最近、入手した漫画本。
歴史系の漫画を多数入手。まずは横山光輝の『戦国獅子伝』全7巻。これは春秋戦国時代の中国が舞台だが、歴史の流れなどはさほど関係なく、主人公の放浪を描いている漫画のようだ。1巻しかみてないからまだわからんけど、『史記』や『項羽と劉邦』のようなものを期待していたので少し肩すかしだった。ただし、漫画自体の一般的な評価は決して低いなどということはない。続いて池田理代子『聖徳太子』全5巻及び山岸凉子『日出処の天子』全7巻。両方とも聖徳太子の生涯を描いた漫画だが、池田理代子の方は比較的オーソドックスな聖徳太子像であり、山岸凉子の作品は劇的で面白さで勝るという。とりあえず池田理代子版を読んでみたが、これも悪くないし、山岸版が楽しみであるが、それを読む間もなく池田理代子『エロイカ』全12巻、同じく池田理代子『女帝エカテリーナ』全3巻も入手という具合に続々と小包が届く。ヤバイよヤバイよ古書店になっちゃいそうだよと思いつつ、蒲生総(著)『ガーター騎士団』第1~2巻、及びその続編とも言える『リチャード二世』を購入。珍しく新品を購入。3巻以上ある場合は古書を探すのがお得だが、2~3冊程度ならAmazonで新品を買っているわけですよ、ネットの古書店もいいが、送料と振込手数料払うと新書と大した差がない場合があるので、せめて冊数が少ないときくらい作者に印税分の収入が入りそうな方法で買うのが良心というものだろう。『ガーター騎士団』は中世イギリスが舞台で、絵柄やセリフは漫画チックだが、話の骨子や登場人物は史実から取材している。と、数ページしか読まずに書くのもなんだが、しかしまだこれで終わりではない。藤本ひとみ/森川くみ『ブルボンの封印』全3巻を入手してみたものの、まだ中を確認していないので、歴史を題材にしているかどうかはわからない。皇なつき『李朝・暗行記』は朝鮮が題材で、これは今までこういうのは読んだことがないから楽しみである。山岸凉子(著)『イシス』はエジプトもの。というわけで、1日に平均2個ほど小包が届いているため、こんなに金使って大丈夫なのか?と思ったりするが、状態のあまりよくない古書をまとめ買いしているので、さほど金はかかってなかったりする。ただし最近は意識して文庫版の方を入手することにしている。置き場所がないから、小さいに越したことはない。というわけで、このエントリーは単なる私的なメモでありました。


| 書籍・雑誌・漫画・アニメ::マンガ・アニメ | 11:03 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/141

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: