ファミコンミニ
ファミコンミニが話題になっているようですが、30本のゲームが収録されているものの、収録タイトルが微妙だったので、私なりに、もしタイトルを選べるとしたらどんなラインナップがいいのか考えてみました。30本考えるのは大変なので、8本だけ選んでみましたが、これらが収録さていれば、一生これだけでも不満はないだろうと思います。動画も拾ってみたのでよかったらご覧ください。

■ロードランナー

これはファミコンの存在を知った頃に初めて目撃したゲームのひとつですが、かなりの衝撃を受けた憶えがあります。今になって考えると本来のロードランナーとはちょっとゲーム性が異なりますが、先の見えない洞窟感や、独特のBGMなど、わくわくする要素が詰まっていて逆に良かったと思います。

■マッピー

ゲームシステムから、キャラクタグラフィック、音楽まで、どこを取っても名作過ぎて、もはや芸術作品と言っても過言ではないでしょう。

■スペランカー

私は子供の頃、洞窟を探検するゲームがとても好きでした。そんな私がこのゲームを見たとき受けた衝撃はただ事ではなかった。洞窟探検系のゲームの中でも、いろんな意味で最高の知名度を誇るのは本作ということで異論はないと思います。タイトル画面の寂しげなBGMが好きでした。

■グーニーズ

昔、グーニーズという洞窟探検系映画があったのですが、それはそれは楽しい映画でした。最後の海賊船のシーンも美しかった。シンディ・ローパーの主題歌も良かったです。

■ファミコンウォーズ

現代兵器を使用したターン制ウォー・シミュレーションゲーム。私は今も昔もこの手のゲームが大好きなのだけれども、ファミコンではこれが最高傑作。これがあれば一生遊べると言っても過言ではありません。

■コズミックウォーズ

こちらは宇宙を舞台にしたウォー・シミュレーションゲーム。宇宙艦隊を配置して宇宙戦争するという、ゲームでしか味わえないような魅力的なジャンルですが、ファミコンに限れば、最高峰は本作でしょう。ファミコン期にしては超大作の部類に入ると思いますが、あまり話題ならないの残念です。

■上海II

同じ絵柄の麻雀パイを取るだけというシンプルなパズルゲーム。家庭用ゲーム機に移植された数ある上海の中でも良く出来ている部類だと思います。これ一本あれば延々と遊べそう。

■ゼルダの伝説

これはファミコンミニにも収録されていましたが、やはり外せません。最初にタイトル画面の音楽を聴いたときはシビれたものです。その後、SFCや64のゼルダもちょっとはやってみたのですが、最後までプレイしたのは本作だけです。ボリューム的にはこのくらいが丁度いいです。

| ゲーム | 12:52 AM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1313

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: