法人の解散
株式会社の代表取締役を10年程やっていたのですが、昨日臨時株主総会で解散を決議しました。小規模ですが仮にも株式会社なので1年ほどの間、取締役会と総会を繰り返して決議に至ったのですが、なかなか大変でしたが、最後の解散の臨時総会自体は4分で終わりました。まだ決議しただけで、これから登記して、決算して、公示して、清算作業に入るわけでまだ気を抜けませんが、いずれにしてもこれで正式に肩書きが無くなりました。プー太郎というわけではありませんが、半プーぐらいですかね。1人で継続できる業務はとりあえずは「松川デザイン事務所」という名称で個人事業として継続して、講師の仕事は来るものは出来るだけ断らずに続けたいと。

というわけで、ちょっと前から社会保険からは脱退して国民年金、国民健康保険に切替えたのですが、その他にもなんだか膨大な手続き等があって切りがない感じであり、その作業量がなんなんだろうという感じなのですが、この機にいろいろ整理したいことがあります。大手生命保険が高すぎるので県民共済へ移行してゆきたいとか思って県民共済に成人病的な特約申込みました。有効になるのは90日後らしいので、大手生命保険を解約できるのはその後になりますが。銀行との付合いも無くなるので、年会費の1万円のゴールドカードは解約、Amazonのクラシックカードにしたら年会費かからないし、ポイントがどんどん貯まるしで、これはだいぶお得であった。積立の投資信託もうまくタイミングを見計らって終了したいところです。しかし、そのような細かい金額のことは些細なことであって、法人解散によって決算業務や会議などが必要なくなるという時間的な損失の軽減が何よりも重要であります。いや、まだ残務は残っているし、そもそも何かどうも腑に落ちないというか、気になることが多々あるのである。何か見落としがあるような。まぁ、心配したところで何か変わるわけではないのだけれど。

| その他 | 11:04 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1481

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: