肩が非常に痛い件
ここ数週間右肩が痛く、ときには激痛で眠れないということもあったりして、それでも我慢していたのですがいつまで経っても治らないから病院(整形外科)に行ってみたら、関節に石灰が溜まっているという話で、これは後で調べてみたら一般的によくあることらしいです。で、注射を打ちましょうと言われて、まぁそんなもんかと思ったのですが、問題の石灰の塊があるらしいところ、ようするに一番痛みの激しい場所目掛けて思いっきり打ち込むという注射でして、これほど痛い注射があるのだろうかというほどの痛みで、イタタタタと大声を出してしまいました。触っただけでも痛い関節の隙間の、確かになにか石灰っぽいというか軟骨っぽいものがあるような気がするところに、ブスッと針をさしこんで薬を注入するという、しかもけっこう時間かかるという、思い出しただけでも恐ろしい体験でした。元々痛みには鈍感な方なので、かなり我慢できるというか、時には感じなかったりするくらいなのですが、その自分が痛いというくらいですから、ものすごく痛かったのでしょう。一瞬気を失いかけました。診療室を出てから廊下のソファにぐったり倒れ込んだら、周りの人がちょっとびっくりしてました。さすがに注射しただけあって肩の痛みはすっかり治まりましたが、けっこう意気消沈してしまいました。この注射による痛み止めはどれくらい持続するのでしょうか。いやぁ、ここまで痛みが消えるって、薬ってすごいですが、ちょっと緩和されるくらいがちょうどいいような気もします。

| その他 | 01:56 AM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1228

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: