ホップを食べてみる
ホップ
庭にホップを植えていましたが、たくさん実がなっているので、天ぷらにしてました。
ホップ
ビールの風味付けに使われるホップですが、確かにビールみたいな味がします。

ウィキペディアによると「毬花はビールの原料の一つで、苦味、香り、泡に重要であり、また雑菌の繁殖を抑え、ビールの保存性を高める働きがある」ということなので、ホップがあってこそのビールですね。ただし、シューメル人から始まるビールの歴史では、ホップを使い始めたのはそれほど古いことでないそうで。この前購入した『聖ヒルデガルドの医学と自然学』には「・・・ホップの苦みは飲料を損なう物質を抑制するので、添加すると飲料を長持ちさせる・・」と書かれてありましたが、軽く検索した感じだと、ビールへのホップ添加について述べた最初の人物の可能性もあり、だとすると個人的に私の中で聖ヒルデガルド(1098 - 1179)の評価が非常に高まる可能性もあります。ASAHIのwebサイトでは、「ホップを初めてビールに添加したのは、12世紀にライン河畔にあったルプレヒトベルグ女子修道院のヒルデガルディス院長と言われています」と書かれてありますが、これは聖ヒルデガルトのことなんでしょうか。聖ヒルデガルト、一冊読んでもういいやと思っていましたが、もうちょっといろいろ読んでみなければと思い直しました。中世にありがちなただの神秘家だと思っていましたが、ビールにホップを使い始めたとなったら、人類への貢献度においては、名だたる中世神学者を追い抜いて、中世最高の博士と評してもよろしいかと思います。

| 家庭園芸 | 11:18 PM | comments (0) | trackback (0) |
ライ麦を植えてみた
最近、穀物というものに関心があり、ただ粉を買うだけじゃなくて、どんな姿をしたものなのか見たいなと思いまして、ペットリーフ用に少量売られていたライ麦の苗を、花壇に植えてみました。
ライ麦
現段階ではどう見てもただの草にしか見えません。

ヨーロッパの北の方では、気候的に小麦の栽培には適しておらず、ライ麦が主要な穀物でした。ライ麦は、小麦のようにイースト菌等で膨らまず、サワードウというのを使いますが、あまり膨らまず、実が詰まって堅く酸っぱいパンになります。噛み応えがあって、濃い味であり、小麦のパンより美味しいともいえます。

| 家庭園芸 | 10:19 PM | comments (0) | trackback (0) |
西洋ナラのドングリから発芽した木の葉の形が微妙
庭に植えた西洋ナラ、たいへん大きく成長しており、昨年ドングリがいっぱい落ちました。

拾って植えたり、または勝手に生えていたりなどしていくつか芽が出ており、それらが、どんどん伸びてきているわけですが・・・

以下、それらの写真です。
西洋ナラ

西洋ナラ

西洋ナラ

いずれも、葉っぱの形が微妙です。

西洋ナラの葉は本来こんな感じになのですが。
西洋ナラ

同じ庭に在来のコナラとミズナラも植えているので、もしかしたら、それらから受粉して、中間種みたいなものになっているのかもしれません。まぁ、これから大きくなるのを見守ってみることにしましょう。

| 家庭園芸 | 11:58 PM | comments (0) | trackback (0) |
植物近況
絵画材料系の植物を植えまくっているのですが、その近況をレポートしたいと思います。ここに挙げているのは一部ですが、他のものも追って紹介したいと思います。

まずは、刈安(カリヤス)。
カリヤス
黄色の染料として知られるカリヤス。もう何年も前に植えたのですが、たぶんイネ科のただの雑草の類いだと思うのですが、毎年生えてきます。しかも、別に繁殖するわけでもなく、ただただ植えたところにこっそり生えています。これはなかなか聞き分けのよろしい雑草と言えるでしょう。

お茶の木
茶
何年か前に植えたお茶の木です。新芽が出ております。もうちょっとちゃんと手入れすれば、どばっと新芽が出てくると思うのですが、どばっと出てもらっても困るので適当に放置していますが、どうやるのかはまだ全く調べていませんが、これでお茶を入れて飲んでみようと思います。絵画材料とは関係ないっすね。

メタセコイア
メタセコイア
なんとなく木の雰囲気がかっこいいというだけで植えていたメタセコイアですが、実は琥珀になる樹脂を出すということを昨年知ったので注目しています。琥珀になる可能性のある樹脂を出す樹種はかなり限られているのですが、琥珀になるということはその途中物質になるコーパルになる樹脂でもあるということであり、さらに現在流通しているマニラコーパルは、アガチス属の現生の樹木から採取されているということで、現生樹脂でもいいなら、この木ももうちょっと大きくなれば、コーパル樹脂を出してくるかもしれません。

何という品種だったかはもはや忘れましたが、つるバラを植えていたものです。
薔薇
小さい苗だったものがここまで大きくなりましたが、つぼみっぽいものがけっこうたくさんみられますので、花がいっぱい咲くかもしれません。手間をかける暇がなく、これまではほんのちょっと、2~3くらい小さな花がつく程度でしたが。一応モチーフ用です。


ブドウ
ブドウ
古吉先生より頂いたブドウの苗です。よく見るとちゃんと新芽が出ています。こちらはワイン用の品種だったとかで、最近異常なほどワインを飲んでいる為、これを是非モチーフにしたいのですが、今年あたりは実が成ってくれることを期待しています。なお、絵画材料としては、枝、または実の絞り滓が、植物炭(ヴァインブラック)の素材となります。

亜麻
亜麻
亜麻の花が咲きました。プランターに植えているので、かつて地植えした時ほどではないのですが、花が付いてます。これはキャンバスの布、そして画用液のリンシードオイルを採る植物なので、油彩画家はひれ伏すべき植物です。

イングリッシュオーク
オーク
先日、写真を載せたばかりですが、ほとんど時間も経ってないのですが、葉っぱが立派になってきました。まだ手のような葉の形にはなっていないのですが、徐々に変化していくと思われます。本年、最も注目している素材です。

| 家庭園芸 | 10:55 PM | comments (0) | trackback (0) |
オークのドングリから芽が出て伸びてきている様子
ヨーロッパ北部を代表する樹種とも言えるオーク(ヨーロッパナラ)
ヨーロッパナラ
建築、造船の材料、ウィスキーやワインの熟成用の樽材、革鞣しのタンニン、そして絵画用支持体などに使われたこの木のドングリから芽が出たのを観察しているのですが・・・

こちらが4/18の写真。
ヨーロッパナラ
パカーっというか、出ました!って感じです。

そしてこれは現在。
ヨーロッパナラ
ちょっとエイリアンっぽいなと思わないでもないですが、こんなふうに伸びてくるのですね。これって、ドングリ植えるときは、あまり土の奥に入れない方がいいのかもしれません。いや、むしろ安易に拾い集めずに放っておいて芽が出たところを鉢に移すというのがいいのかも。

| 家庭園芸 | 12:55 AM | comments (4) | trackback (0) |

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: