木村光雄(著)『自然の色と染め』を読む。
木村光雄(著)『自然の色と染め 天然染料による新しい染色の手引き』木魂社,1997

理系的な説明による天然染色の解説書。
世に数多ある自然染料(または草木染め)の実践書と比べると、化学的な説明を省くことなく、それでいて単に理屈に終わらず終始、実践を重視している点で、なかなか希少な存在。というか、今まで読んだ染色関連の本の中で一番よかった気がする。

しかしながら、本書は最低限の化学的知識がないと読めないっすね。高校時代、物理、生物、地学はけっこう好きだったけど、何故だか化学だけは苦手で、ずっと化学コンプレックスを感じつつ過ごしてきたのが、今回改めて非常にひしひしとそれを実感して自らの素養の無さに絶望した。とは言え、「一般の読者を想定」しているわりには、やっぱり読みにくいような気もするが。いずれにしても、本書のテーマとなっている天然染色の可能性を探るような目標があるわけでもなく、多少色材に関する見聞を広げておきたいという程度の気分なので、書かれているものを全て理解しなければならないということはないから、そんな気にすることもないんだけれど。

もう一冊、続編と言える『自然を染める 植物染色の基礎と応用』,2007も読了。こちらも難しい化学用語が出てくるが、文章が多少柔らなくなっている印象を受ける。特に第2章「染料の立場から見た染色の基礎」は「染色」というものがどういう現象ということを実にわかりやすく説明しており、大変秀逸なテキストと言える。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ::美術 | 10:24 PM | comments (0) | trackback (0) |
渡部昇一(著)『講談 英語の歴史』を読む。
先日、DVDで映画『ベオウルフ』(2005年、カナダ他)を観て、ついつい中世写本の図録などを見ているうちに、古英語について知りたくなり、それらしい本をいくつか注文。さっそく届いた数冊を前にして、また無駄なことしてしまったような気がして、微妙な鬱加減になる。古英語なんて、自分の人生にはどう考えも何の縁もないのだが。

しかし、その中でも一般素人向けに書かれた渡部昇一(著)『講談 英語の歴史』PHP新書は気軽に読めそうだったので、ま、一冊くらいと目を通す。英国とその周辺の歴史を、言語の歴史という視点から読んでいるようで、これまで気付かなかった多くの物事に出くわして、読み進めるのが楽しい。というか、実は読み始めたら止まらないといった感じだった。さすがにヒット作を連発する著者の文章は違うと関心。



| 書籍・雑誌・漫画・アニメ::美術 | 07:01 PM | comments (0) | trackback (0) |
ヒリヤード『細密画技法論』
新幹線で移動中にヒリヤード(著)『細密画技法論』を拾い読み。ヒリアードと言えば英国最初の巨匠として有名だが、しかし、知っている人は意外と少ない。週刊グレート・アーティスト(同朋舎出版)の58号がヒリアードであったが、今考えてみると、全100号のこのシリーズにヒリアードが含まれていたというのは、スタッフの良心と言えるかもしれない。100人から漏れたユトリロなんかを出してた方がよっぽど売れそうだし。で、58号のヒリアードが出たのは1991年の3月で、大学に進学する直前の時期であるが、この号がなかったら、ヒリアードなんて全く知らずに過ごしていたかもしれない。そのおよそ10年後、ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館を訪れたときは真っ先にヒリアードを探しまわったが、一回目に行ったときは結局たどり着けなかった。作品が非常に小さく、水彩画であるために暗い部屋に飾ってあるので(観るときに一時的にライトをつける)、同博物館に行っても観ないで帰ってくる人が多い。というか、非常に奥の方の、ただでさえほとんど人の来ないような場所にある。邪魔されずに見れるので大変良いのだが。そういえば、ウィリアム・ブレイクについて知ったのも、週刊グレート・アーティストだった。でも、ブレイクの方は、日本語の出版物もけっこうあるので、ヒリアード号ほど貴重ではないけど。



| 書籍・雑誌・漫画・アニメ::美術 | 04:18 PM | comments (0) | trackback (0) |
Anne Wall Tomas,COLORS FROM THE EARTH を読む。
Anne Wall Tomas,COLORS FROM THE EARTH - The Artist's Guide to Collecting,Preparing,and Using Them,VNR,New York,1980

読もうと思いつつ、なかなか時間が取れなかったが、ここ数日することが無かったので一気に読む。
おお、やっぱ、なんか日本の顔料に関する本とはだいぶ違う。日本の場合は、水簸への力の要れ具合がすごいが、こっちはほとんどどうでもいい感じである。個人的には採取と精製にもっとページを割いて欲しかった気がするのだが、そんなふうに思うこと自体が、ちょっと間違いかもしれない。


| 書籍・雑誌・漫画・アニメ::美術 | 11:26 PM | comments (0) | trackback (0) |
海野弘(著)『ハプスブルク美の帝国 バロックから世紀末へ』
海野弘(著)『ハプスブルク美の帝国 バロックから世紀末へ』集英社 (1998/04)

ハプスブルク家と芸術に関する本を最近になって立て続けに読んでいるのだが、ダントツで面白いのは、やはりローパーの『ハプスブルク家と芸術家たち』だったか。あれは、様式のことに関してほとんど書かれておらず、歴史書みたいなものだった。逆に、美術の様式などついて書かれた本は、読書意欲を持続させるのが極めて困難。



| 書籍・雑誌・漫画・アニメ::美術 | 10:54 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: