メインマシン用にCPUを購入(Intel Core i5-3450S)
Intel Core i5-3450Sを買いました。中古で。

現在使用中のパソコン、マザーボードはASUSのP8H67-M LE LEV3.0、CPUはcore i3-2100。購入してからそろそろ5年が経とうとしていますが、非常に快適。当時1万円で買ったCPUですが、大変コストパフォーマンスが良かったと言えるでしょう。しかもTDPは65Wと控えめであり、熱暴走するということなく、安定して必要充分な処理能力を発揮してくれたわけですが、最近動画をエンコードする機会が急激に増え、そしてyoutubeでは4K動画が公開されはじめて、もうちょっとマシンパワーが欲しいなと思うようになってきました。動画編集するならcore i7にしろと言われそうですが、TDPは65W以下に抑えたい、1万円ぐらいしか出したくない、という条件で探すと、"s"の付いたcore i5を中古で買うのが精一杯ということで(i7にするなら、むしろシステム全体を総入れ替えにしたいので)。ちなみに、Passmarkというベンチマークによると、i3-2100のスコアが3644、i5-3450sが6085、倍とまではいきませんが、かなりの性能向上が期待できます。

というわけでCPUを入手しましたが、我がマザーボードASUSのP8H67-M LE LEV3.0のサポート情報を確認すると、i5-3450SはBIOSのバージョン1303以降で対応されたということなので、まずは、BIOSを書き換えます。

BIOS更新は失敗すると、PCの起動すらできなくなるという緊張感溢れる作業ですが、最近気に病む物事が多くて、もはやどうでも良い気分で、もう何も気にせずにサクッとやってしまうことにしました。駄目だったらそのとき考えればいいやと。最新BIOSのROMをダウンロードし、それをUSBメモリのルートに入れて再起動、BIOSの初期画面からアドバンスドモードに移行し、ASUS EZ Flashユーティリティを選び、先ほどのUSBメモリ上のROMを選択して、その後に指示に従うだけ。

で、無事更新が終わったのでリブートしてくださいという表示が出たわけですが、なんと、再起動しても画面が真っ暗なまま。BIOSのタイトルすら表示されません・・・なんということでしょう、BIOS更新に失敗してしまいました。BIOS画面すら映らないということは、もはや手も足もでない状態。新規でパソコン買わねばならぬ事態です。金がないから中古CPUなんて買っているのに、さらなる出費を迫られるのか、次から次へと人生は面倒くさいことばかりだと嘆きつつ、一応、CMOSのクリアなどしてみましたが、世間一般で言われているようにあまり意味はないですな。

でも、よくよく観察してみると、CPUファンは回ってるし、USBメモリのアクセスランプも点滅してみたりしているので、BIOSが機能していないというような雰囲気ではない。もしかしたら、DVIポートにグラフィックが出力されていないだけで、D-subには画面が入ってるんじゃないかなと思って、ケーブルを探し出し、それでモニタに繋いだところ、アップデート終わった的な画面が表示されていました。こういうのって普通はD-subとDVIの両方に同時出力されるものです。それがd-sub側だけしか出力されていないという、なんか酷いトラップですが、しかし、前に同じ経験をしたことがあったような気がします。ケーブルとモニタがあったからなんとかなったが、そうでなかったら燃えないゴミに捨てちゃってたかも。そして不思議なことに、2回目の起動以降は普通に両方出力されているという。

さて、BIOSの準備ができたので、さっそく物理的にCPU交換に入ります。久々にPCケース開けたら、埃まみれだったので、ベランダに出してからエアダスターで吹き飛ばしつつ作業を行なう。

core i5をはめたところです。

中古とはいえ、付属CPUファンも付いてました。CPUファン、i3で使ってたので、一見同じ物ですが、アンペアが違うようです。

左がi5、右がi3のCPUファン、どっちでもいいとは思いますが、一応、i5付属のFANにしておく。

あとは、ケーブル等を元通り挿し直して、起動すればそれで終了・・・のはずだったのですが、ここからいろいろと面倒なことが。Windows7の場合、シングルコアとマルチコアのCPU交換ではOSの再インストールが必要であるが、マルチコア→マルチコアであれば、その必要はない、という話だったのですが、さすがにSandy BridgeからIvy Bridgeへの移行なので、インテルのサイトを探してグラフィックドライバを当てなおしたりと、ちょっとばかり手間がかかりました。しかも、グラフィック周りを何かいじると、DVIの方に画面の出力がいかない現象が発生し、その度にd-sub側のモニタに切り替えるという、二重に面倒なことに。原因がよくわからないが、BIOS変更時から発生しているので、酷いようならちょっとだけBIOSのバージョンを戻すなどしてみようかと考え中。

いずれにしても、マルチコア同士のCPU差し替えとはいえ、OSに全く影響がでないというわけではなさそうです。システムのマルチコア関連と思われるdllファイルに、たまにエラーが出るものがあります。やはり最大のパフォーマンスを発揮させるには、OSのクリーンインストールが必要なんだろうと思いました。各アプリケーションのアクチベーションにも影響するかもしれません。今後の推移を見守りつつ、2017年を目処にクリーンインストールを決行し、そしてWin7のサポートが終了する2020年まで使いたいかと思っています。あぁ、2020年とか、自分はまだ生きてるんだろうか。意外と面倒だったCPUのアップグレードですが、結果的にどのくらい良くなったかというと、通常のオペレーションでは、処理速度の向上を体感することはできません。何しろcore i3の時既にサクサク動いていたもので。動画編集はちょっと快適になった気がします。エンコードの時間はまだ実行していないのでわかりません。youtubeの4K動画はカクつかずにヌルヌル動くようになりました。たぶん、CPUの処理速度とかじゃなくて、ivy bridge世代のグラフィック周りの能力なのでしょう。モニタが4Kじゃないですけど、でも4Kで再生するとすごく綺麗に見えます。

| 家電・パソコン | 02:07 AM | comments (0) | trackback (0) |
最近導入したデバイス
Creative USBオーディオ Sound Blaster Play! SB-PLAY
Sound Blaster Play! SB-PLAY
USB接続のサウンドデバイスです。鳥越氏との収録の際、私はノートパソコンを使ってスカイプに接続しているのですが、私の音声のノイズが酷いということで、パソコン本体の外側に音源を付けてみることに。こちらにステレオイヤホンとマイクを付けて収録していますが、無事ノイズは消えたようです。

LOGICOOL HDプロ ウェブカム C920
LOGICOOL HDプロ ウェブカム C920
私のカメラの画質が低く、せっかくの樹脂などの材料がよく映らないということで、鳥越氏がヤフオクで見つけてくれました。おかげで、フルHDの収録が可能となりました。現行の機種のc920rは、レンズの質が落ちるということで、旧モデルを探してくれました。なお、写真の状態は、100均で買ったミニ三脚が付いています。これで卓上の画材を捕らえているわけです。

KORG USB MIDIキーボード microKEY-61 マイクロキー 61鍵
KORG USB MIDIキーボード microKEY-61
ピアノ譜面入力が最近の趣味というか、気晴らしになっているのですが、マウスでポチポチと打つだけでは飽き足らず、MIDIキーボードでもやってみたいなと思って買いました。MicroKEYという名のとおり、通常のキーボードより鍵盤のサイズが小さめで、演奏には向きません。あくまで入力用です。ピアノ譜の入力がメインなので、鍵盤が多くないと不便というわけで、これにしてみました。非常にシンプルな製品で、なんとUSBからの電源だけで動きます。ヤフオクで中古を落札したのですが、新品で買うと十数万円相当のソフトウェアをダウンロードして使えるそうです。中古はそのライセンスが無くなっている場合が多いのですが、主に高級シンセサイザ音源などのソフトなので、ピアノ譜を入力するだけの私には無用かな、と思いまして。実際使ってみると、楽譜制作ソフトの場合は、音符などをマウスで選んでからMIDIキーボードで入力という感じになりがちで、もしかしたら効率はよくないかもしれないのですが、楽譜に対する精通度を高めたいと思っているので、効率とかはわりとどうでもよく、楽譜制作ソフトとMIDIキーボードで遊びながら慣れていこうと思っています。ちなみに、私はピアノを習ったことはないのですが、学生時代に大学の講堂にあったピアノをひたすら弾いていたことがありました。おかげで学業は疎かになりましたが、しかし、あのグランドピアノ、ものすごくいい音だったので、相当な値段のするものだったと思います。

| 家電・パソコン | 09:40 PM | comments (0) | trackback (0) |
車検を済ませる
ラクティス

3年前に購入したラクティスの1回目の車検でした。自賠責保険や重量税など合せて13万円弱ほどかかりました。24ヶ月点検パックを薦められ、無理に断るほどのこともないなと思って申し込だ為に割高になってしまいました。金かけるほどの車でもないのですが、まぁ、かつてベンツ使ってたころは1回の点検だけでこれくらい吹っ飛んでいたので、それに比べれば経済的と言えるでしょう。それより重量税ってなんだよ、何回税金取るんだよ、と言いたいです。

ラクティスはついに販売終了したらしく、TOYOTAのホームページからも消えました。後継車は1.0Lエンジンの2BOXトールワゴンになるそうです。1.5L以下の車なんて怖くて乗れないぞ、と3年前は思ってたんですが、今になってみると、1.0リッターで充分かもしれないと思わないでも無いです。う~ん、どうなんだろう。ラクティスとよく似た日産のノートも1.2Lエンジンというだけで敬遠していたのですが。パソコンのCPUもceleronで充分であり消費電力も少なくて経済的みたいな流れになっているので、時代がそんな感じなのでしょう。

しかしながら1.5Lのラクティスは個人的には気に入っております。何しろ大人4人乗せても、山奥の急な山道を余裕で登っていくし、年に数回大雪が降る日があるのですが、スタックしたこともないし、大雪の国道をガンガン跳ばして走ることができます(これは止めた方がいいですけど)、これはまぁ、コンパクトカーに1.5Lエンジンなので多少余裕があるのと、タイヤが大きいから(16インチホイール)なんでしょう。普通のコンパクトカーのスポーツモデルっぽいところがあります。他のコンパクトカーと比べて割高だったのが人気出なかった理由かと思いますが、1.5Lモデルで比較するとむしろ安かったのですが、まぁ、そんなことほとんど人は気にしないか。。

あと、同クラスのコンパクトカートくらべると、室内がものすごく広く感じます。デカい車に乗っている気分になります。天上が高いから、なんでしょうけれども、初代ラクティスよりは若干全高を低くしてあるので、高速道路を走った際の安定度なども、そんなに悪くありません。視線がちょっと高くなる為、大雨の夜なども、道路状況がよく見えて、悪天候下での運転しやすい。最近はフォグランプ点灯する人が多くて、雨の夜の道路が反射光でごちゃごちゃしてしまうのですが、ちょっと視線が高くなるとそれも緩和されます。

欠点はタイヤが高いという点でしょうか。タイヤだけはベンツの時と変わらない金額です。でもまぁ、特に大きな故障などなければ、12年は乗りたいところです。で、次に買うことがあれば、リッターカーでいいかな、と。

| 家電・パソコン | 01:21 PM | comments (2) | trackback (0) |
LEDシーリングライト パナソニックHH-CA1211A を購入
夜中に制作していて、うまく描けたような気がしていても、昼の光の中で見ると全然描き込みが足りなかったな、と反省すること多々あり、というかやはり制作には明るい照明は必須といえるので、最近は室内照明もLEDに替わって明るくなっていることだし、新しい照明を買ってみました。ちなみに自室は二間×三間の約12畳のやや細長い形状。
置換前の状態がこれ。
LEDシーリングライト
6畳の和室二部屋を繋げて12畳の洋室にリフォームした為、その名残で天上に照明が2つぶら下がっています。6畳用の照明が2つなので、普通なら充分ですが、これの片方をLEDシーリングライトに更新したいかな、と。明るさを求めていたので、余裕をもって12畳まで対応を謳っている照明を買いました。

購入した照明はパナソニックのHH-CA1211A。10,700円でした。
LEDシーリングライト
何の飾りも無いシンプルな製品で、たぶん電気店などでは展示してないと思います。12畳対応ということで、それなりの大きさはあるかと思っていましたが、予想よりずっと小さかった。

さっそく取り替えてみました。
LEDシーリングライト
非常にすっきりしました。なんか、気分がいいです。置換前よりはずっと明るくなりました。物がよく見えます。

LEDになって青白い光になると困ると思っていたのですが、ちゃんと色調が調整できます。
LEDシーリングライト
青白い光で絵を描くと、自然光で黄色く見えてしまったりしますが、そういうことも防止できるでしょう。制作しないときは光量を調整して居心地良い暗さにできます。

| 家電・パソコン | 02:26 AM | comments (0) | trackback (0) |
ヘッドフォン購入 SONY MDR-ZX110-W
最近2つほどヘッドフォンを買った話を書きましたが、また買いました。

高級ヘッドフォンみたいなあまりにも素晴らしい音質が苦手で、3000円前後の安めのヘッドフォンを愛用して生きてきたのですが、最近の機種はそんな価格帯でもしっかりと音漏れしないようにうまく作られているようです。それはたぶん良いことだと思うのですが、基本的に自室でしか使わないので、遮音性にはそれほどメリットはないのですけれども、遮音性が高いと閉塞感みたいなものを感じてしまい、息苦しくなってくることに気が付きました。音の善し悪しじゃなくて、ヘッドフォンを装着した瞬間に外界と切り離されて、なんかリラックスできない。まぁ、普通は逆にリラックスできるのかもしれませんが、私の場合は、気になり出すと着けた瞬間にそんな気分になってしまう。というわけで、思い切ってもっと低価格帯の製品に移行してみようかなと思って、SonyのMDR-ZX110を買ってみました。

SONY MDR-ZX110-W
MDR-ZX110

ヨドバシで1340円。もうちょっとだけ高くて音質の良いMDR-ZX310と迷いましたが、安いMDR-ZX110の方が盛大に音漏れするということで、こっちに。早速使ってみましたが、これは素晴らしい。音は漏れ放題。重低音とか強調もまるでなく、中高音も特に高い解像度ではない。しかし、とにかく疲れません。長時間聴いていても疲れの来ないこの適度な安っぽさ。全ての角を取り除いたようなまろやかさ。しばらくはこのヘッドフォンで過ごそうかと思います。

| 家電・パソコン | 03:58 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: