油絵具の白についての動画
油絵具の白について鳥越さんと二人で大いに解説する動画を作成しました。
まず、第1弾は油彩画の代表的な白である、シルバーホワイト、ジンクホワイト、チタニウムホワイトなどの違いについて語っています。

ホワイト、特に鉛白については語り出すとキリがないのですが、2年ほど前に一度収録してみたものの、あまりにも取り留めのない感じなってしまったので、公開はしないことにした経緯がありましたが、今回はホワイトの基本を優しく説明しようと申し合わせて撮ったものの、ちょっと難しくなったので、リテイクして現状のようになりました。

そして続いて第2弾

国内絵具メーカーの油彩用ホワイトの中身(組成)を検証します。鳥越さん制作の一覧表を眺めつつ、各社のホワイト絵具がどのような顔料、及び展色材を試用しているか確認します。ただし、国内メーカーの絵具はほとんど絵具名と組成が一緒で有り、たいへんわかりやすい状況となっております。名称通りということを確認するかのような動画となっております。

第3弾

海外絵具メーカーのホワイトの中身について、鳥越さんが一覧表を見ながら解説します。海外メーカーのホワイト絵具の名前はほぼ慣例名となっており、もはや顔料とは何の関係もない状況なので、こちらの一覧表はたいへん有用かと思われます。シルバーホワイトという名称自体が日本独特のものらしく、欧州ではフレークホワイトやクレムニッツホワイトなどの名称が一般的なのですが、中身がなんであるかは全くわからないというか、ほとんど法則性もありません。また、今回の表も数年後には全く通用しなくなっているかもしれません。

もっとも、本ブログを閲覧の皆様方におかれましては、この辺の知識は既にお持ちの方も多々おられるかとは思いますが、本動画群はさらなる野望である、スタック法鉛白の製法についての動画の序章でもあり、この後にいろいろと続く予定なのですが、うまく続くかどうかはなかなか不安なところです。

| 絵画材料 | 10:57 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1471

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: