ラミー100%の布を買ってみた。
リネン(亜麻)、ヘンプ(大麻)、ジュート(黄麻)など麻と言われる布にはいろんな種類があるけれども、ラミー(苧麻)を買ったことがなかったので、どんな商品があるのかネット上をさらりとチェックしてまわったうえで、ヤフオクでラミー100%の生地を落札してみた。おそらく、これまでの人生の中で、ラミーの混ざった製品を買ったりなどはしてるんだろうけど、意識してラミーという布を買うのは初めてである。100%ラミーというのは実際、初めてなんだろうと思う。興味がなければほとんど気にしない事柄なので、どうだかはわからないが。

ラミー

今年の夏に苧麻という植物を探し回って、ようやく見付けて繊維を依って糸にしてみたりしたのだが、そのラミーであると思うと感慨深い。麻と言っても、リネンとジュートでは全然別物というぐらいに違うけど、ラミーとヘンプはどんなもんかというのが、ちょっと気になる点である。このラミーは真っ白いので、きちんと晒してあるんですかね。晒してなくて、亜麻色っぽいままの状態だったら、キャンバス用のリネンと似ていたかもしれません。製造工程などにより、織布の様相は異なるから、一商品だけ見ても何がわかるというものでもないけど、光沢感があるというような、よく言われるラミーの特徴は備わっているような気がする。麻であるから木綿ほど肌に馴染まないが、ヘンプよりは軟らかいという話であるけど、やはりそんな感じである。

日本では戦国時代以降に木綿が普及しはじめるまでは、苧麻か大麻が衣料などに使われる主たる繊維だったそうだけど、木綿に比べるとかなり着心地が悪かったようである。確かに麻100%の肌着だと、ちょっと肌に痛いし、冬は寒そうですな。今回買ったラミーは綺麗に晒されているようなので、けっこう軟らかいが、風通しがよくて防寒には向かないと思われる。苧麻から布を作るのは大変手間がかかるそうで、苧麻時代はそこそこ身分の者でも、限られた衣類で生活していたようである。ヘンプ100%の服なんかを地肌に着て実感してみたいところだけど、綿と混合の製品がほとんどで、100%になると選択肢が限られて気に入ったのが見つからない。先日購入したヘンプ・綿混合のTシャツは、やはりちょっとチクチクして、着心地はいまいちである。使っているうちに軟らかくなる可能性もあるが。

ちなみに、自宅に植えた苧麻は夏は↓のように生い茂っていたが、
カラムシ

今は↓このようになっている。
カラムシ

近所に大量にあった苧麻も、
カラムシ

まるで除草剤でも撒いたかのようである。
カラムシ

死んでいるように見えるが、多年草だから、春になるとまた芽が出てくるんだろう。
ちなみに亜麻は、寒い方が得意なのか、冬になっても元気である。

| 絵画材料 | 04:32 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1036

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: