ロッキード・マーチンF-35Aのプラモデルを作ってみる#1
老朽化した空自のF-4EJ改の後継として42機導入される予定となっているF-35A、なんと三菱重工で国内生産された機体が既に完成した模様です。
■F35国内生産初号機公開、技術基盤の向上が課題
http://www.sankei.com/politics/news/170605/plt1706050042-n1.html

しかし、上記の記事によると、F-15Jのときのようなライセンス生産では無くて、最終的な組み立てだけに留まるようです。しかし、アジアのF-35整備の拠点になるような報道もあったので、ここまで来たら、おそらく初期型F-15J、100機も代替することになるのでしょう。2、3年前までは、もう永久に完成しないんじゃないだろうかと思っていたのですが。空軍機と海軍機を同じ機首で開発するだけでも失敗のリスクが高いのに海兵隊で使うような垂直離着陸機まで一緒の機体で作ろうというのだから、これは失敗作になるだろうと思っていました。むしろユーロファイターの方がいいのでは、という風潮だったような時期さえあったのですが。しかし、そのユーロファイターはむしろ開発が滞って、対地攻撃もろくに出来ず、レーダーも旧式、さらに機体の欠陥の為に寿命が大幅減という具合になっていると、やはりよく考えて機種選定されているんでしょうね。

というわけで、日本人としてこの機体について知っておかねばならないでしょう。機体の形状や装備品などについて理解を深めるには、立体模型を作ってみるというのは、なかなか効果的なものがあるといえるでしょう。という理由をつけたうえで買ってみました。
F-35
田宮模型の商品ですが、イタリアメーカーが作ったものをパッケージングして販売しているようです。F-35はヨーロッパだとイタリアでも製造してるみたいなので、その辺で絡みが多いのか。

中のパーツはこんな感じで最近のプラモデルの中ではシンプルな方かと思われます。
F-35
特に本体はほとんど2つのパーツで成ってるみたいです。イタリア製なんですか。これくらいのシンプルさだと丁度いいすっね。見たところ、エンジンの形状とかも、しっかり再現されている模様です。これは楽しみです。装備品もしっかり付属しているものがよろしいかと思います。

しかしそれにしても、プラモデルをじっくり作っている時間はありません、ふつうは。
でも、パパッと組み立てるくらいの時間はけっこうあるものです。最低限の塗装を施して、パパッと組み立てる。最小の手間で、そこそこなんとか見栄えのするものを完成させる、という具合でいきたいと思います。一色だけ本体色のスプレーを購入しました。これでバーっと塗って、そして部分的につや消し黒を使って塗装は終りにしたいと思います。

今回は以下の塗料だけ用意しました。他には手を出さないということでいきたいと思います。
F-35

趣旨としては、機体についてよく知る為、という目的で、あまり時間はかけずに、しかし、楽しみながら作って、完成度はまぁ、あまり気にしすぎずに、でもそこそこいい感じで、というのを広めていきたいと考えています。こんなことを書きつつも、このあと放置してしまうかもしれませんが、続報にご期待ください。

| 日曜大工 | 06:00 PM | comments (0) | trackback (0) |
収納について考えつつ新たな本棚を作る
画材やら書籍やらをしっかり収納してしまうと、その存在を忘れてしまって、活用しないまま終わってしまうという状況に陥ったりしますが、私の場合はとくに性格上悩ましい問題な気がします。既に買っていた画材を忘れて同じ物を買うというのは、まぁ後で使えばいいだけですが、静物画用のモチーフなどに使おうと思ってヤフオクで買ったりした品々を忘却してしまうとか、これは絶対読まねばならぬと思って買った本をどっか部屋の奥底に置いたまま放置するとか、これらはなんとかせねばならない課題である。

画材とモチーフと書籍は目に見える場所に置いておかねばと考え直しました。それを実践すると部屋がごちゃごちゃして汚く見えるのですが、そんなことは気にしないことにしました。すっきりした部屋の方がストレスが少なくて、癌などの病気になる確率も減るという情報もありますが、よくわからない情報に左右されるのもどうかと思うし、常日ごとから部屋は期待無い状態なので、今更気にしても仕方あるまい。ともかく今猛烈に画材を消費したい、モチーフを活用したい、要するに絵を描きたいし、それから、本を読みたい。溜まった洋書も消化したい。と考えているのですが、それには見えるところに並べておくことが大事であると思った次第です。というわけで、クローゼットや押し入れの棚に入れたりせずに、壁に棚を張り巡らせて見えるところに並べておかねば。

例えば、以前自作した↓の棚にはこのように画材とモチーフと書籍が並んでいますが、
本棚
この本をどっかにやって、押し入れの奥底に入っていた画材やモチーフを並べておきたい。

というわけで、新たに本棚を作りたいのだが、もうどこにもスペースはない。しかし、探せばある!

まずは、ここ!
本棚

さっそく板を切る。
本棚

せっかくなので、最近、熱心に勉強しているコーパル樹脂を使ったニスを塗ってみる。
本棚
ニスの試用も兼ねるという一石二鳥の素晴らしさ。

さっさと据え付けてみる。
本棚
なんか微妙な出来映えだが、そういうことは気にしない方がいい。ちなみにニスは右側はカウリコーパルを、左側はマニラコーパルを塗ってみましたが、その違いには誰も気付かないであろう、なにしろ自分でもわからない。

本を並べてみた。
本棚
が、こうやってみると、二段ある本棚にしておかけばよかったような気がしないでもない。あんまり高いところにあっても手が届かなくて不便かと思ったのだが、デッドスペースができてしまったのはもったいないかもしれないし、見栄えもどうかなという。しかし、後で考えましょう。天上に近いので落下しても被害がすくないような軽い本、文庫本やソフトカバー本、漫画などを置くことにしましょう。それらが元あったスペースに、モチーフ類や、画材を並べるとしましょう。

| 日曜大工 | 06:52 PM | comments (0) | trackback (0) |
錆びた屋根にペンキを塗る
車庫の屋根、死角になっているので、もうかれこれ10年近くものあいだ見たことがなったのですが、だいぶ錆びていたことが判明したので、ペンキを塗ることにしました。もうボロボロの車庫なのですが、放置するわけにもいかないので、面倒だなと思いつつも、重い腰を上げて材料を買い集めてきました。母屋のペンキはちゃんと塗装職人に塗ってもらってたのですが、ここは自分で塗ってもいいかなぁというくらいの重要度なもので。。

サビの上からそのまま塗れるというトタン用塗料を買ってきました。
屋根塗装

実際にはひどいサビは、事前に落としておかねばならないようですが、その気力はなく。

一応説明書きに従って、錆びた箇所にぬっていきます。
屋根塗装

この状態は迷彩塗装みたいで格好いいかも。

それそれからローラーで全体を塗っていきました。
屋根塗装
キャンバスの地塗りなどいつもやっているので余裕だろうと思っていたのですが、何しろ面積が広いというわけで、雑な塗り方になってしまいました。あちこち塗り残しがありますが、とりあえずは錆を埋められればいいと思うので、これで完了ということにしました。

| 日曜大工 | 11:53 PM | comments (0) | trackback (0) |
壁に白セメントを塗る
自宅敷地の西側にこのようなブロック塀があるのですが、
白セメント
柵になっている部分が、風通しがよすぎて、冬に冷たい風が吹き、雪が吹き込んだりするので、塞ぎたいと思っているのですが、まぁ、単に白いボードでも置いておこうかと思っているだけですが、灰色のブロック部分が目立ちそうなので、白セメントを塗ることにしました。

白セメントです。本当は壁塗りようではないのですが。
白セメント

水と混ぜて、
白セメント

コンクリートブロックは吸水しそうなので、予め水をかけてから、セメントを塗り始めます。
白セメント
漆喰と違って塗りにくいです。

こんな感じにできました。
白セメント

数日経ったところです。
白セメント
午前中は、この壁に陽が当たるわけですが、とてもまぶしいくらいに輝いて、たいへん明るい雰囲気になりました。
できれば、全面をブロック積んで、真っ白い壁にしたいところですが、きりが無いのでこれでよしとしましょう。

| 日曜大工 | 07:31 AM | comments (0) | trackback (0) |
庭にレンガを敷く
昨年末頃に庭のモミジを伐採した話をしましたが(http://www.cad-red.com/blog/jpn/index.php?e=1156)、そこにレンガを敷くことにしました。

まずは、根っこを掘り出さないといけないのですが、これが大変な作業です。
焼きレンガ

何日もかけてちょっとずつ掘って、どうにか根を取り出すことができました。
焼きレンガ
処分するのもまた大変したが。。

当然、かなり大きな穴ができましたが、とりあえず土を埋め戻し、しばらく踏み歩くなどして固くなるのを待っていました。
焼きレンガ

木が無くなったことで、庭に段差が生じていたので、焼きレンガを積んで壁を作ることに。
焼きレンガ
コンクリートで接着しようかと思ってましたが、1年ぐらいは様子を見て、この形でいいかなと思ったら、くっつけることにします。

ちなみに、レンガは、近所のホームセンターで売っていた焼きレンガです。
焼きレンガ
ものすごく不揃いで、一見汚いようにも見えますが、手作り風でよろしいんじゃないかと思います。形も色も揃ってると積み上げたとき、かえって安っぽく見えるというか、下手するとバカっぽく見えますからね。ちなみに1個137円。何個買ったか忘れましたが、その店にあった分全部買ってきました。

地面にも、せっせとレンガを並べてゆきます。
焼きレンガ

完成
焼きレンガ
ちょっと荒っぽい並べ方ですが、綺麗に並べるよりいいかな、と個人的に思ってまして。

| 日曜大工 | 07:14 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: