『B.C.1177 古代グローバル文明の崩壊』他
エリック・H.クライン(著)『B.C.1177 古代グローバル文明の崩壊』読了
ミケーネ文明が何らかの理由で崩壊し、400年の暗黒時代を経て、そこから皆が知っているアテネやスパルタ等のポリスが登場する古代ギリシアが出現するわけれだけれども、本書はミケーネ文明の崩壊の原因に迫る、というものである。崩壊原因についての論は、あまりにも風呂敷を広げ過ぎた為か、ちょっと肩すかし的な読後感となってしまったけれど、しかし本書の魅力はそこではなくて、崩壊前の古代文明ネットワークの描写であろうと思う。今までは古代ギリシア史という視点でしかこの暗黒時代を見ていなかったのだけれども、ミケーネ文明だけではなくて、小アジアからシリア、エジプトはてはメソポタミアまで広範な文明崩壊や衰退が起こっていたということと、そして崩壊の直前までは、それらの文明が公益などを通して非常に活発な文明間のネットワークがあった、というのが熱烈に語られていて、そこがもうなんというか視野が広がった気がして勉強になりました。

手嶋兼輔(著)『ギリシア文明とはなにか』読了
こちらも上記と同じく、メソポタミア地方からエジプトなど含めた広い視点から、古代ギリシアを俯瞰できるというような本といえるでしょう。古代ギリシアについて語るとき、その後のヨーロッパ世界、引いては世界の文化の規範ともなる古典としての尊敬の念から、数ある古代文明の中でも頭一つ抜けた存在と無条件に考えて、読んだり語ったりなどしてしまいがちなわけですが、ちょっとその頭の硬さをほぐしてくれるというのか、なんというか、ある程度古代ギリシア関連の本を読んだら途中で一度読んでおくべきなかろうかと思われる一冊です。

太田静六(著)『世界帝国ローマの遺構』読了
半分以上が写真であり、本文の量はそれほどでもないが、しかし非常にわかりやすい。頭の中にスルッと入ってくる。文章量から言ってもそれほど詳細な解説ではないのだけれども、要所をうまくついてくるというか、肝心なところがスルッと自然に頭に入ってくるという、素晴らしい文章である。ただ、前半の素晴らしいまとまりに比べると、後半が少々寄せ集め的になってしまっているような気はしないでもない。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 11:01 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1505

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: