ガーディナーのバロック音楽のCDを3種買いました。
最近、バロック芸術について熱心にいろいろ読んでいたんですが、その中でも中島智章(著)『図説 バロック』(ふくろうの本/世界の文化)というのが、個人的な印象としては最も良い本ではないかと思うようになってきました。建築や都市計画を中心に扱われており、絵画や彫刻は二の次的になっているような気がしますが、まさにそこがバロックを語る上で重要だと思うようになりました。そして、音楽についてもしっかり語られている点もよろしいかと。バロック美術と、バロック音楽はそれぞれの専門家が別の本で述べるようなものという思い込みがありましたが、こちらはしっかり言及されている、しかも音楽を教科書的に述べるのでは無くて、バロック音楽をかなり深く、そして楽しみつつ聴いてきたのだなぁというのが伝わってきて、それを読んでいたら、私も聴きたくなってきました。バロック音楽初期の大作曲家モンテヴェルディの著名なオペラはかつてDVDを買いあさりましたが、他にも初期から盛期バロックの重要なオペラ作家は居ましたので、それも買わねばならぬ。といろいろ物色しているところです。ちなみに、探して驚いたのは、バロックオペラ最大のイベントと思われるマルカントニオ・チェスティの「黄金のリンゴ」の音声らしいものが、youtubeに上がっていたことですが、それはまぁ、機会があったら述べたいところです。絵描きや美術愛好家にはバロック好きの人は多い、そして音楽好きの人にもバロック好きの人は多いのですが、実はほとんどの人はバロックというものの、ほんの一部しか知らない、あるいはたまたま現代人に理解しやすい部分だけを抜き取ってそこだけでバロックのイメージを作っているようなところがあると思います。それはそれでまぁ、いいのかもしれませんが。音楽でバロックと言えば、誰もがバッハを思い浮かべますが、バッハは確かにバロックを代表する作曲家ではありますが、しかし、本当にバロックを体現した作曲家は、もっと他にたくさん居て、一般的には忘れているのではないかと。モンテヴェルディはけっこう知名度も高く、そして、現代でも評価が高いと思いますが、その辺のちょっと音楽が好きな人に聞いても誰も知らんことでしょう。よくバッハのことを音楽の父と言いますが、どう考えてもルネサンスポリフォニーから、バロックオペラの橋渡しをしたモンテヴェルディの方が、現代のクラシック音楽の父ではなかろうかと。まぁ、しかし、そんなことは置いておくとして、とりあえず、ガーディナーのCDをまたいろいろ買いました。まずは、バッハの管弦楽組曲(ガーディナー/イングリッシュ・バロック・ソロイスツ)、バッハの管弦楽組曲は誰も知っている名曲揃いですが、私は特に第2番ロ短調が好きです。短調のバロック曲というだけで、心を揺さぶられるものがありますが、これは長年、ミュンヒンガーのCDを愛聴しておりましたが、このガーディナーの演奏は、それと比べるとあまりのスピード感で、早口言葉かよ、という感じなのですが、序曲は旋律が聞き取れない程でした。しかし慣れるとけっこう癖になります。こちらの方がずっとバロックっぽいなという気もします。こちらに慣れてしまうと、戻れないような気もします。しかし今のところ、どちらか一方を選べと言われたら、ミュンヒンガーの方を選ぶとは思いますが。そしてヘンデルのオラトリオ「メサイヤ」(ガーディナー/モンテヴェルディ合唱団)、メサイヤは大仰な演奏が多くて、あんまり好きではないのですが、こちらはヘンデル時代を再現するかのようなピリオド演奏です。一回聴き通してみましたが、清明で聴きやすい演奏です。そして、たぶん小編成だと思いますが、盛り上がるところは盛り上がります。CDで聴く場合はこちらの方がよいかもしれません。しかし、メサイヤって英語なんですね。ラテン語、ドイツ語、イタリア語と違って、英語の宗教曲ってちょっと違和感ありますな。それから、カリッシミ:最後の審判(ガーディナー/モンテヴェルディ合唱団 )。こちらは盛期バロックの作曲家。安かったので思わず買ってしまいました。バロックという時代はけっこう長い。そして、まだまだ知らないことがたくさんある。古典派以降の音楽はめぼしいものはだいぶ聴きましたが、バロックはまだまだカオス的に膨大な世界が広がっているので、こちらを探っていきたいところです。

| 音楽 | 03:16 AM | comments (0) | trackback (0) |
ティントナー:ブルックナー交響曲全集を買う
また無駄なものを買ってしまいました。
ティントナー
ティントナー/ブルックナー:交響曲全集
http://www.hmv.co.jp/news/article/1401300027/

もっと他に買うべき物がたくさんあるような気がするのですが。

最近、ブルックナーの交響曲第3番を良く聴くようになっており、頭の中で絶えずブルックナーが響いている感じなのですが、しかしながらこの第3番、ブルックナーの交響曲の中でも個人的にあまり積極的に聴こうとは思わない曲でした。むしろ初期作品である1~2番の方が好きだったくらいです。もともとブルックナーの曲は、いずれもいきなり魅力がわかるようなものではないのですが、そんな中でも最後までよくわからない曲だというのが正直な印象だったわけです。この曲の理解しがたさは、初めて演奏されたときのエピソードに現れているかと思います。初演はブルックナー自身が指揮をすることになったのですが、当時やはり曲の良さが理解してもらえず、楽章の合間毎に次々と聴衆が帰ってゆき、演奏を終える頃には数人しか残っていなかった。さらに団員までもそそくさと帰ってしまい、ステージにブルックナー1人取り残されたとか。このときのショックでブルックナーは1年間、作曲ができず、毎日ドナウ川に通って川岸の砂粒を数える日々が続いたという話です(普段から砂粒に限らずなんでも数える癖があったそうですが)。クラシック音楽では、今は名曲として知られる曲でも、初演時は意外と失敗しているケースが少なくないのですが、その中でも、ダントツの不遇さで伝説として語り継がれるレベルといえるでしょう。

それはともかくとして、私としては、これもまた理由はよくわからないのですが、最近になってなんとなく部分的にいいなぁと思いはじめ、そして気が付いたらかなりお気に入りの曲になっていました。これは演奏によっても、違うかと思います。CDによってはどの部分を聴いてもさっぱり良くないのですが、いい演奏だと、どの部分も味わい深い旋律のように聴こえてきます。ニ短調ということもあり、どことなく遺作である第9番に通ずる雰囲気が漂っています。

この曲は最初に作曲されたときの状態である第1稿、作曲が自身が後に改訂した第2稿、晩年にさらに改訂した第3稿があるのですが、ふつう演奏されるのは、第2稿か第3稿になります。先の初演の話の時点で、既に第2稿だったようなので、やはり晩年の第3稿と第2稿のいずれで演奏するかが問題となります。その2つのうちでも、校訂者によっても微妙に譜面が違っており、マニアの方々の間で熱く議論されていたりします。ちなみに演奏時間は、第2稿が平均60分、第3稿が55分となっていますで、最終的にけっこうカットされているところが多いと言えます。従って、どちらかというと第2稿の方が好まれる傾向があるようです。ブルックナーは自分の作品をやたら改訂することで知られていますが、技術的に成熟した晩年の改訂の方がよく出来ているのではないかとふつう思うところが、実際は改訂によってカットされる部分が多くて、逆にスケールダウンしてしまうこともあるのです。第3稿はちょっと終楽章が短くて物足りないかな、とか、感じるわけです。

そして、ほとんど話題になっていない第1稿はさらに長い状態であり、70分くらいの演奏時間になります。第2稿改定時に大幅にカットされており、元はかなりの大曲だったようなのです。となると、やはり第1稿を聴いてみなければならんという気持ちになってくるわけです。ネットで検索しつつ、いろいろ調べてみましたが、第1稿の演奏という、かなり限られた音源の中でも特に評判がよいのが、ティントナー指揮のCDでして、そんなわけで、ここまで説明が長くなりましたが、今回購入した件となります。単品で第3番だけのCDを買った方が安く済むのですが、ティントナーという人物の来歴を読んでいたら、思わず全集のBOXを買わずにいられませんでした。

さっそく聴きました。ブルックナー交響曲第3番の第1稿。演奏が遅めのテンポのせいもありますが、全体で77分もあり、ブルックナー後期の大曲に匹敵する作品となっています。第1楽章がなんと30分もかかる。第2楽章もたいへん雄大な感じで、演奏も曲も共に素晴らしいと言えます。第3楽章も。そしてフィナーレも充分に長く、むしろかくあるべきといった感じです。第3稿では短すぎてオマケみたいになっていますが、本来こちらの方がずっとバランスが良いんじゃ思われます。これを聴いてしまうと、もう第3はこれしかないんじゃないだろうか、的に思うのですが如何でしょう。

このBOXには、習作とされる0番、00番も含めて計11曲が収められているので、順次聴いていきたいと思います。放置して忘れてしまう可能性も高いですが。。。

| 音楽 | 10:35 PM | comments (0) | trackback (0) |
作業用BGM
何らかの作業中、または読書中などに最近よく使用しているサウンドです。


こちらは川が流れと焚き火の音です。この手のサウンドをyoutube等で探して、いろいろ聴いてみましたが、個人的にはこれがベストです。


こちらはなかなかノリのよい音楽です。

| 音楽 | 11:39 PM | comments (0) | trackback (0) |
KAWAIスコアメーカーplatium購入
現在、KAWAIのスコアメーカーFX6proを使っており、すでにかなり古いバージョンなのですが、バージョンアップ版のお知らせが来ていたので、試しに購入してみました。私の場合は、最上位版のスコアメーカーplatiumに17,000円で移行できるということで、久々のバージョンアップとしてはお得かなと思いまして。ニュース記事によると「販売目標は6,000本」。なるほどこれが実用ソフトの市場規模なのか。今後も開発が進むように、たまに買っておかなければと思いました。

しかし、まだインストールしていません。バージョンアップしたから良くなるとは限らず、むしろ不安定化して使い物にならなかったりすることはソフトウェアの世界ではよくあることで、ちょっとだけ様子みようかな、と。しかし、ネットでの生の声のレヴューはほとんどありません。目玉機能の楽譜読取りは個人的には多分使わないと思います。昔の作曲家の楽譜を入力しようとすると既存のソフトでは、ちょっと変わった書き方しているところなどは対応できないことがまだ多く、そういう細やかなところが改善されていることを期待して買いました。

で、下はスコアメーカーFX6proの方で入力中の、チャイコフスキー:交響曲第5番 第4番(ピアノ編曲版)です。


途中までですが、この辺で終りにして、いよいよかねてからの目標であった、リスト編曲版ベートーヴェン交響曲全集ピアノ版の入力に入りたいかと思います。最新盤のスコアメーカーでどこまで忠実に入力できるか楽しみです。


| 音楽 | 08:03 PM | comments (0) | trackback (0) |
シューマン:交響曲全集(ガーディナー/ORR)購入
交響曲というジャンルをこよなく愛好する私としましてはシューマンの作品もそれなりにCDを買ったり実演で聴いたりなどしてきてたのですが、それほど感銘を受けたという記憶がありません。交響曲作曲家としてはベートーヴェンとブラームスに挟まれてる感じで、それほど存在感を感じないような。交響曲第3番「ライン」は前からわりと好きだったのですが、シューマンの曲の中では好きというくらいで、取り立てて気にするほどでもなかったのですが・・・しかし今になって、シューマンを熱烈に聴いており、何をしているときも、シューマンが頭の中で鳴り響いています。というわけで、最近気に入ってる、ガーディナー指揮オルケストル・レヴォルショネール・エ・ロマンティークの組み合わせの全集を買ってみました。
Collector's Edition: Schumann Box set
Collector's Edition: Schumann Box set
これは従来、交響曲全集&管弦楽作品全集(3枚組)に『楽園とペリ』などのオラトリオ曲も加えて5枚組にしたうえで、紙製の格安ボックスにしたもののようですが、大変お買い得品と言えるでしょう。既に1番、3番、4番(初稿)のCDは持っているので、2番と、4番(改訂版)だけの為に買ったことになります。Amazonのマーケットプレイスで安く買えたからですが。英国からの発送だったので、届くまでけっこうかかりました。
ガーディナーのシューマンですが、一言でいえば「忙しい」に尽きると思います。凄まじいテンポの速さです。シューマンを好きな方々にとっては軽いと思われるかもしれません。シューマンは精神衰弱の挙げ句に自殺したという結末から、重く演奏しなければならない的なところが無きにしもあらずですが、そんなことはどうでもいいのではないか、と思います。個々の曲毎にコメントしてくとして・・・

【交響曲第1番】この曲はCDも何度も、そして実演でも聴いて、アーノンクールの古楽器演奏でも聴いていたはずですが、初めてその素晴らしさに気付いたのはこのガーディナーのCDです。この曲が第一楽章が最も長く、曲中最も重要な楽章であるかと思われますが、個人的にはシューマン全交響曲の中でも、シューマン交響曲を集約した楽章である、と言ってもいいんじゃないかと感じた程です。


【交響曲第4番(初稿)】この曲は第1番の後に作曲されたので、本来は第2番にあたるのですが初演の評判が芳しくなかった為か出版が見送られ、後年改訂されて出版されたため第4版となっているそうです。これはその初稿を演奏したものですが、最大の特徴はなんと言っても冒頭がベト7風のイ長調の強拍から始まる点でしょうか。こちらの方が明るく前向きな感じがして好きです。ガーディナーの演奏も心なしか、初稿版の方が気合いが入っているように感じます。少なくともこの全集において、初稿の方が圧倒的に聴き応えがあります。シューマンは「この曲は第1番より決して劣るものではない」と述べているそうですが、全くその通りだし、最終楽章の立派さは番号通り作曲者最後の交響曲だったとしても遜色ない迫力です。

【交響曲第2番】シューマン作の4曲中では演奏する方も聴く方も少々難易度の高い曲なのではないかと思うのですが、今のところ私自身もその魅力を掴みかねているので、あまりコメントでないのですが、ガーディナー風の演奏ではないのかもしれない的なことはなんとなく感じないでもないです。

【交響曲第3番「ライン」】こちらは全シューマン中、私が最も好きな曲ですが、お薦め盤があるかと言えば、特にどれと答えていいか分からないところがあります。本CDも気に入っていますが、最高!って感じでもないですけど、でもやっぱり名曲であることには違いないと思います。第1楽章には困難にでも立ち向かうような前向きさが感じられます。第5楽章は、結局困難に打ち勝ったかどうかわからないものの、そのようなことはどうでもよく、達成感と達観の果てのような勝利を感じるところが、ベートーヴェンとは違うところであり、心を打つところでもあります。

【交響曲第4番(1851番)】こちらが、現在標準となっている第4番ですが、なんとなくですが、本CDは演奏家の気合いが、初稿と比べて感じられないような気がするのですが、気のせいだろうか。

| 音楽 | 12:27 AM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: