XOOPSを試す。
ブログを使って思ったが、タグの手打ちやオーサリングソフト使うより更新の手間がずっと少なくて済む。デザインなんかをやたら気にする人はかえって時間かかってるケースもあるが、普通は文章を書くことに集中できて、これは大変いいことだと思う。そして今はこんな駄文を書いているだけだが、ホームページそのものもこんな感じでコンテンツの作成を出来たらいいなと思うわけである。というより何より「テキストの執筆に集中したい」と熱烈に思う今日この頃なのである。ブログ使ったらいいじゃんと言われるかもしれないが、ブログはやはりホームページとは違う。時事的な話題や日記、ニュース等には適しているが、普遍的な内容のテキストを置く場所ではない。さらに閲覧者側の視点に立つと、ブログ慣れしていない人には使いづらいインターフェースだ。で、ブログ以外のツールをということで、最近急速に発展しつつあるCMSの導入を検討してみた。CMSって、Content Management Systemの略で、ホームページのコンテンツを編集・運営するためのツール。Web上で編集・更新・設定などの全てが管理できるのだが、ブログもCMSって言う人もいる。が、それはともかく試しにXOOPSなるものをロリポップにインストールしてみた。インストールは実に簡単だが設定はめちゃめちゃ大変だった。いや実は、何がなんだかさっぱりわからん。少なくとも入門書と専門書の2冊は買わんと使えそうにない。コンテンツ作成や掲示板の設置とか、そういうのはモジュールをインストールして実装していくのだが、有名無名の無数のモジュールが出回っていて、その中から使いやすいもの、評判の良いものを選ぶわけだが、大まかな全体像を把握するだけでも大変そうだ。いや、そういうのが楽しい人にはいいのだが、一刻も早くコンテンツの執筆に集中したい自分にとっては、そのような余裕はない。それに今になって気付いたが、そもそもXOOPSはコミュニケーションサイトとか、ポータルサイトを構築のためのツールで、私の画材に関するテキストを置くようなサイトを作るのに向いているものではなかったかもしれない。でも、XOOPSで作ったサイトでもホームページ的なものもある。例えば、仙台カフェとかワールドビジネスセンター株式会社とか、これらはけっこうイケてる。それになんと言っても、国立国会図書館デジタルアーカイブポータルがパッと見、すごそうだ。しかしここまで作れるようになるには相当の鍛錬が要るだろうなあ。こんな世界があるのだと知ってたいへん勉強になったし、ちょっと詳しくなってみたい気もしたが、これにのめり込んではいけない、と理性が警告したので、XOOPSは却下することにした。あやうく入門書を注文するところだった。いや、でもXOOPS自体は素晴らしいです。
で、次に、自分の目的に合ったものとしては、wikiなんかどうだろうかと思ったわけである。wikiって、簡単にいうとwikipediaを見てもらえば想像が付くかと思うが。とりあえず、不特定多数の人や、複数の執筆者で編集する予定はないので、passwikiという一人用wikiが良さそうだと思った。たぶん、すごいピッタリだと思う。これから試すぞ。


| 家電・パソコン | 10:17 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/117

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: