人間の知恵シリーズ
さ・え・ら書房「人間の知恵」という児童向け図書のシリーズを読んでいたのだけれども、これがなかなか勉強になる。時に目から鱗というか、物事に対してまだまだ基本的な知識すら身に付いていなかったのだなと認識させられる。単なる説明のみでなく、歴史上どのような方法が行なわれてきたかという点に多くのページが割かれているのだけれど、結果を説明されるよりも、発展や発明の過程を順に追っていく方が理解しやすい。歴史書みたいな感じになっている点で、読み物としても面白くなっている気がする。

目を通したものをざっと挙げてみると、まず、『紙のはなし』は、紙とはいったい何か、どのように作るのか、どのように作ってきたのか等、紙について書かれたもので、私が読んだ中では一番すっきりまとまっている。『あかりのはなし』、一見画材と無関係のようにも見えるが、ちょっとは関係ある。震災のときに長いこと停電になって気が付いたけれども、蛍光灯などの現代の照明がないと夜はほとんどの作業ができず、朝になるのをじっと待つような感じであって、蛍光灯にいろいろと不満のある制作者は多いと思うけど、なんだかんだで基本的には現代の照明は素晴らし過ぎるものでありますな。『せんたくのはなし』、せんたくの話は言い換えれば、アルカリの話であり、どのようなものからアルカリを得たのかという話でもある。『ガラスのはなし』などに目を通してみたが、限られた字数に非常にスマートに概要がまとめられており、『ガラスの技術史』(黒川高明)のような本を読む時間がなければ、こちらの本でもいいかもしれない。

そして、『鉄のはなし』に感化され、鉄鉱石から鉄を作るまでをやってみたいと思ったりして、特に深い考えがあったわけだけはないけれども、手元にある赤鉄鉱(左)と黄鉄鉱(右)を灯油式窯にて800℃で焼いてみた。
赤鉄鉱(左)と黄鉄鉱(右)
  ↓  ↓
赤鉄鉱(左)と黄鉄鉱(右)
黄鉄鉱は亜硫酸ガス(二酸化硫黄)を放出して、赤鉄鉱的なもの、赤い酸化鉄、弁柄などと呼ばれるものに変化した模様。黄鉄鉱は鉄の素材としてはあまり価値はないようである。訳も分からずいきなり熱してみただけだけれども、後日いろいろ下調べした上で実行し、最終的にまとめてみたいと思う。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ::理系・工学 | 09:24 AM | comments (0) | trackback (0) |
『現代農業増刊 炭をやく 炭を使う ~DVDでもっとわかる~』
『現代農業増刊 炭をやく 炭を使う ~DVDでもっとわかる~』別冊現代農業2011年12月号

付属のDVDが、とてもわかりやすく炭の作り方を紹介しています。
以前、植物炭、骨炭等の黒顔料づくりをしたことがあったけれど、結局のところは炭づくりなんだけれども、最初、ネットや小難しい本を読んだりして、炭ができる仕組みをなんとか納得したものだが、このDVDは動画で説明していて、わかりやすかった。現代農業なので多少宣伝的な要素も含まれているけど、それもまぁ、いいんじゃないですかね。ちなみに農業界では現代農業の影響はけっこうすごいみたいです。

それにしても炭を作る方法は、工夫次第で無限にあるような気がする。
ベア先生が火おこし用の炭を作るシーンがあった。

動画の始めあたりで炭を作っており、最後の方で実際に使用する。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ::理系・工学 | 09:32 PM | comments (0) | trackback (0) |
農文協の『油作物とことん活用読本』は集大成っぽい
農山漁村文化協会『ヒマワリ、ナタネ、エゴマ・・・油作物とことん活用読本 栽培・搾油から燃料まで』別冊現代農業 2011年 07月号

農文協の本では、『油の絵本』という植物の油脂を扱った本があって、一応子供向けの絵本であるけども(と言っても子供が読むとは思えないが)、実践という意味では全く申し分ない素晴らしい本であると思うのだけど、もうちょっと詳しいデータ的な部分も読みたいという方は、この現代農業別冊本がよろしいかと思われる。これまで、農文協から出ている、個々の作物の本に少なからず目を通してきたけれど、そのような本の油脂に関する部分だを集約したしたといった感じである。
などといいつつ、まだ全部読み終えてはいないのだけど、拾い読みしただけでも、なかなか興味深い内容である。手製の搾油器による搾油方法などは、個別の作物の本でよく読んだ内容とだいたい同じですかね。基本的には食用油がメインで、塗物という観点ではないけれども、例えばヒマワリ油では、リノール酸、オレイン酸の含有率を変化させる技術などの記事が載ってて、これも増やしたいのはオレイン酸の方かもしれないけれど、画材的な視点からも、面白いかと思う。画材店で買ってくるというだけなら、食べ物と画材は全く異なるものだけれども、原料から意識するとほとんど紙一重というか、半分ぐらいは重複しているんじゃないだろうかと思えなくもない。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ::理系・工学 | 12:16 AM | comments (2) | trackback (0) |
農文協の本が面白過ぎる件
エゴマについて調べていたときに、『エゴマ 栽培から搾油、食べ方、販売まで 』をはじめ、農文協(農山漁村文化協会)の本を何冊か読んだのだけど、意外といい本が多いような気がして、いろいろ目を通していたら、特に農文協の絵本シリーズが、かなり気合いが入っている。※ちなみに農文協の「現代農業」には会社で以前何度か広告を出したことがありまして、しかし、放射性物質関連で農業はものすごく頭痛いですなぁと。絵本シリーズの中でも、「つくってあそぼう」と「そだててあそぼう」の2種がたいへん為になる。
農文協の絵本
とりあえず、既読のものについて以下にコメントなど。
■つくってあそぼう http://www.ruralnet.or.jp/ehon/tukutte/
『酢の絵本』は、食物から酢を作る方法についての本なのだけど、例えばワインビネガーなら、ブドウ→ワイン→ビネガーという流れになるので、当然常にアルコールの類の作り方が含まれることになる。米酢では、どぶろくの作り方が載っていた。酒税法的に微妙なところだけど、堂々と書いているところが素晴らしい。
『チーズの絵本』、以前チーズを使った実験など何度かエントリーしたけど、改めて考えるとチーズが何なのかについて意外と知らなかったかもしれない。
『油の絵本』は、油絵を使う者なら是非とも読んでおきたい内容であるのは当然過ぎる。特に手作業での搾油に関して詳しく書かれており、簡易搾油機の作り方も載っている。
『藍染の絵本』、これも非常に良いものである。でも、まずは、そだててあそぼうシリーズの『アイ』の方が根源に迫っており、そちらから目を通すべき。
『草木染の絵本』、染色をはじめた頃、いろいろなガイドブックを読んだものだけど、できれば最初にこの本に出会いたかった。
『パンの絵本』、これを読んでライ麦を買った件はこの前書いたとおりである。
http://www.cad-red.com/blog/jpn/index.php?e=895
『火と炭の絵本 炭焼編』、これは木炭やボーンブラック作りの際に読んでいればよかった。
『和紙の絵本』は購入済み。未読。実は紙を自作しようと思って、道具類やら繊維やらを集めていたのだが、

■そだててあそぼう http://www.ruralnet.or.jp/ehon/ia/
『ベニバナの絵本』、ようするにサフラワーですな。油絵具で使われるサフラワーオイルのサフラワー。現在はオイル目的で栽培されてるのがほとんどだけど、主に染色の仕方について詳しく書かれてある。紅花というくらいだから、紅い染料を真っ先にイメージするが、取り易いの黄色い染料で、紅い染料を取るにはなかなか複雑な工程が必要ということである。ベニバナはタネを購入済み。
『オリーブの絵本』これも非常にイカしている。オリーブオイルは非乾性油だから、油絵とはあまり関係ないけど。
『ブドウの絵本』ヴァインブラックを作りたい的に一応目を通してみた。今年は苗を買って植えてみるつもり。
『アイの絵本』、今年はタデアイの苗を入手するつもりでいたけど、震災の影響で宮城県は当分ネットでの注文ができそうにない。
『土の絵本〈1〉土とあそぼう』土の絵本は3冊から成り、最終的には農業に関わる要素へ行き着くのだろうけど、最初の巻は土というものの基礎的知識と実験から構成されていて、土性顔料に関わる部分もなきにしもあらずで興味深いが、それがなくても、土というものを知るのによい教科書であると思われ。
他にもいくつか注文していたが、震災後に配送不能とかで、続々とキャンセル扱いになってしまった。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ::理系・工学 | 09:02 AM | comments (0) | trackback (0) |
隔週刊『地球の鉱物コレクション』を購読しはじめる。
デアゴスティーニの隔週刊『地球の鉱物コレクション』
http://www.de-club.net/ckc/

書店で見かけて、いつの間にこんなものが出ていたのかと衝撃を受けつつ、早速購読申込。鉱物に関する冊子と、少々質の悪い鉱物標本が毎号付いてくる。標本はともかく、冊子の方はなかなかイイんじゃないでしょうか。鉱物関連の書籍はけっこう読んだけど、そういう本に書いてあることが実にわかりやすくまとめられていて、しかも写真とかビジュアル面で補強されてて、とてもいい復習になりそう。まぁ、小冊子に毎号¥990払うと思うと高いような気もするけど、べつに途中で購読止めたってかまわないわけだし(『戦艦大和を作る』とか、全巻揃えないとやばそうなのは勇気が要るが)。

デアゴスティーニ商法とか言って馬鹿にする人も多いけど、マイナージャンルみたいものを結構取り上げていて、自分の中ではけっこう評価が高かったりする。昔話になるが同朋舎出版時代のザ・グレート・アーティストなんかは、当時高校生だった自分はすさまじい影響を受けたものである。ほとんどの画家をあれで知ったし。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ::理系・工学 | 11:07 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: