東京復活大聖堂(ニコライ堂)
イコン画について、いままで書物などいろいろ読んできましたが、実際に宗教儀礼内でどのように使用されるのか見てみたいと思いまして、東京にある正教会の大聖堂、通称ニコライ堂を訪ねみました。
ニコライ堂

思い立ってすぐに出発しましたが、正教会の教会に足を踏み入れるのは初めてであり、1人で入るのは少し勇気が要りそうだったので、直前に誰か一緒に来てくれないものかと誘ってみたものの、直前過ぎて結局どなたも都合付かず。しかし結果的には1人で行ってむしろよかったです。その日行なわれていたのは「グレゴリイ・パラマの主日聖体礼儀」という聖体礼儀で、3時間ほど続き、3時間ひたすら聖体礼儀の様子を見守っていたため、他の人がいたら退屈してないかと気を使ってしまったところです。
なお、聖堂に入ったところで、見学ですと告げれば、見学の案内と注意事項などを親切に説明してくださいましたので、そんなに恐がることでもなかったんですが。。
通常13:00~17:00(冬季は15:00)の間、聖堂を見学できることになっていますが、後述するイコノスタスの機能を見る意味でも、礼拝に参加して目の当たりにした方がよいかと思います。

見学について注意事項等は下記を参照ください。
■聖堂拝観・伝道会のご案内
http://www.geocities.jp/ynicojp2/seido-haikan.html

カトリックの教会にもイコン画はあり、日本の美術家にとってはイタリア系の黄金背景のテンペラ画を思いだされるかもしれませんが、イコンといえば、まずは正教会(英語でオーソドックス)のイコンを差し置くわけにはいかないでしょう。ギレム・ラモスポーキ(著)『イコンの描き方 ビザンティン式伝統画法』という図書が概要や技法に関して最も参考になるかと思われます。私自身もチェンニーニの書などで、イタリアのテンペラ画のことばかり意識していましたが、イギリスに滞在したときに原書を発見し、ギリシア正教会のイコン画に注目するようになりました。イコン画をはじめ、中世の宗教絵画について、現代の肖像画と同じ感覚で語られている例が見かけられますが、機能も価値観も全く別物である点を体験するのだ大事かと思います。ちょっとした感想であっても、現代の価値観でさらりと述べるわけにはいかないわけです。美術史としても、中世絵画の終わり頃にチマブーエ、ジョット、マサッチョなどと進化して現代に到達するという価値観もあるでしょうが、正教会のイコン画の様式をみれば、そういう価値観もあるな、という具合で、それが絶対というわけではないではない、と言いたいところです。でも、画集など見ているだけでは、ヨーロッパの絵画と比較して取り残された感想を持ってしまうものです。実際に聖体礼儀役割を果たしているところを見ると、印象派だいぶ変わるのではないでしょうか。

とくに注目すべきは、イコノスタスと呼ばれる「至聖所」と「聖所」と呼ばれる木製の祭壇のような壁です。大きなイコン画が連なっていて、3つのドアがついているのですが、この3つ扉がどのように機能するのか実際に見られたということは、たいへん勉強になりました。
正教の聖堂の構造は以下を参照ください。
http://www.orthodoxjapan.jp/tebiki/katachi02.html
聖所に入れるのは信者だけすので、啓蒙所というところで見学します。
聖所と啓蒙所を隔てる四本の柱にイコン画がかかっており、イコン画の前に燭台があります。イコンのすぐ前でたくさんの蝋燭が立てられているため、金箔を貼ったイコンが蝋燭の火の揺らめきでキラキラ光る効果があったわけですが、綺麗なイコン画はガラス付きの額縁に入れられており、炎の光はむしろガラスに反射していました。聖所にあるイコン画では、ガラス付き額縁ではなくて、昔風のイコンの前に蝋燭が点っていましたが、古いと思われるイコンは黒ずんでいました。もともと黒いのか、積年の汚れによるものか、蝋燭の火がとても近いために煤で黒くなるのか。そんなに近いのかというくらい絵のすぐ手前で蝋燭が灯されるので煤が付かないわけはないでしょう。黒くなると、砂で洗ったりすることがあって、地の色が見えてきたり、または丸っきり上書きされて書き直されてしまったりということもあるそうです。

という具合で書いてきましたが、私も正教会やイコン画に詳しいわけではないので、せっかく実際の機能を見ることができましたので、改めて何か読みつつ勉強してみたいと思います。

| 史跡・古墳・名所等 | 10:14 PM | comments (0) | trackback (0) |
屋根・外壁の塗り替え
自宅屋根の塗り替えを行ないました。
※私が自分で塗ったわけでじゃないですよ。

施工前の状態。
屋根・外壁の塗り替え
サビ取り、サンディングなどを行なう。

錆止め、プライマーなどを塗る。
屋根・外壁の塗り替え

本塗り。
屋根・外壁の塗り替え

完了。
屋根・外壁の塗り替え

一部の外壁も塗る。

塗装前。
屋根・外壁の塗り替え

このような仕上がり。
屋根・外壁の塗り替え

ここも・・・
屋根・外壁の塗り替え

このように。
屋根・外壁の塗り替え

というわけで、屋根外壁の塗装は下記でお見積り致します。
http://www.ma-kogyo.com/tosou.html

| 史跡・古墳・名所等 | 12:24 PM | comments (0) | trackback (0) |
等々力渓谷と多摩川台古墳群で桜を観る。
たまたま桜の咲く時期に東京に出てきたので、等々力渓谷と多摩川台古墳群で桜を観賞しようかと思い立つ(世間一般では等々力不動尊と多摩川台公園っていうのかもしれんけど)。

等々力駅到着。
等々力渓谷

駅のすぐ近くに渓谷の入口が。
等々力渓谷

普通の街の中に、こんな渓谷があるというのが、何度観ても不思議な感じで良い。
等々力渓谷

等々力渓谷

ついでなので、前回、訪れたとき見逃してしまった野毛大塚古墳を訪れた。
野毛大塚古墳

埴輪などが並べられていて、なかなか悪くない雰囲気だが、円分頂上はカラーアスファルトだったりする。
野毛大塚古墳

等々力不動尊にてようやく桜を観る。
等々力不動尊

そのまま歩いて多摩川台古墳群を目指す。
多摩川台古墳群

途中にたくさんの古墳があって面白い。地図は『武蔵野の遺跡を歩く 都心編』に掲載のものを参考にした。その他にも、あちこちでこの周辺の古墳やら遺跡が載った地図があるのだけど、大部分は住宅の下となっているので、いくら探しても見付からないから、あまり気にせずに通過した方が良い。

けっこう距離があって大変であるが、ようやく宝来山古墳にたどり着く。
多摩川台古墳群

1~8号まである古墳群のひとつ。
多摩川台古墳群

多摩川が見えますな。
多摩川台古墳群

それにしても、すごい人である。
多摩川台古墳群

メインである亀甲山古墳の写真もこんな感じになってしまった。
多摩川台古墳群

| 史跡・古墳・名所等 | 11:14 PM | comments (0) | trackback (0) |
八坂神社(大和町吉田)
七ツ森北側麓の道路を車で走っていると、八坂神社なる案内を目にしたので参拝。
八坂神社(大和町吉田)

大和町落合にも八坂神社がありますが、こちらは大和町吉田字天王下裏(付近)。
地図では↓の神社マークの場所である。
http://map.yahoo.co.jp/pl?lat=38.43826583&lon=140.85494722&ac=04421&az=409.1&v=2&sc=3
来歴等の案内看板は見あたらず、Webで検索しても情報は得られず。

八坂神社(大和町吉田)

八坂神社(大和町吉田)

階段は苔生しており、雨上がり後だったこともあって、危うく転びそうになる。
八坂神社(大和町吉田)

八坂神社(大和町吉田)

拝殿は最近建て替えられたのか、意外と真新しく。
八坂神社(大和町吉田)

八坂神社(大和町吉田)

同じ通りには清浄山禅興寺。
清浄山禅興寺

清浄山禅興寺

清浄山禅興寺

| 史跡・古墳・名所等 | 10:23 PM | comments (0) | trackback (0) |
石神山精神社(宮城県大和町吉田)
石神山精神社(宮城県黒川郡大和町吉田字麓71)に行ってみた。

鳥居
石神山精神社

参道
石神山精神社

しばらく参道を登ると拝殿に。
石神山精神社

案内板があったので進んでみる。
麓城趾

危なげな小道を登る。
麓城趾

こんなところに出ました。
麓城趾

黒川氏の城跡であった。けっこうあちこちにあるものですな。
麓城趾

大和町吉田を見おろす眺め。
<img src=">

麓城趾

降りは、麓公民館へと続くらしい山道を通ってみる。
麓城趾

七ツ森の秘境。
麓城趾

公民館に出た。
麓城趾

ちょっと離れたところから撮影。
七ツ森

さらに離れたところから撮影。
七ツ森

| 史跡・古墳・名所等 | 10:48 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: