鳥越一穂氏より作品届く
画家鳥越一穂氏より作品が届きました。
鳥越一穂
さっそく拙宅の漆喰壁に飾りましたが、とても立派な作品です。昼見ても、夜見ても、照明を落として見ても、いい雰囲気です。

鳥越一穂
果実の色がとても美しい。そして葉っぱの描き方、というか処理の仕方がなんとも気持ちのいい感じがします。
至近距離で見ると後方のガラス容器や背景はかなり少ない手数で描かれているのがわかりますが、世間で話題になっている写実派と言われる画家の作品によく見るような写真のような細かさを指向するタイプとは異なると言えるでしょう。

鳥越一穂氏について詳細は下記を参照ください。
http://torigoeart.wixsite.com/medici

| その他 | 11:10 PM | comments (0) | trackback (0) |
『求道の画家 岸田劉生と椿貞雄』展(宮城県美術館)
『求道の画家 岸田劉生と椿貞雄』展(宮城県美術館)行ってきました。

岸田劉生
油彩画だけでもかなりの点数で、麗子像も著名なものが並んでおり、オーラ放ちまくりでありました。

岸田劉生
劉生作「古屋君の肖像」は人間の皮膚の生々しさどころか皮脂の滑りと臭いまでも感じさせる存在感。これは国立近代美術館で毎度見ておりますが、宮城県民はこの機会にご覧になっておくべきでありましょう。

劉生の自画像は多いけれども、「椿君に贈る自画像」は、黒い帽子の自画像と並んで良い出来だなと思います。
劉生
自画像を贈るという行為自体が生々しいと言えなくもないところですが。

岸田劉生は個人的に日本の洋画家の中では最も尊敬している人物なのですが、特に静物画には特別な関心があります。
岸田劉生
劉生の語る存在神秘が形而上学的なものかどうか、それはともかくとして、「物が在る」という存在の驚異を感じさせる静物画というのはそうあるものではありません。存在の驚異と静けさが同居している美しい絵ですが、存在について考えると非常に恐ろしいとも言える絵です。

今日日のグラフィカルな絵画と違って本物を目にしなければ伝わらない絵画であり、これこそ美術館に足を運ぶべき展覧会と言えるでしょう。椿貞雄についても言及したい作品が多々あったのですが、画像がなかなか見つからず。しかし、椿の生き方というか、劉生への傾倒もよくわかる感じで、とても良い構成の企画であると思いました。これは会期中に改めてまた行きたいところです。

※ちなみに非常勤講師をやってる高校の美術部員と行ったのですが、高校生は興味持たないかもしれないと心配してたのですが、すっごい見てたのでほっとしました。

| その他 | 09:10 PM | comments (0) | trackback (0) |
蜂蜜酒(ミード)買ってみました。
蜂蜜酒(ミード)買ってみました。
ミード
蜂蜜には酵母菌が含まれているので、蒲萄酒と同じく簡単にアルコール発酵する為、人類にとって最古級のお酒だったかと思いますが、個人的には古代~中世初期のゲルマン人が飲んでそうだなというイメージがあります。しかしまだ飲んだことがなったので、気になっていたわけですが。近所のお店では扱ってなかったので、ちょっと高かったけどamazonで購入。見た目は白ワインです。味も一瞬白ワインかと思いました。ちょっと蜂蜜の風味を付けた白ワインかと。しかし「100%蜂蜜」と表記されているので、ミードであるかと思います。そしてしばし飲んでみましたが、酸味はワインよりずっと少なく、蜂蜜が原料でもアルコール発酵に糖分を使っているのか甘さはそれほどでもないです。ワインよりアルコール度数が低いのですが、けっこう酔いそうな感じです。ただ、これはすごくしっかり作られたミードのようなので、ワインと同じく古代に飲まれたいたものではもっと中途半端なものなのだろうなと予想しております。

| その他 | 11:58 PM | comments (0) | trackback (0) |
休日を利用して部屋を大掃除。
この週末、せっせと部屋を掃除していました。

まずはカーテンを洗濯。
カーテン
南側掃き出し窓に付けている遮光一級カーテンです(ちなみに北窓は磨りガラスでカーテンなし)。

カーテン
西窓の一見豪勢風な(でも実際は安い)カーテンも洗濯する。

その他、いろんなものを洗って、一日中洗濯機を稼働させていました。

それから絵具と画用液とキャンバスと書物の整理整頓が大変なのですが、とりあえず本棚の方は、やはり不足気味なので、1年前に壁の空きスペースを見つけて作っていた本棚を、二段構成に増築してみました。
本棚
写真上が昨年作った状態、そして下が増築後。

| その他 | 10:27 PM | comments (0) | trackback (0) |
白いワインは滅多に飲みません。
基本的に赤です。毒々しい赤い色とタンニンの渋味、ブドウの皮のような苦さがあってこそのワインだと思うので、白ワインの存在が自分には意味がないのですが、しかし、暑いので氷でも入れて飲もうかと思うと、薄まった赤ワインはあんまり美味しくないので、そういうときに限っては白かもしれない、という気もしますが、そこまでして飲まなければならないのかと言えばどうなんでしょう。
白ワイン
講師の仕事が夏季休暇に入ったので夏休み的なものに入っているのですが、7月は我が社の決算月なので、できるだけ仕事は終わらせ、経理的なものも切りがいいようにまとめたりなどし、まぁ、なんとかまとまったような気がするのですが、いやどうだろう、漏れがあるかもしれないという感じでいろいろ整理していたら、半年前に役所に出さねばならなかった書類が出てきました。なんか忘れてるような気がしてたんですが。でも、常日頃から何か忘れてるような強迫観念に迫られて生きているような気がしないでもないのですが、とにかく出せねばならぬものが膨大にありすぎて、書類の為に生きているような気分ですが、それでも5年前の数分の1、いや下手すると1/10ぐらいにまで、努力して減らしてきました。それから月額料金を無駄に払っているようなサービスがいっぱいあって、それを整理しなければ。DVDのレンタルサービスの月額料金払ってるのに最近借りてないとか。AmazonのUnlimitedとかいうのも、ほとんど意味なし状態なので、外そうか検討中とか。さらに物理的にも、せっせと掃除していたのですが、パソコンがまた何台も発掘されてきて、いずれもXP機なので、回収業者に送りたいと思いますが、どんだけ処分しても、再び発掘されてくるという。ただまぁ、それらのことは別に淡々とやっていけばいいだけですが、それにしても、昼間に家に居るとテレビが気持ち悪い放送ばかりやってて、それがちょっと。仕事や人間関係などでストレスになることは生きていれば避けられないものですが、半年くらい前からテレビというのがストレスで、なんでこんなに嫌なんだろうというくらいの嫌悪感を感じているのですが、見なければいいんですけれども、DVDを見ようかなとか思ってテレビの電源入れたときに、地上波の番組が数秒映るだけで、げぇ、ってなるほどで。

| その他 | 11:55 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: