イングリッシュオークを剪定
数年前に植えたイングリッシュオーク、だいぶ伸びてきました。
イングリッシュオーク

これ以上高くなるとメンテナンスが面倒なので、軽く芯止めをするような感じで剪定しようとておこうかと思いまして、ノコギリ付きの高枝鋏を買ってきました。
イングリッシュオーク

が、棒に付いたノコギリって使いづらいもので、慣れないと切るのは大変なもので、あまり格好良く切れたようには見えませんが、
イングリッシュオーク
まぁ、しかし、また枝葉が伸びれば自然な感じになってくれるでしょう。

そして剪定後の枝ですが、丁寧に小枝を削いでまとめておきました。
イングリッシュオーク

これを炭にして、燃料にしたり、黒顔料にしたり、灰にしてみたりなどして活用したいところです。西洋の手工芸ではオークは重要な素材でしたが、画用木炭にはどうなんだろうか、と考えてるんですが、小枝にも節が多すぎて、さらに樹皮が非常に厚そうで面倒そうだな、という見た目をしてます。

なお、webサイトの改装は、Wordpressのテーマの選定で考え込んでおります。

| 家庭園芸 | 09:41 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1525

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: