超大作を描きたいと思う。
超大作と言えば真っ先に思いつくのが↓これ。


個人的には12~15号くらいのサイズの絵が好きなんだけど、今年は30号~100号ぐらいのサイズを描きたいと思って、せっせとパネルを用意したりしております。
パネル作り
パネル作り

100号というと、美術団体展等では標準的なサイズなので、特に大きいというほどのものでもないというか、学生時代は自分も150号あたりが普通だった気もするんですが、しかしF100号文化みたいなものにいまひとつ馴染むことができず、鑑賞側としてもF100号の絵をそれほど見たいとも思ったりしていないんですが、しかしベラスケスやルーベンス、ヴェネツィア派の大きめな作品を見ると、ちょっとやる気になったりしないでもないです。それはともかく、大きなサイズの地塗りをしようとすると、塗料の塗り方も効率よくやろうとするというか、無駄のないように作業を行なうようになって、わりといい影響があったような気がしないでもない。

| 絵画制作 | 12:56 AM | comments (2) | trackback (0) |
楽しみですねぇー。

経過も楽しみにしてます。
| 古吉  | EMAIL | URL | 2012/01/29 08:04 AM | tROgGjvQ |

どうも~。

1月はなかなか余裕がなかったのですが、今月は気合いを入れていきたいと思ってます。
| 松川 | EMAIL | URL | 2012/02/02 02:30 AM | ImxCWszM |











http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1057

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: