鳥越一穂氏の作品を預かっております。
鳥越氏が計画しているMediciという仕組みの運営テストに協力しているのですが、その仕組みを紹介しようと思ったのですが、ひとことで文章にしようと思うとちょっと大変だったので今は割愛しますが、ともかく、Mediciの仮メンバーになりましたので作品が届きました。鳥越氏考案の運搬ケースに入っております。



こちらが作品です。

トロンプ・ルイユ、いわゆる騙し絵となっております。素晴らしい小品です。特にラピスラズリの部分に気合いを感じますが、これは天然ウルトラマリンを使ったのか確認してみたいところです。
そして、Mediciの仕組みでは、2ヶ月毎に別の作品と交換する予定とのことです。

おそらくこの作品の制作風景と思われる動画がありました。



この作品のようなトロンプ・ルイユをすんなり理解するには、そこそこの美術的知識が必要かと思います。騙し絵というと、エッシャーの作品や、視覚トリックアートなどを思い浮かべる人が大半だと思いますが、西洋絵画にはそれとは違うトロンプ・ルイユというジャンルがあり、そのジャンルの作品に触れる機会がなかった人は、一瞬戸惑うかもしれません。このような本来の意味での騙し絵については、谷川渥(著)『図説 だまし絵 もうひとつの美術史』に目を通されると、その論法や歴史について理解できるので、みなさんも是非どうぞ。。

作品の裏側です。なんと、銅板に描かれております。

かつて宣教師が世界中に持ち歩いた絵画には、銅板に描かれた物が多く、銅と油彩の相性は特に良いらしいのですが、実際に描いてみると苦労するらしいです。私はまだ試してないので、実感がないですけれども。発送を繰り返す作品の支持体としては検証に値すると思います。このサイズでしっかりとした厚みのある銅板はそこそこの値段がすると思うのですが、今度聞いてみたいと思います。
地塗りの種類も明記されております。鉛白とローアンバーに展色剤はリンシードオイルとのこと。先日直接伺った話では、銅板に油絵具がのりずらいので、比較的ざらざらした地塗り材を予め塗布していたと聞いたような気がします。メモしたわけではないので、うろ覚えで申し訳ないのですが、マーブルダスト(大理石粉)が含まれる地塗り材だったとか。製品名も忘れました。しかし、この辺はきっとご本人がコメントしてくださるのではないかと思います。
改めて表面を見てみましょう。

なるほど、多少粒状感があるのは、その為かもしれません(大変申し訳ないですが、ちょっと斜光気味で撮りました)。銅板というと、平滑で正反射した表面を思い浮かべがちなのですが、この方が現代風の半光沢感があって好まれると言えるでしょう。現状は仮引き用ニスが引かれているだけなので、光沢に関してはまだご本人の理想が他にあるかもしれません。

これ以上好き勝手語っていると怒られるかもしれないので、さっそく飾ってみましょう。


| 絵画材料 | 08:24 AM | comments (3) | trackback (0) |
ご丁寧な紹介ありがとうございます。
漆喰壁でしょうか、すごくいい場所に飾って頂いてる様で(^^)

地塗りに関しては大理石粉入りのものを試しているのはごく最近で、この頃のものには入っていません。
地の凹凸は地塗りの塗布法によってできたもので、この作品はシャツを丸めてポンポン打ちながら塗る方法だったと思います。これが結構大変で、生地が油を吸ってしまうなどの弊害も考えられましたので、今ではローラーによる塗布に変更しています。
ある程度の凹凸は絵具の食いつきを良くしますがノビが悪くマチエールにもかなり響いて来るのでこの地塗りでも上から水道管を体重かけて転がして潰したりしてるはずです。
今は金属ローラーで潰したり、上からハケで均したりゴムベラで二度塗りしたりと色々試行錯誤しています。

銅板は1mm厚で、価格はこれで1400円くらいです。ヤフオク出品者から10cm角あたり320円で購入できます。

私としてはもっとツヤのある画面に仕上げたいところです。
戻って来る頃にはもうニスを塗っても良い頃合いだと思いますので厚めに塗布しようと思います。
| 鳥越 | EMAIL | URL | 2016/07/08 03:02 PM | 4Hykb33s |

なるほど、いろいろと試行錯誤されているのですね。
ヤフオクで検索したところ、(たぶん)該当すると思われる出品者さんを見つけたので、私も注文してみたいと思います。
無酸素銅とタフピッチ銅の銅板が出品されているようですが、違いはどんなものでしょう。一応、両方買ってみるつもりではいますが。
エッチング版画技法で使用して、使用後の銅板をさらに油彩画に使ってみることも考えています。
| まつかわ | EMAIL | URL | 2016/07/08 08:02 PM | gemXqc9k |

無酸素銅、タフピッチ銅、リン脱酸銅とありますが、加熱加工等が加えられる工業目的では正しく選択する必要があるようですけど、支持体として、特に感覚的な使用感では全く違いは分かりません。
最も純度の高い無酸素銅(純度99.96%以上)が良さそうにも見えますが、昔はさほどの純度も得られて居なかったハズにもかかわらずよく保存されていますので、高純度ほど支持体として優れているとも言い切れないと思います。
金具を直接溶接やハンダ付けする場合はタフピッチは避けたほうが良さそうですが、そうでもない限りどの銅板でも良いと思っています。
| 鳥越 | EMAIL | URL | 2016/07/12 01:37 PM | 4Hykb33s |











http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1266

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: