オリーブを収穫
数年前から育てているオリーブですが今年は随分実がなりました。
オリーブ
↑は9月に撮った写真です。

で、ふと気が付いたら、実が萎び始めていたので、急いで収穫しました。
オリーブ
なんというか、いろいろ心配事も多くてオリーブ収穫しようなんて思ったりしなうちに干からび始めてしまうとは。まぁ、たぶん水をやってなかったからかと思いますが。

というわけで、もぎ取って篭に入れましたが、今年はこのくらい採れました。
オリーブ
実がなるように違う品種を2本植えていたので、二つに分けているのですが、今となっては違いはよくわかりません。

もともとオリーブを植えた切っ掛けは、搾油してみたいという動機があったからですが、今はべつにそんなことどうでもいいなぁという気がしているのですが、当時はかなり気になっていたわけです。オリーブ油は乾性油ではありませんから、油彩画には使いませんが、植物から油を採るという工程自体に興味があって。普通種子から絞るわけですが、オリーブは果実から搾油するのです。きっと種子からの搾油よりも、ずっと楽に油脂が手に入るに違いと。楽にそして大量に手に入ったのではないかと。そして、古代ギリシャ・ローマ文明の発達の原動力はオリーブから油脂を手に入れることができたからではないか、というオリーブ説を実証する為でもありました。というのは嘘ですが。でもよく栄養源としてそのような話がされることがありますが、油脂の用途は幅広く、工業などの生産性にも影響するんじゃなかろうかとも思うし、ギリシャとか農業に不向きそうなところに文明ができるってのはオリーブかブドウ(ワイン)があってこそかとも思うのですが、それはともかく、今回はまだ大した量でもないし、実を食べる方向で試してみたいと思います。

というわけであく抜きを試みる。
オリーブ
オリーブの実が非常に苦いので、苦いもの好きでもちょっと食えない感じなので、あく抜きせねばなりません。本で読んだところだと、苛性ソーダでのあく抜きを紹介していましたが、これはけっこう手に入り難いし、食べ物に使いたくないので、重曹を使うことにします。という件はネット上にもいっぱい書かれているので、詳しくはそちらをご参照ください。果たして、食べられるものになるだろうか。ちなみに重曹だとあく抜きに1ヶ月かかるそうです。

| 家庭園芸 | 11:14 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1422

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: