交響曲のピアノ編曲版譜面をたくさん収録した本を買ったので感想を述べる
最近、交響曲のピアノ編曲版の楽譜を入力するという行為に勤しんでおります(しかもマウスで)。この行為に何の意味があるのかはよくわかりませんが、写経みたいなものなのかもしれません。

というわけで、新たに以下のピアノ編曲版楽譜を購入し、いくつか入力してみたので、レビューしてみようと思います。
The Symphony: The World's Great Classical Music : Intermediate to Advanced Piano Solo : 55 Excerpts from 47 Symphonies by 18 Great Composers (World's Greatest Classical Music)
交響曲ピアノ編曲集

ペーパーバック1冊に18作曲家の47の交響曲から55の楽章抜き出し、1人用ピアノアレンジの楽譜として収録しています。Amazonでそこそこお手軽価格で購入できます。実質55曲というわけえすが、いずれの曲も一部を抜粋した短縮版となっています。ただし、曲によって割かれる紙数にけっこうバラツキがあり、有名なモーツァルトの交響曲第40番第1楽章は6ページの紙数が割かれていますが、ブルックナーの交響曲第7番は3ページで終わっています。あのブルックナーの長大な曲が、なんということでしょう、という感じですが、そもそもこういう本にブルックナーが収録されているというだけでもありがたいことです。譜面の難易度はかなり易しい方だと思います。その為、音が少なくて物足りないような気がしないでもないわけですが、リスト編曲!みたいなごちゃごちゃしたものよりもすっきりしてかえっていいかもしれません。
交響曲ピアノ編曲集

それでは、KAWAIのスコアメーカーFX6というソフトを使って、ポチポチとマウスで入力してみましたので、聴いてみることにしましょう。

■マーラー:交響曲第5番 第4楽章

こちらは比較的多めに紙数が割かれており、珍しくバランスの良い抜粋となっています。この曲の場合は、ピアノで演るなら全曲より抜粋の方がいいかもしれません。

■ベートーヴェン:交響曲第7番 第2楽章

抜粋版とはいえ、何故そこで終わるのだ?と嘆かずにはいられません。

■ブルックナー:交響曲第7番 第2楽章

こ、これだけか。。。

もうひとつ、モーツァルトの交響曲第40番も入力してみたのですが、なかなか気合いの入った編曲でした。しかし、紙数の都合上か、怒濤のクライマックス部分のみ抜粋しており、違和感が半端ないので、これをうまく改修して全曲版にできないものかと検討中です。なかなか音楽の勉強になりそうです。

で、本書について総括すると、交響曲のピアノアレンジはそのまま全曲演奏するには長いので、適度な抜粋というのは有りだと思います。むしろするべきでしょう。しかし、この本だと流石に短すぎて違和感があるので、せめて、各々倍ぐらいあったら、逆にいうと収録曲が半分の数だったらバランス良かったのにな、と思います。

| 音楽 | 08:56 PM | comments (0) | trackback (0) |
ブラームス:交響曲第4番ホ短調 第1楽章(ピアノ編曲版)
ブラームスの交響曲第4番のピアノ編曲版をパソコンに入力してみました。


なんだかんだで、一番好きな曲なので、一度やってみたかったわけです。譜面は、ペーパーバックで売られている、Brahms: Complete Symphonies for Solo Piano (Dover Classical Music for Keyboard)、それを購入してスコアメーカーで打ち込んでみました。過剰な装飾も無く、バランスの良いアランジ版だと思います。テンポの急緩、音の強弱などをかなり控えめにして入力しました。実際にはちょっとずつ細かく調整していたりするのですが、わざとらくならない程度に控えています。

ちなみに背景は私の制作中写真のスライドショーなので、是非フル画面でみてください。

| 音楽 | 01:16 AM | comments (0) | trackback (0) |
小編成のブルックナー交響曲第2番の第2楽章だけ非常に素晴らしかった件
ピノック指揮、ペイン編曲による小編成ブルックナー:交響曲第2番というものを購入。
Bruckner: Symphonie No. 2 (arr. A. Payne for Chamber Orchestra)
小編成編曲のブルックナー、どんなものだろうかと気になって購入しました。両端楽章はさすがにブルックナーの良さが生かされる感じではないように思うのですが、しかし、第2楽章(緩徐楽章)は予想外にいいものでした。ブルックナーの緩徐楽章は名品揃いで知られていますが、とは言え、初期作品はそれほど強い印象を残すようなものでもなかった気がするのですが、この小編成版によって今まで気が付かなかった部分がくっきりと浮き上がって、こんなに良い曲だったのかと感心しました。もしかしたら、原曲より良くなってないか、と言ったら怒られるかもしれませんが、これを聴いてから改めて他の録音を聴いたら、やっぱりいいなぁと思うようになったので、曲の良さを知らしめる的なところがあったのでしょう。

他にもいくつか小編成オケの録音を購入しました。

シューマン:交響曲第3番「ライン」、第4番(スウェーデン室内管/ダウスゴー)
Amazon等でスウェーデン室内管の録音が多数ダウンロード販売されていますが、モダン楽器だけれども、小編成でピリオド的奏法の模様です。ダウンロード販売の為、解説書がなく正確なところはわかりません。シューマンの交響曲の中で個人的に最も好きなのが第3番「ライン」ですが、いろいろ聴きましたが、これがお薦めというほどのCDはこれまで出会っておりません。これはそこそこお薦めな気がします。すごいお薦めというわけでもないですけれども。

ドヴォルザーク:交響曲第6番&第9番「新世界」(スウェーデン室内管/ダウスゴー)
「新世界」はあまりにも有名過ぎるくらいに有名な曲であり、特にクラシック音楽を聴き始めの頃は誰もがよく聴く曲じゃないかと思いますが、そこそこクラシック音楽が好きな人で、この曲をずっと好きでいられる人が果たしてどれだけいるのだろうかと疑問に思うのですが、どうでしょう。いろいろ詰め込みすぎてごちゃごちゃしているような気がするのですが。先日鬼籍に入られた音楽評論家はケーキのようだと表現して褒めていましたが、あれは実は褒めてたわけじゃなかったのかもしれないと今になって思うのです。それはともかくこちらの演奏ですが、第1楽章はメリハリが利いて生き生きとしており、とてもいいと思います。第4楽章はやはり小編成では曲の良さが生かされないのかな、という感じはします。

| 音楽 | 02:29 AM | comments (0) | trackback (0) |
レビン/ガーディナーによるベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番がとても良い
ガーディナーのベートーヴェン交響曲全集を買って大変気に入っている件を以前書きましたが、その勢いで同ベートーヴェンのピアノ協奏曲のCDも買い集めてみました。

個人的な話ですが、”交響曲”というジャンルが昔から好きなのですが、”協奏曲”はそんなでもないかなという気がしています。協奏曲のうち、ヴァイオリン協奏曲には好きな曲がそれなりにたくさんありますが、ピアノ協奏曲というのが、どうもそれほど好みのタイプではないかな、と思います。もちろん、贔屓の曲はたくさんあるわけですが、ピアノ協奏曲というジャンル自体に、ささやかな疑問を疑問を感じるところはあるわけです。オケにピアノが混じると、ピアノが勝ちするぎるかな、という感じがしないでもないかなというか、例えば、交響曲のアンサンブル版などを聴くと、ピアノが混ざってると、どうもピアノのせいで調和を欠いているような気がするわけです。完全にピアノオンリーの編曲版とかになると、その場合はそういうのが全く気にならないのですが、小編成のオケにピアノが混じっているとどうも不自然と思ったりするのですが、しかしそんなことを言ったら怒られそうで、大きな声ではいえません。まぁ、聞き流してもらえればと思いますが、それはさておき、今回購入したCDは以下の3点です。

●ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番&第2番 レビン/ガーディナー/オルケストル・レボリュショネル・エ・ロマンティク
●ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番&第4番 レビン/ガーディナー/オルケストル・レボリュショネル・エ・ロマンティク
●ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番&合唱幻想曲 レビン/ガーディナー/オルケストル・レボリュショネル・エ・ロマンティク

私は貧乏臭くばら売りの中古CDを小まめに買ったのですが、ダウンロード販売でよければ比較的手頃といえなくもない価格の全集があるようです(↓)。
●Beethoven: Piano Concertos Nos.1-5; Symphony No. 2, Op. 36; Fantasy For Piano, Chorus And Orchestra, Op. 80; Choral Fantasy (two altern. improv. piano introd.); Rondo For Piano And Orchestra WoO6

一通りというか、しばらく繰り返し聴いてみたのですが、これらのCDの中で特に感銘を受けたのはピアノ協奏曲第4番です。この曲がこれほどまでに素晴らしいものだったとは、今まで気付かなかった不思議なくらいな良品です。特に第1楽章は、開始から終りまで何もかもが味わい深い名曲といえるでしょう。ベートーヴェンのピアノ協奏曲の代表格と言えば、第5番「皇帝」ですが、個人的にはあれはちょっと大味な感じがしてあまり好きではなかったのですが、それよりも少々地味な存在である第4番を愛聴するファンはどうやらけっこう多い模様であり、私もその仲間なのだと思います。第2楽章はどうも暗いというか謎すぎて不可解なのですが、そこが良いという人も多いようです。第3楽章はこの名曲にふさわしいフィナーレだと思います。しかし、なんと言っても、ほとんど全ては第1楽章に集約されているという感じで、ここ数日こればかり繰り返して聴いていました。

他の曲目についてですが、第5番「皇帝」もなかなか私の好みな演奏です。「皇帝」が苦手であるというのは既に書きましたが、それは大規模なオケで演奏するから大仰な感じがしたのかもしれず、ピリオド奏法の演奏を聴いても、颯爽としつつも立派であるという感じで非常に好感度の高い曲で、しかも第1楽章から終楽章まで隙が無く、まさにピアノ協奏曲を代表する曲としてふさわしい感じであります。第3番はとくにこれと言った感想は思い浮かびませんでした。第1番、第2番は実はこれまで聴いてこなかった曲なのですが、特に第1番はなかなかの曲であり、これを聴くきっかけになっただけでも良かったと思います。

| 音楽 | 09:27 PM | comments (0) | trackback (0) |
ガーディナーのブラームス:交響曲第4番
↓こちらを購入してみました。
Brahms: Symphony No. 4 ジョン・エリオット・ガーディナー

昔、ロンドンのバービカンホールで、ガーディナーとロンドン交響楽団の組み合わせでブラームスの交響曲第1番を聴いたことがあるのですが、これ以上ないというぐらい厚みのない音、盛り上がりのない演奏であり、ガーディナーの風貌もサラリーマンというか、大手企業の課長みたいな感じで、なんとも肩すかしだった思い出があるのですが、しかし今になってガーディナーのブラームス:交響曲第4番を自らの意思でポチッとクリックして購入することになろうとは。。。ガーディナーのベートーヴェン全集を聴いて以来、すっかりハマっており、ブラームスの方も再び聴いてみなければならぬと気になったのですが、第1の方はyoutubeで聴けたんですけど、やはりブラームスの魅力が出ているとは言い難いものがあるなぁと再認識。第4の方はAmazonで一部を試聴しましたが、これがなかなかよろしかったので、思わずダウンロード販売で購入。そして全体を通して聴いてみましたが、まず第1楽章、これは途中までは気に入っています。古楽器小編成ですから、音のバランスがいつも聴いているのとはだいぶ違うのだけれども、重たい感じがしないながらも、そこそこの哀感みたいなものがあり、これはこれでいいかなと思います。しかし最後の方の盛り上がるところでテンポが速過ぎるためか、せかせかした感じに聴こえてしまうのが残念です。ベートーヴェンではこの疾走感が生かされたものの、ブラームスはやはりちょっと違うのでしょうか。続く第2楽章は「あり」だと思います。ふくよかな音の厚みみたいなものはありませんが、でもなんかこれはこれでいいっすね。第3楽章は実は個人的に元々あまり好きじゃない楽章で、CDで聴くときは飛ばしていたというのは大きな声では言えませんが、CDで聴くと騒がしい感じがしてどうも聴く気になれないものがありました。特に重厚で立派な演奏の場合には第3楽章がクライマックスかよ!と思わされることもあり。それが、ガーディナーの場合は重厚さや立派さがない分、CDでも聴きやすい楽章となっているような気がしました。そして肝心の第4楽章ですが、これは素晴らしい。実はこれを試聴して思わずポチッと押したわけですが、ただ、やはりところどころはテンポが速過ぎるのと、とくに最後の終り方がせかせかした感じになっています。音楽性というよりはたぶんガーディナー自身の理論的な裏付けのものとにそのように演奏しているのでしょうから、これはそういうものだと思うほかありませんが、オーディオ編集ソフトなんかで、その部分だけテンポを調整したりして聴いてたら、失礼な行為だったりするでしょうか。まぁ、日本のこんな田舎で誰かがそんなことやっててもガーディナーが気が付くはずはあるまいから、いつかやってみたい気がします。

| 音楽 | 10:11 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: