収納について考えつつ新たな本棚を作る
画材やら書籍やらをしっかり収納してしまうと、その存在を忘れてしまって、活用しないまま終わってしまうという状況に陥ったりしますが、私の場合はとくに性格上悩ましい問題な気がします。既に買っていた画材を忘れて同じ物を買うというのは、まぁ後で使えばいいだけですが、静物画用のモチーフなどに使おうと思ってヤフオクで買ったりした品々を忘却してしまうとか、これは絶対読まねばならぬと思って買った本をどっか部屋の奥底に置いたまま放置するとか、これらはなんとかせねばならない課題である。

画材とモチーフと書籍は目に見える場所に置いておかねばと考え直しました。それを実践すると部屋がごちゃごちゃして汚く見えるのですが、そんなことは気にしないことにしました。すっきりした部屋の方がストレスが少なくて、癌などの病気になる確率も減るという情報もありますが、よくわからない情報に左右されるのもどうかと思うし、常日ごとから部屋は期待無い状態なので、今更気にしても仕方あるまい。ともかく今猛烈に画材を消費したい、モチーフを活用したい、要するに絵を描きたいし、それから、本を読みたい。溜まった洋書も消化したい。と考えているのですが、それには見えるところに並べておくことが大事であると思った次第です。というわけで、クローゼットや押し入れの棚に入れたりせずに、壁に棚を張り巡らせて見えるところに並べておかねば。

例えば、以前自作した↓の棚にはこのように画材とモチーフと書籍が並んでいますが、
本棚
この本をどっかにやって、押し入れの奥底に入っていた画材やモチーフを並べておきたい。

というわけで、新たに本棚を作りたいのだが、もうどこにもスペースはない。しかし、探せばある!

まずは、ここ!
本棚

さっそく板を切る。
本棚

せっかくなので、最近、熱心に勉強しているコーパル樹脂を使ったニスを塗ってみる。
本棚
ニスの試用も兼ねるという一石二鳥の素晴らしさ。

さっさと据え付けてみる。
本棚
なんか微妙な出来映えだが、そういうことは気にしない方がいい。ちなみにニスは右側はカウリコーパルを、左側はマニラコーパルを塗ってみましたが、その違いには誰も気付かないであろう、なにしろ自分でもわからない。

本を並べてみた。
本棚
が、こうやってみると、二段ある本棚にしておかけばよかったような気がしないでもない。あんまり高いところにあっても手が届かなくて不便かと思ったのだが、デッドスペースができてしまったのはもったいないかもしれないし、見栄えもどうかなという。しかし、後で考えましょう。天上に近いので落下しても被害がすくないような軽い本、文庫本やソフトカバー本、漫画などを置くことにしましょう。それらが元あったスペースに、モチーフ類や、画材を並べるとしましょう。

| 日曜大工 | 06:52 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1311

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: