羽田康一(著)『古代ギリシアのブロンズ彫刻 総合的推論のために』他
昨年末に法人を解散を決議し、すでに解散登記も済ませましたが、解散時の決算、そして清算作業という具合で残された仕事が多々あって、まだまだ気が抜けません。倒産とか、夜逃げとかじゃなくて、ふつうに解散するというわけで、最期まで放置せずに終わらせたいと思います。決算等だけでなくて、会社で使っていたいろいろなものを解約する作業も大変で、これまでも1年ぐらいかけてそぎ落としてはきたのですが、それでもまだまだたくさん残っているのです。どんだけやっても切りがないなぁという感じですが、たぶん、世の中にはこういうのは放置されて知らんぷりなケースが多いのでしょうが、私はなんとなくきっちりやりたいところです。で、金曜に地銀の銀行口座を解約しにいったのですが、普通口座ふたつに当座もあったので1時間くらいかかってしまうかなと思いつつ出かけたら、2時間かかりました。しかも夕方電話があって押印が1箇所欠けていたのでまた来て欲しいと言われてしまう。次ぎに何か事業をやるときは、ネットバンクのみでやろうと思いましたよ。地元の企業がピンチの時に助けてくれるならそれもいいのですが、ピンチのときは非常にドライなのであんまし意味ないのです。まぁ、いくら待たされても本を読んでいればいいわけですが。
下記を読了
羽田康一(著)『古代ギリシアのブロンズ彫刻 総合的推論のために』
資料的な本なので、後半は通読するのがちょっと辛かったのですが、序論はたいへん興味深いものでした。絵画に比べての彫刻に対する軽視と、彫刻の技術面と材料面の軽視について述べられていたところが印象的でした。なんというか、美術というと絵画中心に考えがちなところがあって、特に中高美術なんか、先生がそんな感じではないかと思いますが、それは教科書というのが、印刷物であり絵画が取扱いやすいというのと、まぁ、西洋美術界も絵画中心になってた時期もあるので仕方ないですが。
西洋や日本を問わず、画家の名前というのはけっこう何人も知っていると思いますが、彫刻家というのはあんまり知られていないように思います。大ざっぱに言うと一般的な認知度ではミケランジェロとロダンくらいしか知られていないのではないか。絵画だったら、ルーベンスから、マネモネゴッホゴーギャンピカソとか、いくらでも出てきそうですが。しかし、彫刻の世界に限ってもいろいろ無理解は多いかと思います。ギリシャ彫刻と言えば、ミロノビーナスと言った感じであり、それは中高の現代国語で必ず掲載されている文章の影響もよるかと思います。ちょっと詳しいとサモトラケのニケの方がいい、という風になりますが、ミロビーもニケも歴史的には最近発見されたものであり、美術への影響という点ではルネサンス期に発見されたものには比較にならない、という思いと、古典古代彫刻は大理石と思いがちですが、ギリシャ彫刻の最も重要なものはブロンズ彫刻であり、大理石の有名彫刻も実はブロンズ彫刻がオリジナルで、それのローマ時代のコピーが現在伝わっているのでな。なお、通常のギリシャ彫刻の本は、様式面に注目しており、技術面が疎か、という感じはやはり持っていたので、本書はなかなか読んで良かった感じです。そして、ちょっと古い本ですが、ピエール・ドマルニュ(著)『ギリシア美術の誕生』を読み始めました。
それと、池上英洋(著)『イタリア 24の都市の物語』読了
これは専門書ではなくて、一般向けの読みやすい本ですが、それでもまだまだ知らないことがいっぱい書かれてあって、自分まだ勉強不足だなと痛感するわけです。


| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 08:31 PM | comments (2) | trackback (0) |
池上英洋先生の著作は多数読んでおります。面識は無いのですが、共通する知人が多いようなのです。
| Bambook | EMAIL | URL | 2019/02/03 10:18 PM | 8BVQ49L2 |

Отзывы о гадалке Стелла, Отзывы о экстрасенсе Стелла, Предсказательница Стелла, Обряд на привлечение любви, Отзывы о целительнице Стелла, Колдунья Стелла, Гадалка Стелла, Снятие порчи, Целительница Стелла, Колдунья Стелла, Возврат любимого
| Davidhiews | EMAIL | URL | 2019/02/11 10:32 AM | GGPgN9qk |











http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1488

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: