セネカの『人生の短さについて他二編』(中澤努訳)読了
ルーベンスの動画の続編を考えているのだけれども、いろいろと確認したいことがあり、いろんな本に目を通しているところですが、本日はセネカの『人生の短さについて他二編』(中澤努訳)を読む。学生の頃に岩波文庫の旧訳を読んだことはあったけれども、内容をほぼ忘却しているので、改めに読んでみました。ルーベンスはセネカを大変尊敬しており、作品にもたびたび登場していることでもありますし。内容に関しては実は微妙にあまり私の好みの説教ではないというところはあるのですが、しかしそれはともかく、ローマ時代の人がギリシアの哲学や文学について言及するところが今は興味深くなってしまって、そういうところに関心がいってしまうというところもありますが。本格的に古代ギリシアのオリジナルの文化への研究が深まるのは新古典主義以降であり、バロックあたりまでは西洋もローマ人経由でギリシアの文明を解釈しているところがあるわけで。そういう意味ではプリニウスとウィトルウィウスも改めて読み直したいところです。

ところで、最近プラトンを読んでいるのですが、なかなか止まらないくらい面白いです。学生時代にも多少は読んだはずなのですが、あまり印象に残っておらないので、それはたぶん素養が足りなかったのでしょう。古代ギリシア史の本をいくつも読んで、叙事詩も悲劇もそれなりに読んでから、改めてふとプラトンを読んでみたら、もう面白いのなんのって、ちょっとその感動はなかなか言い尽くせない。ルネサンス期の文化人が夢中になるようやく理解できるようになってきました。あるいは、比較的最近に訳されたもので読んでいるので、昔風の堅苦しさが抜けて、すんなり理解しやすくなっているというのもあるのかもしれませんが。

材料技法についての本も読まねばと思って、TateのJoyce Townsend (著)Pre-Raphaelite Painting Techniquesも読み始めたのですが、これはなかなかいい本です。買った時はあちこち拾い読みしただけで終わっていましたが、昨年はラファエル前派の展覧会も観たし、アーツアンドクラフツの話を鳥越さんにしているときにも前派はたくさん出てきたので、関心が高まっているところですが、でもこれまでは中世からルネサンス、バロックあたりの技法を追いかけ気味であって、それ以降がおろそかになってしまう、というのは技法を関心のある者の間ではよくあることですが、画材製造業者発展期にあたるこの時代の方がいろいろと面白いことが多いということもあるので、こちらも着々と読み進めてゆきたいところです。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 11:15 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1528

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: