最近読んだ本:セッティス『ラオコーン 名声と様式』他
イグナチオ・デ・ロヨラ(著)『ある巡礼者の物語』読了
イエズス会創設者イグナチオ・デ・ロヨラの自叙伝、バロック芸術への影響という意味で読んでみたのだけれども、なかなか強烈な人物である。バロック美術についての本などで言及されることはあまりないと思うのだけれども、この人物がバロック芸術の発生に与えた影響は計り知れないものがあるとか、いろいろ考えたわけですが、それはおいておくとしても、けっこう面白いというか、興味深い生き方なので、一読の価値ありと言えるでしょう。

サルヴァトーレ・セッティス(著)『ラオコーン 名声と様式』読了
ここ最近ずっとルーベンスについていろいろ熱心に読んでいたのだけれども、ローマでの大理石像のデッサンはルーベンス作品の形成に言及せずにはおけない重要な要素ではありますが、特にラオコーン像の素描はよく知られるものですが、先日行ったルーベンス展で実物を見ることができたのでした。が、それはともかく、ラオコーン像というのは、ルーベンスに限らず、ルネサンス後期からバロックに与えた影響は計り知れず、という感じの像であり、もっと詳しくならねば、ということで、ちょっと値段の高い本ですが、買って読んでみました。払った金額を大きく上回る勉強ができました。

ヴルフ・コーノルト(著)『大作曲家 モンテヴェルディ』読了
こちらもルーベンス繋がりで。何しろマントヴァ公国で、同時期にゴンザーガ家に仕えていたわけで。しかし、私は音楽も好きなので、たいへん楽しく読みました。大作曲家過ぎて近づきがたい気がしていましたが、急に身近に感じてしまうような内容でした。ところで、ある図書館が廃棄する本を一部貰ってきたのですが、その中の古い音楽史の本を見たら、モンティヴェルディの項目が無い。パーセルですら載っているのに。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 07:08 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1486

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: