動画:近代デザインの歴史 ウィリアムモリス~バウハウス(前編)
今回はバウハウス創立100年に合せて近代デザイン史について語ってみました。かなり畑違いではありますが。



中世のクラフトマンシップから、産業革命、ジョン・ラスキン、ウィリアム・モリスとアーツ・アンド・クラフツ運動、アールヌーボー、バウハウスという具合に話が進みます。画材について話をするのとだいぶ違って、収録、編集共にずいぶん時間がかかってしまい、いったい何をやっているのだろうと気分になりましたが、個人的にはやはりウィリアム・モリスについて調べているときは楽しかったと言えるでしょう。もっと細部まで語りたいという気持ちもありましたが、話の流れが悪くなるので、最低限に留めました。限られた時間内で説明しているので、突っ込みどころは多いと思いますが、ご指摘等あればコメント頂ければ幸いです。

中世の工房として表示しているイラストは16世紀のものです。ギルドは地域によって長く残ったところと早々に存在感を無くしたところがあります。画家の工房に関してはブルース・コールの『ルネサンスの芸術家工房』が参考になります。ジョン・ラスキンとラファエル前派同盟の話はもっと広げて、ミレイやバーン・ジョーンズ他の人物を出したかったところですが、全体の流れが見えなくなってくるの省きました。なお、画像で出てくるモリスの妻ジェーン・バーデンは後にロセッティと愛人関係になりモリスを悩ませました。レッドハウスでの出来事は仲間達がまだ仲の良かった頃の楽しい思い出となります。

なお、この動画はまだ前編であり、後編も準備中です。20世紀の画家が多数登場するのですが、しかし編集に何かと時間がかかる素材な為、本当に日の目をみるのかどうかわからないくらい後になるかと思われます。

| その他 | 07:34 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1517

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: