レビン/ガーディナーによるベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番がとても良い
ガーディナーのベートーヴェン交響曲全集を買って大変気に入っている件を以前書きましたが、その勢いで同ベートーヴェンのピアノ協奏曲のCDも買い集めてみました。

個人的な話ですが、”交響曲”というジャンルが昔から好きなのですが、”協奏曲”はそんなでもないかなという気がしています。協奏曲のうち、ヴァイオリン協奏曲には好きな曲がそれなりにたくさんありますが、ピアノ協奏曲というのが、どうもそれほど好みのタイプではないかな、と思います。もちろん、贔屓の曲はたくさんあるわけですが、ピアノ協奏曲というジャンル自体に、ささやかな疑問を疑問を感じるところはあるわけです。オケにピアノが混じると、ピアノが勝ちするぎるかな、という感じがしないでもないかなというか、例えば、交響曲のアンサンブル版などを聴くと、ピアノが混ざってると、どうもピアノのせいで調和を欠いているような気がするわけです。完全にピアノオンリーの編曲版とかになると、その場合はそういうのが全く気にならないのですが、小編成のオケにピアノが混じっているとどうも不自然と思ったりするのですが、しかしそんなことを言ったら怒られそうで、大きな声ではいえません。まぁ、聞き流してもらえればと思いますが、それはさておき、今回購入したCDは以下の3点です。

●ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番&第2番 レビン/ガーディナー/オルケストル・レボリュショネル・エ・ロマンティク
●ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番&第4番 レビン/ガーディナー/オルケストル・レボリュショネル・エ・ロマンティク
●ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番&合唱幻想曲 レビン/ガーディナー/オルケストル・レボリュショネル・エ・ロマンティク

私は貧乏臭くばら売りの中古CDを小まめに買ったのですが、ダウンロード販売でよければ比較的手頃といえなくもない価格の全集があるようです(↓)。
●Beethoven: Piano Concertos Nos.1-5; Symphony No. 2, Op. 36; Fantasy For Piano, Chorus And Orchestra, Op. 80; Choral Fantasy (two altern. improv. piano introd.); Rondo For Piano And Orchestra WoO6

一通りというか、しばらく繰り返し聴いてみたのですが、これらのCDの中で特に感銘を受けたのはピアノ協奏曲第4番です。この曲がこれほどまでに素晴らしいものだったとは、今まで気付かなかった不思議なくらいな良品です。特に第1楽章は、開始から終りまで何もかもが味わい深い名曲といえるでしょう。ベートーヴェンのピアノ協奏曲の代表格と言えば、第5番「皇帝」ですが、個人的にはあれはちょっと大味な感じがしてあまり好きではなかったのですが、それよりも少々地味な存在である第4番を愛聴するファンはどうやらけっこう多い模様であり、私もその仲間なのだと思います。第2楽章はどうも暗いというか謎すぎて不可解なのですが、そこが良いという人も多いようです。第3楽章はこの名曲にふさわしいフィナーレだと思います。しかし、なんと言っても、ほとんど全ては第1楽章に集約されているという感じで、ここ数日こればかり繰り返して聴いていました。

他の曲目についてですが、第5番「皇帝」もなかなか私の好みな演奏です。「皇帝」が苦手であるというのは既に書きましたが、それは大規模なオケで演奏するから大仰な感じがしたのかもしれず、ピリオド奏法の演奏を聴いても、颯爽としつつも立派であるという感じで非常に好感度の高い曲で、しかも第1楽章から終楽章まで隙が無く、まさにピアノ協奏曲を代表する曲としてふさわしい感じであります。第3番はとくにこれと言った感想は思い浮かびませんでした。第1番、第2番は実はこれまで聴いてこなかった曲なのですが、特に第1番はなかなかの曲であり、これを聴くきっかけになっただけでも良かったと思います。

| 音楽 | 09:27 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1268

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: