最近読んだ本
饗庭孝男(編)『フランスの中心 ブルゴーニュ 歴史と文化』読了。ブルゴーニュ、というか、ブルゴーニュ公国といえば、なんと言っても、ヤン・ファン・アイクが仕えていたフィリップ善良公が美術愛好家では重要な登場人物かと思われますが、ネーデルラントとブルゴーニュとごっちゃになってしまったりいろいろ難しいところがあるわけですが、本書はかなり優しく書かれており、お薦めの本と言えます。マルク・ボーネ(著)『中世ヨーロッパの都市と国家―ブルゴーニュ公国時代のネーデルラント』も読んでみましたが、こちらは講演録であり中級以上向けというところはなきにしもあらず。

続けて佐藤賢一(著)『ヴァロワ朝 フランス王朝史2』読了。ブルゴーニュ公もヴァロワ系ですので、それと関連して話が進むわけで、同時に読むとより理解が深まるかと思います。こちらも、たいへん分かりやすく書かれているのですが、登場人物の名前が、ほとんどシャルル、ルイ、アンリの3パターンくらいで締められているので、記憶を整理するのは基本的に大変です。フランソワ1世は個性的で分かりやすいです。中世フランスの王族ベリー公ジャン1世も美術史的には大変重要な人物ですが、こちらに関しても

さらに続けて江村洋(著)『カール五世 ハプスブルク栄光の日々』も読みました。これはずっと前から読んでおかねばと思ってたのですが、文章も構成も非常に読みやすくて、もうこれを読まないというのは損という他ありません。ちなみに、神聖ローマ皇帝に関する本は中世の頃からのものをいろいろ読んではみましたが、他国の統治者に比べるとわりと真剣にヨーロッパの統治者としての自意識がある場合が多いのですが、それに比べてローマ教皇の方があまりにもあれすぎて本当にどうしようもない感じなんですが、まぁ、それはともかく、本書は歴史に関係あろうとなかろうとけっこう感動的な本なのでお薦めです。しかし、できれば、ティツィアーノやクラナハなどの記述がもうちょっとあればよかったです。クラナハは全く言及がなかったかもしれません。もっとも、余計なところをそぎ落としているから、わかりやすくなっているとも言えますが。


| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 12:46 AM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1463

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: