最近聴いたCD
自家用車での通勤時間が長いのです。今年度は片道1時間が週2日、片道40分が2日となりました。というわけで、BOX CDを次々聴いていきたいと思っております。そして最近聴いたものについてコメントしておきたいと思います。

ワーグナー『ニュルンベルクのマイスタージンガー』クナッパーツブッシュ&バイロイト(1952 モノラル)CD4枚組
最近、専らワーグナーばかり聴いてしまう的なところがあるのですが、ちょっと今気に入っているのはニュルンベルクのマイスタージンガー。ギルドの親方というのにも憧れるところがありますが、まぁ、ハンスザックスはもう16世紀ぐらいの人で中世ではありませんが。しかし喜劇でCD4枚組というのもなんかすごいものがありますが、ふつうのCDだとこの辺はいいやと思う箇所がやはりありますが、クナッパーツブッシュはなんというか、どこをとっても飽きるとかそんなことはなく、どの箇所でもしみじみと味わい深い音作りであり、いつまでも聴いていたいと思うところがあります。

シューリヒトの芸術(ブルックナー:交響曲第3番、第8番、第9番)CD3枚組
シューリヒトが演奏する第3番を聴きたいと思って購入しました。最近になって、ブルックナーは3番が非常によく出来ているのではないか、という気がしてきておるのです。8、9番も聴いてみましたが、こちらはブルックナーファンには定番中の天板である名録音だったので、特に改めて言及することはなさそうなので、とりあえず第3番について述べると、第1楽章が妙にテンポが速くて軽い感じがして、これどうなのかなと心配になりますがすぐに慣れます。むしろこれがシューリヒトなのでしょう。逆に第4楽章のコーダは溜めに溜めて壮大な感じになっており気に入ってます。なお、この3枚組のCDが定価7020円で販売されていたらしいのですが、当時はそれでも買う人がいたというのは、90年代というのはまだなにかと商売がしやすかった時代なのでしょう。今では非常に安く手に入る時代になったけれども、何やってもなかなか儲からないというのを考えると、少し羨ましい気もするのだけれども、やはり安価に山ほどCD買える今の方が楽しいという気もする。

ブラームス:交響曲全集、管弦楽曲集、協奏曲集 コリン・デイヴィス&バイエルン放送交響楽団(5CD)
こちらは交響曲全集の他に、協奏曲なども収録されていて、しかも価格がリーズナブルであり、BOX CDとしてお薦めかと思ったけれども、ヴァイオリンとチェロの為の協奏曲は含まれていなかった。ブラームスの協奏曲中でこれが一番好きなのだが。で、いろいろ検索してみたが、交響曲+協奏曲のBOXでこのダブルコンチェルトが含まれているものが数が非常に限られている模様。別にセット買わなくてもいいのだが、何かこう、人にお勧めでるものがあったらいいなぁというのはあります。

ブラームス:交響曲&協奏曲全集 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団&ベルナルト・ハイティンク
こちらはAmazonプライムでストリーミング視聴できるのすが、CDは買わず、そっちで聴いたんですが、ヴァイオリンとチェロの為の協奏曲も含まれており、曲目としては完璧と言えるでしょう。ロイヤル・コンセルトヘボウの演奏に私がどうこういうようなものではないのですが、交響曲などは昔よく聴いていたウィーンフィルとのCDの方が良かったなぁと思ったのですが、そのCDも手元にもうないので記憶が美化されているだけかもしれません。やはりしかしウィーンフィルと比べると滑らかすぎるような気がしないでもないです。時にちょっと粗野なところもあって欲しいというところで、個人的な好みでいうと、あまり納得がゆかず、プライムで聴くに留めて、mp3は買わなかったです。

モンテヴェルディ:ポッペアの戴冠 全曲 ガーディナー
非常に良い演奏で、各種レビューでも高評価ですが、個人的に思うのは、その昔実際に演奏されたときは、何かこうもっと自由なアレンジみたいなものがあったのではなかろうか、という気がしないでもないです。本当にこうだったのだろうか、という気がするんですが、私如き素人がどうこういうにはまだまだ知識が足りませんが、しかしそれはおいておくとして、これはこれで非常に美しいCDです。

| 音楽 | 11:55 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1495

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: