『エリュトゥラー海案内記』(中公文庫)読了
マスチックを初めとする天然樹脂について勉強中というのはこの前書いたばかりですが、マスチック(Pistacia lentiscus)やそれに近いテレビンノキ(Pistacia terebinthus)、旧約聖書をはじめとする古代世界の書物にも登場しているので、そういう箇所を確認しようかなと思ったわけですが、上記のふたつ以外にも、乳香、没薬など様々な樹脂が、すでに古代の書物に頻繁に出てきており、地中海の東方面から、アラビアにかけての樹脂文化はなかなか深いものがあると改めて感じました。
というわけで、読んでみたのが、『エリュトゥラー海案内記』(中公文庫)。著者の詳細は不明ですが、紀元1世紀頃にエジプトから紅海、ペルシャ湾、インド洋などを船で交易していた人物が書いたものと思われる書です。本文は冊子程度の文章量ですが、地名や交易品を解説する註が詳しく、文庫本1冊ほどになっています。当時はアウグストス以来エジプトもローマ帝国の版図になっていたため、紅海から出て、アラビアやインドへの航路があり、後の大航海時代みたいにインドまで交易に出かけていた様子がわかります。プリニウスにもインド産の品の話がたくさん出てきますし。そして、西洋絵画的に注目すべきは、やはり樹脂や鉱物、亜麻布、木綿などの繊維の取引についてですが、アラビアの樹脂の樹の重要性みたいなものをすごく感じました。繊維はやはり、亜麻はエジプトから輸出され、綿はインドから輸出されていますね。この翻訳の最初の出版は第二次大戦中だったようで、ずいぶん昔になりますが、読みづらくはありません。註の情報はその後の研究により古くなっているかもしれませんが。タイムリーなことに今年の4月に新訳が単行本化(『エリュトラー海案内記 1 』東洋文庫)されている模様。これは20年ほど前に東洋文化研究所紀要に載ったものの単行本化ではないかと思いますが、2巻構成になっており、註などさらに詳しくなっているかもしれません。しかし、この他にもいろいろ買いすぎて、予算的にしばらく買えそうにありませんので、知ってる人がいたらコメント頂ければと思います。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 12:07 AM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1278

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: