『スタートレック ネメシス』を観る。
ザ・ネクストジェネレーション(以下TNG)シリーズの劇場版『ネメシス S.T.X』を観る。
制作国:アメリカ
制作年:2002年

TNGの劇場版はいくつか製作されたが、個人的にはTVシリーズの方が観ていて楽しめる。劇場版は映像は立派だが、ストーリーがいまいちである。中にはちょっと面白いのものあったが(カーク旧艦長が出てくるやつとか)。しかし『ネメシス』は断然面白い。特に宇宙船VS宇宙船の戦闘シーンは目が離せない。戦闘シーンでこれだけ面白いSF映画というのは、最近観なかった気がする。宇宙戦艦ヤマト以来かも。ただ、ストーリィの方はやはりあまり練られていない感じだった。最後に唐突にデータが死んでしまったのは「なんじゃい」と思った。しかし、特典映像に収録されている削除シーンを観て納得した。あちこちで同じ感想が書かれているが、肝心なシーンをカットして公開したために、ストーリーを語る部分が弱くなったのである。ライカーとトロイの結婚式の後、ピカード艦長とデータが会話するシーンを削除してしまったのはやはり痛かった。これが抜けてしまった為に、メインキャラの一人であるデータの死が、ほとんど無意味になってしまった。もしこの部分が削除されていなかったら、最後のGood Bye...の一言で感動巨編になっていたに違いない。その他にも重要なシーンが削除されまくっており、もしこれらが抜けていなかったら、シナリオ的にも戦闘シーンの迫力に置いてもTNGの最後を飾るに相応しい作品になったであろうに。これを観ていて気が付いたのだが、実写版セーラームーンはこのようなシーンを大切にして丁寧に描いていったから、あそこまで感動作品になったのだな。特殊撮影技術なんかは、もう大した目新しさはないし、今後は映像とかキャストの魅力よりも、ストーリーテリングが重要になってくるのではないか、と思うのだが。



| 映画 | 10:10 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/102

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: