ウェルドを乾燥させ、タネを取り出す。
ヨーロッパで古くから使われてきた黄色染料のウェルドという植物ですが、長年の間、育てようと思って試行錯誤しておりましたが、今年はようやく花らしきものもついて、そしてタネもできました。成長した様子の写真も撮ることができましたので、あとは染色を試みるだけです。無事黄色い染料が取れれば私としてはもはや思い残すころはないのですが。

庭の片隅に植えただけなので、そんなたくさんはないのでありますが、束にして吊して乾燥させました。
ウェルド

とりあえずタネを取ってみることにします。
ウェルド
先端の花が咲く部分に実のようなのがたくさん付いているのですが、そこに小さな黒いタネが入っております。軽く叩いただけでは出てこなかったので、手で揉んで殻を粉々にしたあとに、タネだ選分けたのですが、なかなか手間のかかる作業でした。少し斜めにした紙の上で微振動を与えていると、タネだけ転がってくるので、それを別容器に入れるという具合でした。実際のところ、無理に分別しなくても、殻と一緒に取っておいて、揉みほぐしながら土に蒔けばいいのかもしれません。

袋に詰めておきました。
ウェルド
10月くらいからは秋植えの時期になりますので、植えるのを忘れないようにせねばなりません。春に植えるより、秋に植えた方がうまくいくようなのですが、考えてみれば野生においても夏以降にタネが落ちて、秋に多少延びて冬を越して成長するというサイクルでしょうから、これが正しいのかもしれません。秋に植えると、葉っぱだけの状態の成長具合で冬を越し、そして春に葉っぱがぐんぐん大きくなります。基本的には2年草なので、その年も葉っぱだけの成長で終わることがあります。翌年の春からは、花の付く茎が伸びて、やがてタネを付けます。たぶん、それでこの植物の一生は終わりであるかと思います。刈り入れないで放っておくと、翌シーズンも生きるのかどうか、まだ試してないのでわかりません。早めの秋まきをしたものは、翌春に花が付いてしまうこともあるので、その場合1年の寿命となるかもしれませんが、でも様子を見ていると小さな花ができるだけで、翌シーズンが本格的に結実するようにも思えます。いずれにしても、もうちょっとだけ観察してみたいと思います。どのような条件だと染料が得やすいかという点も気になります。しかし何よりもまず、今回得た乾燥葉を煮出して、黄色が得られるかどうか、それを試さねばなりません。気がついたら夏休みもあと3日しか残されていません。

| 絵画材料 | 11:19 PM | comments (0) | trackback (0) |
ウェルドを刈って干す
西洋の代表的な黄色染料であるウェルドを植えていたのですが、気が付くと梅雨の長雨の為にだいぶ状態が悪くなってきているように見えたので、ハサミで切って束ねてガレージに吊るしておきました。

ウェルド

参考にしたのは英国染色家エセル・メレの『植物染色』です。
ウェルド

雨は続くし、コロナでマスクをしながらの仕事というのも堪えるもので、気が付いたら刈り入れのタイミングを逃してしまった感があるので、これは今回の反省点として、できれば梅雨入り前に借り入れる方がいいのでは、という教訓が得られたくらいの成果でした。まぁ、生きている限り、いろいろと世間のゴタゴタ等に心かき乱されることも多くて、実験やら研究を淡々と進めるというのは難しいものですな。そういうのができる人というのは、けっこうな割り切った精神の持ち主であるのでしょう。私もそうなりたいと最近切に願うところです。

ボウルの上に種を落としてみましたが、まさしく売られている種と同じような形状のものが取れました。
ウェルド

もっとも種がうまくできるタイミングというのもあるので、種を取らないで純粋に染料とするなら、梅雨入り前ですかね。一部と採種用に残しておくというような方法もありかと思います。これは種が出来るに従って栄養が種に取られてしまうというのを避ける意味でも、染料としては早めに刈る方がよいという可能性も考えられます。もっとも検証する時間もあまりないのですが。とりあえずは個人的には黄色の染色を試して、そして植物の写真も入手できれば、経験としては満足なわけですけれども。絵画制作でウェルド顔料が必要な時は専門家が作ったものを入手したいかと。まぁ、もうちょっとしたら布か糸か染めてみて、黄色くなったら大成功であり、嬉しい、というところです。楽しみです。

| 絵画材料 | 07:34 PM | comments (0) | trackback (0) |
画家鳥越一穂氏の作品届きました。
毎度の話で恐縮ですが、画家鳥越一穂氏の作品が届きました。

今回はキャンバス画であります。さっそく展示してみました。


個人的にはブルーベリーが魅力的でありました。


正面の切ったイチジクもさることながら、脇にある切ってないほうのイチジクの処理も仕方がなかなか熟れた技術を感じさせます。


現在、本牧絵画館で企画展、「鳥越一穂 銅板油彩画の制作」開催中(2/8から2/24)となっております。
詳細 → https://torilogy.net/13105

| 絵画材料 | 09:20 PM | comments (0) | trackback (0) |
画家鳥越一穂氏の作品をお預かりしております
届いてから少々時間が経ってしまいましたが、画家鳥越一穂氏の作品をお預かりしております。

トロンプルイユということで、設置場所は額に合わせ天然木の壁面に、そして(写真ではわかりにくりですが)影の方向も合わさるように設置してみました。トロンプルイユの場合は、設置場所も非常に重要であるかと思われます。しかし、影の方向は時間帯によっても変わるのでそこは難しいところですが、どちらかというと照明の少ない時間帯の方が栄えるような気がします。かつての西洋の館のような、窓の小さな、暗く涼しげな部屋でこそというのもあるかもしれませぬ。
それはともかく細部の卓越した描写をご覧ください。

何度見ても果実の艶めかしさがよろしいです。

支持体は銅板ですが、裏面には使用したメディウムまで表記されております。


詳細等は下記をご参照ください。
https://torilogy.net/

さて、当webサイト改装ですが、CMSでレイアウトを考えていたら、どんどん時間が過ぎてしまって、これはもうなんというか、CMSというのは経費削減どころか膨大な人件費を消耗しているのではないか、と思ったりします。気にしなければどうでもいいことですが。


| 絵画材料 | 12:38 AM | comments (0) | trackback (0) |
葛城氏、まはた古代葛城地域についての本を三冊ほど読む
平林章仁『謎の古代豪族 葛城氏』読了
門脇禎二『葛城と古代国家』読了
河上邦彦『大和葛城の大古墳群 馬見古墳群』読了

オオヤマト古墳群、佐紀盾列古墳群、古市百舌古墳群、明日香村の古墳などを既に見てきたので、次ぎに関西に行ったときは馬見古墳群を訪ねてみたい、と考えておるのですが、馬見古墳群、特に南の方は葛城氏の根拠地であったかと思われるので、葛城氏に関してちょっと読んでおこうかな、と思って読んでみました。
門脇禎二『葛城と古代国家』ですが、こちらはなかなか面白かったものの、河内王朝説への反論と蘇我氏渡来人説にかなりの紙数が割かれており、入門向きとは言い難いところがなきにしもあらず。最後の章が古墳紀行になっており、馬見古墳群を訪れることになったら再読したところです。門脇禎二『葛城と古代国家』は内容は似ていますが、はじめに読むにはこちらの方がいいかと思います。河上邦彦『大和葛城の大古墳群 馬見古墳群』は淡々と各古墳の内容を紹介しており、類推による被葬者の推定とかもとくにないので、読み物としては面白いかどうはわかりませんが、たいへん誠実な感じで、古墳見学にゆくときは携帯したいところです。

さて、簡単に葛城氏についてまとめてみたいと思います。奈良盆地の東側にはオオヤマト古墳群という王墓と目される古墳が多数並び、その反対側、奈良盆地西側の丘陵地帯に馬見古墳群があります。古墳時代、奈良盆地の東がヤマト王族の領域、西が葛城氏であったかと思われます。葛城氏の最盛期は巨大古墳時代(古墳時代中期)にして倭の五王の時代の大豪族であり、後の飛鳥時代の蘇我氏のようにヤマト王権大王家に継続的にキサキを入れるなど婚姻関係を結び、特に大王の後継者は葛城氏の后の子でならなければならぬような時期が続きました。しかしながら蜜月の関係というものではなく、緊張感のあるものであったと推察されます。記紀編纂の時期には既に滅亡してから長く、文献上では神話的な物語の中から、その活動やヤマト王権との関わりを類推するわけだけれども、朝鮮半島との外交や鉄器等の輸入を担当していたようである。安閑帝、雄略帝の頃にヤマト王権の権力集中化を諮るためか、葛城氏は滅亡に追いやられるが、同時にヤマトの王族にも混乱が生じ、武烈帝の後に断絶し、古く遡って応神天皇五世孫の継体帝が近江から連れてこられることにもなるわけです。更に百済の一時滅亡や朝鮮半島での根拠地喪失などの後退も葛城氏滅亡の影響かもしれません。

| 絵画材料 | 11:00 AM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: