自宅のキハダから染料を取ってみる その1
2014年の3月、今から5年半ほど前ですが、自宅にキハダの苗を植えたのだけれども、だいぶ大きくなってきました。
キハダ
購入当時の記事は↓を参照ください。
http://www.cad-red.com/blog/jpn/index.php?e=1179

そのキハダですが、樹皮を少々削ってみたら、黄色いものが見えたので、これはもう染料が採れるのではないか、ちょっと試してみようとやってみました。画材店で染料用のキハダチップを買って使ったことはあるけれど、生きてる木から取るのは初めてです。ちょっと調べてからやろうかなと思ったが、予備知識は無しでいってみることにしました。攻略本読みながらゲームやるとつまんないのと同じで、あまり調べすぎると感動がいまいちであるし、全く失敗しないと得る知識も少なかったりするものなので、じっくり調べているとついつい先延ばしになって何もしないで終わるパターンになりがちなもので。

というわけで、家にあった包丁で木の表皮を削ってみました。
キハダ
写真をご覧の通り、表面の茶色い表皮を削ると緑の層が出てきて、その下の黄色の樹皮の層があるようです。

キハダ
緑の層は、染色の時に余計な色素として邪魔になりそうなので、包丁で削り落としてみました。今は緑ですが、乾燥すると茶色になると思います。これは後で削り取った方がいいのか、それともこの状態で取った方がいいのか、あるいは放置したままで染色にほとんど影響ないのかわかりませんが、まぁ、あとで考えましょう。

キハダ
そして、包丁で黄色い部分を剥き取っていこう、と思ったのですが、黄色の層はそれほど厚くもなく、すぐ白い中身が現れてきました。まぁ、キハダという名前の意味が黄色い肌ということなんでしょうね。

キハダ
切込みを入れれば手でも剥がせるみたいです。生の木から取ると、なんかパパイヤを切っているみたいです。美味しそうですが、ちょっとないくらい非常に苦いです。昔は胃薬として嚼んでたとも聞きますが、ちょっと嚼んだだけで気持ち悪くなりました。

黄色層を剥かれてしまった状態です。
キハダ
ちょっと気の毒ですね。昔は皆、山に行ってこうやって樹皮を取ってきたらしいですが。

外側から、茶色い表皮、緑の層、黄色層、本体?となっています。
キハダ

というわけで、集めてみたキハダ染料、次回はこれで染色を試みてみたいと思います。
キハダ

| 絵画材料 | 12:40 AM | comments (0) | trackback (0) |
黒色顔料のお話#1「炭」と「墨」
黒色顔料のお話#1「炭」と「墨」


久々の動画公開、黒についていろいろ知っているつもりになっていたけれども、いざ説明しようとしたら、分らないことだらけでした。が、知っていることはいろいろしゃべっているので、知らないことについては順次調べつつ、続編を収録してゆけたらと思います。本動画においては、黒顔料の素材であるところの炭と墨の作り方について話しておりますが、本ブログで過去に紹介した写真を流用して説明しているので、以前からの読者の方々におけましては既視感があるかもしれません。詳細も過去記事を閲覧ください。

さて、不明な点と言えば、カーボンブラックと呼ばれる黒顔料、ほとんどの黒顔料は炭素なので、広い意味ではカーボンですが、狭義のカーボンブラック、効率良く人工的に作られる炭素と思いますが、油絵具セットに含まれるような黒、あるいはセットでなくて、一般的な黒絵具はこれになりつつあるように思いますが、ちょっと黒が強すぎて使いづらいんじゃないかという気がしていまして、やはり骨炭とか植物炭が原料のものの方がおだやかて使いやすいというふうに思っているのですが、如何でしょうか。これは強い黒をもっと体質顔料盛って薄めれば使いやすくなるのだろうか、いや素材の違いでなんかあるんだろうか。ひとつ言えるのは、初心者が買う油絵具セットの黒は使い難く、これでは黒を使うな言われても仕方ないという面もあるやもしれません。それか、個人的には炭素以外の黒に関してあまり詳しくない。一応、次回において、グラファイトとか鉛尖筆とか、いろいろ出てはくるのですが、そこら辺の知識を増強できればなと思っております。

| 絵画材料 | 10:06 PM | comments (0) | trackback (0) |
鉛白(シルバーホワイト)動画シリーズ第2弾


イースト菌製法による鉛白の紹介です。馬糞を使用した鉛白製法と同様な効果を得られるということで、同様の品を以前にも何種か手に入れてはいますが、今回は品質も良く、そして現実的な価格で入手できそうな予感がして、今までの、とりあえず手に入れてみました的な動画とは違うといえるでしょう。なんと言ってもみどころは、鉛白製造中の写真です。自製しようと考えている人には参考になることこの上ない写真かと思います。
後半は件の鉛白を練ったものをいじって感想を述べております。動画中で脱泡処理というのが出てきますが、チューブ絵具を在庫する為には必要な処理であって、これがないとチューブの中で乾性油が酸化、いずれは固化して、固くなってしまう為、消費期限は半年くらいになってしまうかと思います。たぶん、鳥越さんの求めている手練り風のチューブ絵具は可能ではありますが、何年経っても使えるような現在のチューブ絵具と違って、早めに使ってしまわねばならぬことでしょう。

| 絵画材料 | 10:17 PM | comments (3) | trackback (0) |
鉛白顔料動画#1


油彩画の白について語る動画を公開してきましたが、ついに鉛白顔料(シルバーホワイト)についての話を始めました。プリニウス、ウィトルウィウスなどをベースにしつつ、古代から中世にかけての製法などについて語っております。鉛と酢をつかう製法ですが、思わず「酢」の製法まで語ってしまいそうになりましたが、そこは自重しております。プリニウスの博物誌は、全体的には奇っ怪な動物の話とか古代という時代を考慮しても眉唾な記述が多いのですが、しかし鉱物と顔料製法に関してはかなり具体的で再現率が高いのです。が、それはともかくとて、ウィトルウィスの方がさらに簡明に書かれており、今回はこちらを引用しましたが、なぜかカロリングルネサンスの話まで出てきました。なお、続編では、スタック法鉛白について語りたいところですが、実際に続くかどうか、ちょっとわかりません。

| 絵画材料 | 01:27 AM | comments (0) | trackback (0) |
ウェルドが発芽しました。
9月末あたりにウェルドの種を秋植えしてみたのですが、無事に発芽したので、これを越冬させて育てたいと思っています。
ウェルド

今まで何度種を撒いても発芽しなかったのですが、8時間水に浸けてから撒いたからか、あるいは春ではなくて秋に撒いたのが良かったのか、どちらかはわかりませんが、ようやく発芽してくれました。
お寄せ頂いた情報によりますと、秋撒きしたものを暖かいところで越冬させると良く育つそうです。しかし、経験上、厳しい冬を雪の下で過ごした芽も翌シーズンによく育つということもあるので、野ざらしにして越冬させるものと、室内で越冬させる組みに分けておくことにしました。

↓こちらが、室内用の鉢です。
ウェルド

とりあえずは、目標はウェルドの写真を撮影することと、種を収穫することです。

| 絵画材料 | 11:57 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: