最近聴いたCD
自家用車での通勤時間が長いのです。今年度は片道1時間が週2日、片道40分が2日となりました。というわけで、BOX CDを次々聴いていきたいと思っております。そして最近聴いたものについてコメントしておきたいと思います。

ワーグナー『ニュルンベルクのマイスタージンガー』クナッパーツブッシュ&バイロイト(1952 モノラル)CD4枚組
最近、専らワーグナーばかり聴いてしまう的なところがあるのですが、ちょっと今気に入っているのはニュルンベルクのマイスタージンガー。ギルドの親方というのにも憧れるところがありますが、まぁ、ハンスザックスはもう16世紀ぐらいの人で中世ではありませんが。しかし喜劇でCD4枚組というのもなんかすごいものがありますが、ふつうのCDだとこの辺はいいやと思う箇所がやはりありますが、クナッパーツブッシュはなんというか、どこをとっても飽きるとかそんなことはなく、どの箇所でもしみじみと味わい深い音作りであり、いつまでも聴いていたいと思うところがあります。

シューリヒトの芸術(ブルックナー:交響曲第3番、第8番、第9番)CD3枚組
シューリヒトが演奏する第3番を聴きたいと思って購入しました。最近になって、ブルックナーは3番が非常によく出来ているのではないか、という気がしてきておるのです。8、9番も聴いてみましたが、こちらはブルックナーファンには定番中の天板である名録音だったので、特に改めて言及することはなさそうなので、とりあえず第3番について述べると、第1楽章が妙にテンポが速くて軽い感じがして、これどうなのかなと心配になりますがすぐに慣れます。むしろこれがシューリヒトなのでしょう。逆に第4楽章のコーダは溜めに溜めて壮大な感じになっており気に入ってます。なお、この3枚組のCDが定価7020円で販売されていたらしいのですが、当時はそれでも買う人がいたというのは、90年代というのはまだなにかと商売がしやすかった時代なのでしょう。今では非常に安く手に入る時代になったけれども、何やってもなかなか儲からないというのを考えると、少し羨ましい気もするのだけれども、やはり安価に山ほどCD買える今の方が楽しいという気もする。

ブラームス:交響曲全集、管弦楽曲集、協奏曲集 コリン・デイヴィス&バイエルン放送交響楽団(5CD)
こちらは交響曲全集の他に、協奏曲なども収録されていて、しかも価格がリーズナブルであり、BOX CDとしてお薦めかと思ったけれども、ヴァイオリンとチェロの為の協奏曲は含まれていなかった。ブラームスの協奏曲中でこれが一番好きなのだが。で、いろいろ検索してみたが、交響曲+協奏曲のBOXでこのダブルコンチェルトが含まれているものが数が非常に限られている模様。別にセット買わなくてもいいのだが、何かこう、人にお勧めでるものがあったらいいなぁというのはあります。

ブラームス:交響曲&協奏曲全集 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団&ベルナルト・ハイティンク
こちらはAmazonプライムでストリーミング視聴できるのすが、CDは買わず、そっちで聴いたんですが、ヴァイオリンとチェロの為の協奏曲も含まれており、曲目としては完璧と言えるでしょう。ロイヤル・コンセルトヘボウの演奏に私がどうこういうようなものではないのですが、交響曲などは昔よく聴いていたウィーンフィルとのCDの方が良かったなぁと思ったのですが、そのCDも手元にもうないので記憶が美化されているだけかもしれません。やはりしかしウィーンフィルと比べると滑らかすぎるような気がしないでもないです。時にちょっと粗野なところもあって欲しいというところで、個人的な好みでいうと、あまり納得がゆかず、プライムで聴くに留めて、mp3は買わなかったです。

モンテヴェルディ:ポッペアの戴冠 全曲 ガーディナー
非常に良い演奏で、各種レビューでも高評価ですが、個人的に思うのは、その昔実際に演奏されたときは、何かこうもっと自由なアレンジみたいなものがあったのではなかろうか、という気がしないでもないです。本当にこうだったのだろうか、という気がするんですが、私如き素人がどうこういうにはまだまだ知識が足りませんが、しかしそれはおいておくとして、これはこれで非常に美しいCDです。

| 音楽 | 11:55 PM | comments (0) | trackback (0) |
R.シュトラウス『ばらの騎士』全曲 クナッパーツブッシュ&ウィーン・フィル
R.シュトラウス『ばらの騎士』全曲 クナッパーツブッシュ&ウィーン・フィル(1955 モノラル)(3CD)聴了
何年か前に買ったCDだったけれども、ようやく開封して聴きました。クナのばらの騎士ってイメージがどうなのか想像できない感じもあって、そのまま忘れて放置していたのですが、いざ聴いてみたら、これはとてもいいじゃないですか。ウィーンフィルという感じもして、非常に私の好みな感じです。『ばらの騎士』というとクライバーのDVDとか、最高な感じだなとずっと思っていましたが、しかし、もう、こっちの方がいいような気がしてきました。聴き所みたいなところがいいというよりは、全体が、どこを取っても響きが豊か、と言った感じでしょうか。というわけで、通勤中に聴けるものを自分の部屋から発掘するような感じで探しつつ聴いておりますが、本日はクーベリック指揮のローエングリンを聴き始めましたが、まだ1枚目を聴いただけであるけれども、これは滅茶苦茶すごい、序曲だけでも、数ある序曲録音の中でもダントツな感じでよろしいのですが、続きが楽しみです。クーベリックのワーグナーをもっと買わなければと思ったのですが、全曲の録音は他にパルジファルとマイスタージンガーがあるようなのだけれども、ちょっと手頃な価格で買えるCDは見つかっていない。

| 音楽 | 11:43 PM | comments (0) | trackback (0) |
インマゼール指揮/シューベルト:交響曲集
本年度は通勤に片道1時間かかるので溜まっていたBoxCDセットなどを順次聴いていた、という話を前に書きましたが、ここ2、3ヶ月何かと落ち着きがなくてあんまり聴いておらなんでした、なんとなくいつも聴いているものを聴いていなければならないような時もあるものです。が、それはともかく、最近また車載CDにディスクを入れる余裕も出てきたので聴いておりますが、聴き終えたのは以下の二つ

クラウス・テンシュテット指揮/マーラー交響曲全集(スタジオ&ライブ)CD16枚組Boxセット
マーラーはそんなに好きな作曲家でもなくて、ふだんじっくり聴くということもあまりないのですが、最近気に入っているテンシュテットのマーラーは非常に評判がよろしいので、こちらの全集で聴いておかねば的なところもあったので買いましたが、力強くメリハリのある部分ではパンチが効いており、しみじみと歌い上げる部分は適度に味わい深くという感じで、全体を通してとてもよかったです。16枚というのはやはりけっこう数が多いのですが、どこをとってもなかなかいい感じでした。あまり長い期間をかけて聴いていたので、振り返ってみてコメントするのが難しくなってしまったところがありますが、第8番はかなりの迫力でした。第6番もよかったです。

インマゼール指揮/シューベルト:交響曲集
シューベルトの交響曲の中では「未完成」がダントツの知名度を誇っているといえるでしょう。数あるクラシックの楽曲の中でもベートーヴェンの運命と並んで定番の楽曲となっており、特にクラシックを聴き始める頃に必ず耳にするような曲となっています。それから、ある程度クラシック音楽を聴いていると出会うのがザ・グレイトであり、これは劇的なところがあまりないので初めて聴いたときは退屈するかもしれませんが、慣れてくるとなかなか活力のある曲であり、名曲と言えるでしょう。それに比べると、シューベルトの他の交響曲は一般的な知名度はだいぶ落ちるんじゃないでしょうか。しかし、5番は割とコンサートでの演奏機会もあるし、個人的には第4番「悲劇的」などはかなり好きな曲です。そいれ意外のものについてはあまり詳しくないので、全集を買ってじっくり聴いてみたいと思っていたところでした。
そして全曲通じて聴いてみたわけですが、全曲通して聴いてみると「未完成」が突出して異様な個性を発揮しているという事実でした。6番までの曲を聴いて、なかなかいいなぁと思いつつ、しかし、未完成に来ると、それが全部消し飛ぶ、というぐらいに不思議な曲です。あまりにも定番の曲なので、私としては正直聞き飽きてしまった感もあるほど当たり前のような曲に思ってましたが、こうやって通して聴いてみると、この曲はどこを取っても強烈なインパクトがあって普通じゃない、さすが名曲というのはこのような個性があるからなのだろうなと改めて思った次第です。もっとも、この録音自体は、ちょっと強弱の付け方が激しすぎて、車載オーディオで聴くのには難儀しましたが。
なお、6番以前は、古典派風の曲調というか、ふつうシューベルトはロマン派に分類されますが、6番以前はちょっとないくらい古典派風です。なので、ピリオド奏法によるインマゼールのこのCDはこのような曲に適していると思われます。このCDで聴くとどの曲も素晴らしい曲に聞こえるので、お薦めと言えるでしょう。未完成は曲には感動しましたが、このCDがいいかどうかはちょっと判断つきかねる。ザ・グレートの方は、曲の傾向的には現代楽器でベームみたいに演奏する方が魅力的な感じするので、やはりこのCDがいいかどうかもちょっとわからんかな、という感想ですが、とりあえず6番以前のCDを買うとしたらお薦めと言えるでしょう。

| 音楽 | 01:31 AM | comments (0) | trackback (0) |
インマゼール指揮/アニマ・エテルナ ベートーヴェン交響曲全集購入
インマゼール指揮/アニマ・エテルナによるベートーヴェン交響曲全集を購入しました。Amazonのダウンロード販売で。
実はあまり詳しくないのですが、アニマ・エテルナはベルギーの古楽器楽団だそうです。インマゼールについても実は全く知らなかったのですが、先日モーツァルトの後期三大交響曲のCDを購入してみたら、すっかり気に入ってしまったので、ベートーヴェンの方も買ってみた次第です。甚だ勉強不足ではありますが、一通り聴いてみたコメントを述べてみたいと思います。

全体的な傾向としては、他の古楽器演奏と似たところはありますが、管楽器と打楽器の音が大きく聞こえて、より小編成な雰囲気がすると思います(実際はどうなのかはわかりませんが)。各曲の印象を述べますと、まずは第1番は古楽器らしい演奏で、この曲の魅力が引き立っている感じ好印象です。第2番はとてもいいです。全曲中最も気に入っています。特に第1楽章が素晴らしい。なんというか、細部までメリハリというかキレのある演奏であり、どこをとっても生き生きした活力に溢れる感じであり、転調する部分は瞬間的な悲しみも感じます。これはベストと言ってよろしいでしょう。第3番「英雄」ですが、これはちょっと打楽器の音が大き過ぎて、太鼓乱舞みたいな感じがして今のところ慣れないところがあります。なんでそんなボコボコ叩くのかと。ただし、こういうのは録音というかCD化の際にも変わると思うので実際はどうかはわかりませんが、とりあえずこの音源は落ち着いて聴きづらいところがあります。第4番、これも第1番と同じくいい感じだと思います。第5番「運命」これは古楽器演奏の中ではなかなか突出していい録音ではないでしょうか。古楽器の運命は迫力に欠けるところがあって、特にフィナーレの勢いが感じられなかったりすので、今までそれほど気に入ったCDは無かったのですが、これはなかなか鬼気迫るものがあります。古楽器演奏の録音では今のところ一番お薦めです。第6番「田園」はどんな演奏で聴いてもそれなり感動的なものですが、本録音は管楽器が前面に出ているように感じます。特に最終楽章の感動は、他の演奏が弦で味わうというなら、こちらは管で味わうという感じです。第7番ですが、これはガーディナーの録音と非常によく似ています。どっちもいい演奏だと思います。第8番はガーディナーの演奏を気に入り過ぎており、特に強い印象は今のところ感じでおりません。第九ですが、これだけちょっと変わった演奏に聞こえるような気がします。古楽器演奏ではあまりみないくらいテンポがゆったりしており、と言っても従来の第九と比較したら普通かもしれませんが、私としてはちょっと間延びしてしまったような印象を受けるのですが、どうでしょう。

実は勢いで同指揮者/オケのベートーヴェンのピアノ協奏曲全集+ヴァイオリン協奏曲CD3枚組も買ってしまいました。他のピアノ協奏曲全集と違うのはヴァイオリン協奏曲まで収録されているという点がお得感があるところでしょうか。おかげで丁度6曲になり、3枚組のCDに収まりがいいという感じです。1、2、3番はけっこう清明な感じで良いCDです。4番は比較対象の名盤も多く、ちょっとまだ考えがまとりません。皇帝はなかなかいい感じです。私は大編成の皇帝があまり好きではないので、小編成の颯爽とした演奏だとやはりいいなと思います。ガーディナーの方が、堂々とした序奏、颯爽としたメリハリのある第1主題、そして短調で始まる第2主題からそれが長調へと変わるという一連の変化の繋がりが素晴らしく、それと比較すると出だしが物足りないかなという感じがしないでもない、というところでしょうか。

| 音楽 | 12:26 AM | comments (0) | trackback (0) |
動画:バロックの音楽と絵画 その2
バロック芸術について考える動画シリーズの新作です。鳥越さんとバロック音楽について話しているというか、私が一方的に語っているのに相づちをうってくれてくれている的な感じになってしまったのは申し訳ないところではありますが。

バロック絵画といえば、なんと言ってもフェルメールをはじめとするオランダ風俗画が人気ですが、バロックという現象を考えると、ルーベンス等の主にカトリック陣営側で活躍した画家の方が歴史上の影響という意味では圧倒的であり、バロックという時代の傾向を考えると、どう考えてもバロック絵画なのは後者なのですが、オランダ風俗画と比べると現代人には理解しがたいところもあるのは致し方ないとこかと思います。音楽も同様で、バロック音楽と言えばなんと言ってもバッハが有名であり、たぶん現代人の知っているバロックの曲の大半を占めているのではないかとも思われますが、バッハはバロックの終り頃が活躍期であり、バロック音楽を体現しているかという点ではどうか、というところもあります。よくバロック音楽の集大成などとも言われますが、それもちょっと違うんじゃないというような気もします。私もバッハはとても好きでよく聴きますが、それはそれと別にして。というわけで、バロックという時代を考えたうえで、バロック音楽を楽しもうと思ったら、もっといろいろあるのではないかということで、動画にしてみました。いろいろ知っていると思っていたことでも、実は自分の理解できそうな範囲でしか見ていないのではないか。現代の目からぱっと見た感じでは、バロックと言えばバッハと言ってもいいくらいな巨大な存在がいるようでいて、しかし、実はもっと規模的にも歴史的にも国際的にもちょっと考えられないくらいの存在がいっぱい居たのだという面白さもあるのではないか。と、考えて鑑賞してゆくと、非常に広大な世界が広がっているという感じになって面白いのではないか。というふうな意味での動画です。なお、その流れでいつの間にかベラスケスの話になっています。

| 音楽 | 11:57 PM | comments (1) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: