『クイーン・オブ・エジプト』を観る。
原題は『Solomon and Sheba』だが、その邦題が何故か「クイーン・オブ・エジプト」なってしまったのかは謎である。DVDの内容説明もすごい。「世界がひれ伏した美しきエジプトの女王シバの謎を描く、ハル・ベリー主演の歴史スペクタクル。 シバ王の妃・ニカウルはアラブ全土に領土を拡大しつつあるエルサレムからシバの地を守るため、エルサレムのソロモン王の下に、男装で単身乗り込んでいく」とあるが、エジプトの女王ではないし、シバは国の名前で女王の名前ではないし、世界もひれ伏してないし、単身で乗り込んでもいない。でも、ソロモンとかシバとかいうタイトルよりも「クイーン・オブ・エジプト」の方が営業成績は良くなりそうな気はするので、意図的にやっているのだろうか。あるいは単に勘違いしたのか、「ソロモンとシバの女王」という邦題の映画が過去にあるのでそれを避けたのか。いずれにせよ『ファイナル・エンペラー~悲劇の皇帝』に匹敵する意味不明邦題である。ま、日本では話題になりそうにないマイナー歴史物が日本語音声や字幕がついて、DVD観れるのだから良いとしよう。映画自体は面白いし。ストーリィのほとんどはフィクションだと思うけど、多少歴史に詳しいか、旧約聖書を読んでいたりする人には、楽しめる小ネタのようなものが散りばめられている。映像がショボいという意見もあるが、迫力のある戦闘シーンなんかを期待する映画ではないと思う。そういう面も含めて、『ファイナル・エンペラー~悲劇の皇帝』と共通する良さと同じく共通する問題点があると思った。いや、今にして重うと、『ファイナル・エンペラー』の方は、DVD発売にこぎ着けるための苦肉の策だったのかもしれない。正しいタイトルで企画したら、とてもじゃないけど予算がでなそうな気もするし。


| 映画 | 09:43 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/138

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: