最近読んだ本:倉本一宏『壬申の乱』他
最近、なんだかやる気が出ないというか、無気力でどうしようもない感じなのですが、せめて本でも読んでおこうと思っていろいろ読んでます。

倉本一宏(著)『戦争の日本史2 壬申の乱』
私は日本史の中では、古墳時代から古代全般にかけてが好きです。応仁の乱について読んでるときより、壬申の乱について読んでるときの方がよっぽど楽しい。しかし、どの記述で読んでも、壬申の乱における大海人の吉野脱出から進軍経緯は奇跡のような連鎖なのだけれども、そもそも大海人が近江から吉野に出て行く時点で、一般的な史書の理由では説明が付かない的なところはあります。本書は本当の首謀者を鸕野讚良としており、草壁皇子を大王位に即かせる為とされている。しかし、本書を読んでいると、壬申の乱は大海人陣営の奇跡のような連携で勝利しているけれども、けっこう綱渡り的なところもあって、ただチャンスを待つのと、あのようなリスクを犯して行動に出るのと、どっちがいいのだろうか。私としては対外政策など、その他諸々の面で近江朝廷を刷新せねばならず、それには戦争しかなかったのではないか、というふうに思えるような気がする。事実、日本が大きく変わる転換点であったわけだし。
いずれにしても夢中になって読めて、現世の煩わしさを一時忘れることができました。

竹中亨(著)『ヴィルヘルム2世 ドイツ帝国と命運を共にした「国民皇帝」』
ヴィルヘルム2世の評伝であるが、これは第一次大戦発生の原因について考えるにもいい本かもしれません。第一次大戦がどうして発生したのか、というのは少々難しいわけですが。

アラン・エルランド=ブランダンブルグ(著)『大聖堂ものがたり:聖なる建築物をつくった人々 (「知の再発見」双書)』
大聖堂建築に関する本は山ほど読みましたが、どちらかというと建築の構造的な面(例えばロマネスクとゴシックの違いなど)とか、ステンドグラスの意匠、その他芸術的な側面に関するものが多かったのですが、本書はそういうのはほとんど語らず、発注者や建築家、材料の運搬や契約書といった面について書かれてありまして、これはこれで大変勉強になりました。

本郷和人(著)『壬申の乱と関ヶ原の戦い なぜ同じ場所で戦われたのか』
古代最大の内乱である壬申の乱の重要ポイントと、後の関ヶ原の戦いの決戦場がある位置が被っているわけですが、そこが日本の東西を分ける重要なポイントであり、実はふたつの日本がある、というようなダイナミックな序章があるのですが、けっこう期待して読み始めたところが、後半に行くにしたがって、普通に関ヶ原の戦いについて述べているような感じになってしまったのが残念です。

山本芳久(著)『トマス・アクィナス 理性と神秘』
中世美術についての動画を撮ったりなどしていましたが(https://youtu.be/ryiUc89Dikg?list=PLlnnJ9YY7hQj8hqLutRXy4sKgld5urCGJ)、テオフィルスをはじめとする技術的な本ばかり読んでいて、それ以外については勉強が足らなかったと思い、中世関連を乱読しているところです。なかなか進みませんが。
本書によれば「日本語訳で全四十五巻にも及ぶ『神学大全』は、彼の著作の七分の一程度にすぎない・・・とりわけ晩年のトマスは、現代の研究者が読む速度よりも速い速度で書いていた計算せざるをえないほどのアウトプットを残している。トマスの著作群は、西洋の偉大な哲学者たちのなかでも群を抜いて膨大であり、専門の研究者であっても、そのごく一部しか読んだことがないというの実情だ」とのことですが、これはすごい。なんというか目眩がするというか。しかし、アウトプット量よりも気になるのは、年代的にみておそらくは羊皮紙に書いたのであろうと思われるが、羊皮紙の値段も凄かったであろう。それだけの羊皮紙、手に入ったのは、フリードリヒⅡ世時代のイタリアだったからか。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 04:23 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1453

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: