ、親戚からもらった玄米が大量にあるので、カロリーは1年分くらいはどうにかなりそうですが。

| 家庭園芸 | 11:47 PM | comments (0) | trackback (0) |
イングリッシュオークを剪定
数年前に植えたイングリッシュオーク、だいぶ伸びてきました。
イングリッシュオーク

これ以上高くなるとメンテナンスが面倒なので、軽く芯止めをするような感じで剪定しようとておこうかと思いまして、ノコギリ付きの高枝鋏を買ってきました。
イングリッシュオーク

が、棒に付いたノコギリって使いづらいもので、慣れないと切るのは大変なもので、あまり格好良く切れたようには見えませんが、
イングリッシュオーク
まぁ、しかし、また枝葉が伸びれば自然な感じになってくれるでしょう。

そして剪定後の枝ですが、丁寧に小枝を削いでまとめておきました。
イングリッシュオーク

これを炭にして、燃料にしたり、黒顔料にしたり、灰にしてみたりなどして活用したいところです。西洋の手工芸ではオークは重要な素材でしたが、画用木炭にはどうなんだろうか、と考えてるんですが、小枝にも節が多すぎて、さらに樹皮が非常に厚そうで面倒そうだな、という見た目をしてます。

なお、webサイトの改装は、Wordpressのテーマの選定で考え込んでおります。

| 家庭園芸 | 09:41 PM | comments (0) | trackback (0) |
オリーブを収穫
数年前から育てているオリーブですが今年は随分実がなりました。
オリーブ
↑は9月に撮った写真です。

で、ふと気が付いたら、実が萎び始めていたので、急いで収穫しました。
オリーブ
なんというか、いろいろ心配事も多くてオリーブ収穫しようなんて思ったりしなうちに干からび始めてしまうとは。まぁ、たぶん水をやってなかったからかと思いますが。

というわけで、もぎ取って篭に入れましたが、今年はこのくらい採れました。
オリーブ
実がなるように違う品種を2本植えていたので、二つに分けているのですが、今となっては違いはよくわかりません。

もともとオリーブを植えた切っ掛けは、搾油してみたいという動機があったからですが、今はべつにそんなことどうでもいいなぁという気がしているのですが、当時はかなり気になっていたわけです。オリーブ油は乾性油ではありませんから、油彩画には使いませんが、植物から油を採るという工程自体に興味があって。普通種子から絞るわけですが、オリーブは果実から搾油するのです。きっと種子からの搾油よりも、ずっと楽に油脂が手に入るに違いと。楽にそして大量に手に入ったのではないかと。そして、古代ギリシャ・ローマ文明の発達の原動力はオリーブから油脂を手に入れることができたからではないか、というオリーブ説を実証する為でもありました。というのは嘘ですが。でもよく栄養源としてそのような話がされることがありますが、油脂の用途は幅広く、工業などの生産性にも影響するんじゃなかろうかとも思うし、ギリシャとか農業に不向きそうなところに文明ができるってのはオリーブかブドウ(ワイン)があってこそかとも思うのですが、それはともかく、今回はまだ大した量でもないし、実を食べる方向で試してみたいと思います。

というわけであく抜きを試みる。
オリーブ
オリーブの実が非常に苦いので、苦いもの好きでもちょっと食えない感じなので、あく抜きせねばなりません。本で読んだところだと、苛性ソーダでのあく抜きを紹介していましたが、これはけっこう手に入り難いし、食べ物に使いたくないので、重曹を使うことにします。という件はネット上にもいっぱい書かれているので、詳しくはそちらをご参照ください。果たして、食べられるものになるだろうか。ちなみに重曹だとあく抜きに1ヶ月かかるそうです。

| 家庭園芸 | 11:14 PM | comments (0) | trackback (0) |
アワ(粟)に穂がついていた
プランターにアワ(粟)の苗を植えていたのですが、穂が付いておりました。
アワ(粟)

アワ(粟)

これって脱穀するの面倒だったりするのかな、と思ったんですが、
アワ(粟)
指で軽く揉んだら、プツプツと中身が出てきました。これは、こんなんあったら、普通に食べますわな。

ちなみに、雑穀は米に比べて食味が劣ると言われていたりしますが、かつてアワだけ炊いて食べたときは、たいへん美味でした。
その件は以下をご参照ください。
■キビ、アワ、ヒエを炊いて食してみた
http://www.cad-red.com/blog/jpn/index.php?e=1246


| 家庭園芸 | 12:28 AM | comments (0) | trackback (0) |
西洋ナラのドングリから発芽した木の葉の形が微妙
庭に植えた西洋ナラ、たいへん大きく成長しており、昨年ドングリがいっぱい落ちました。

拾って植えたり、または勝手に生えていたりなどしていくつか芽が出ており、それらが、どんどん伸びてきているわけですが・・・

以下、それらの写真です。
西洋ナラ

西洋ナラ

西洋ナラ

いずれも、葉っぱの形が微妙です。

西洋ナラの葉は本来こんな感じになのですが。
西洋ナラ

同じ庭に在来のコナラとミズナラも植えているので、もしかしたら、それらから受粉して、中間種みたいなものになっているのかもしれません。まぁ、これから大きくなるのを見守ってみることにしましょう。

| 家庭園芸 | 11:58 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: