2013年度の庭に植える植物
自宅の庭を実験場として今年もいろいろ植えてみようと思います。
新たに苗などいくつか購入したので、それも含めて、現状をメモしておこうかと。

まずは、和紙の原料として知られるミツマタ。
ミツマタ
名前の由来通り、枝が三つに分岐している。
既にコウゾは何年か前に植え始めて、成長の速さと、挿し木等による増殖の容易さを実感して、確かに紙の原料向きだと感じたもので、せっかくなので、ミツマタも植えてみるかと。

バラも購入。
サマンサ
サマンサとラバグルート各1株。

宿根亜麻7本
亜麻

昨年、古吉弘先生より頂いたブドウの苗。
ブドウ
ブドウはすっかり葉が落ちて、冬の間は生きているのかどうか、全くわからない姿になるのですが、春になると芽が出てきてほっとします。

庭に植えていた、その他のブドウも全て若芽が出始めている。
ブドウ

タデアイ
タデアイ
昨年は、花が終わった後のタデアイを刈り取る時間がなかった為、そのまま放置していたのだけど、種が落ちていたようで、新たな芽がいっぱい生えていきている。

2年前に日本茜を数本植えていたのだけれど、春になったら、1本しか生えてこなかった。
アカネ
生き残った1本だけど、今年中に根を採取することにしよう。

ミモザ・アカシアは葉がすっかり落ちて枯れているように見える。
ミモザ
生きているのか死んでいるのかわからない。
大きくなったら、アラビアゴムっぽいものが採取できるか試したかったのだが。。

ウォードは、ものすごい勢いで成長している。
ウォード
昨年植えて、葉を取って染色など試していた個体であるが、冬の間に枯れてなくなるかと思っていたけど、雪が溶けたらまだそこにあって、春になったらびっくりするぐらいのスピードで茂ってきた。今年は冬も厳しく、春になっても寒い日が続いているが、英国の藍であるウォードにはかえって過ごしやすいのかもしれない。

| 家庭園芸 | 10:20 PM | comments (2) | trackback (0) |
元気そうでよかったです。
うちは満員電車状態に過密で、広い庭がうらやましいです。
| 古吉 弘 | EMAIL | URL | 2013/05/03 07:27 AM | agtAW3tk |

こんにちは。
立派な実が得られるまでは、ずいぶんかかりそうですが、どのように育つか楽しみにしております。
| 松川 宜弘 | EMAIL | URL | 2013/05/14 07:59 PM | BwNoQ5ys |











http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1130

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: