ヘシオドス『仕事と日』
2008年のリーマンショックが舞台の映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』というのが好きで、ときどきDVDを見てたりするのですが、世界経済が大不況に陥りそうな昨今、なんとなくこの映画の終盤を思わせるような雰囲気になってきてるような気がしないでもないです。ちなみに映画の原題は”The Big Short”であり、巨大な空売りという意味で、住宅市場が崩壊する方に賭けたトレーダーの話ですが、邦題はなぜかマネー・ショートとなってしまっており、これだと資金ショートみたいに誤解されてしまいそうです。実際は私がまだ法人経営をしていた頃に資金不足に悩まされつつ過ごしていた頃、これは共感できそうな映画だなと思って借りて観たら全然違う内容だったという思い出がありまして。「華麗なる大逆転」という副題もついており、映画の紹介もサクセスストーリーと書かれてましたが、実際に観てみるとまるでそういう映画ではなかった。人々が職と家を失ってゆき、しかも金融界はほぼ罰せられなかったという話であったけれども、失業率と自殺者数はシンクロしていると言われるので、今回の肺炎騒動もきっと経済的な影響による死者の方が多くなるでありましょう。それはともかくとして映画の話ですが、登場人物達が常に罵り合いながら仕事してるというのが、なかなか新鮮に思えたものです。人間の営みというのはこんな感じでもいいのだろうという気もしないでもないです。それと音楽もなかなかハイセンスでサントラも買いました。個人的には筋金入りの糞野郎と日本料理店で話をしているシーンが一番気に入ってるのですが、そこで登場する中国人がなかなかスゴそうな感じがしたものですが、その後原作の邦訳まで読んだところ、ちょっとイメージが違っておりましたが、それはともかくとして、今も古典勉強に勤しんでいるわけですが、近頃読んだのはヘシオドスの『仕事と日』(松平千秋訳)岩波文庫を読みました。これは註が充実していてなかなか勉強になりました。しかし本文だけ読むと何がなんだかさっぱりわからない。詩の翻訳というのは難しいものである。ギリシアの古典と言えば松平訳と呉訳ですが、いろいろ読んでいて実は個人的にあまり相性が良くないというのに気がつきつつあり困っているところです。同じ年代でも久保訳などは読みやすいのですが。しかしやはりこれもまだ自分の勉強が足らないだけかもしれませんので引き続き精進したいと思います。

『新プラトン主義を学ぶ人のために』世界思想社(2014)というのを読んでいるのですが、中世の美術または中世全般を考えるうえでは新プラトン主義は欠かせない要素ではあるといえるわけで、もうちょっと詳しくならねばと前々から思っていましたが、やっと読み進められる環境が整ってきました。古代の新プラトン主義の哲学者達のところは読み終えたところですが、さらっと読み通してみたところとは言え、なかなか勉強になったというか、自分の不勉強さを実感したところです。これから中世以降に突入するので楽しみです。なお、本のなかでアレクサンドリアという映画が紹介されていたのですが、これはアレクサンドア派の先駆的な存在である人物を描いた映画ということで、そんなのがあったのかと思ってさっそく借りてきました。最近、アレキサンドリアという古代都市にも興味があったので、面白い映画であることを期待しているところです。新プラトン主義ではなくて、プラトンそのものについての解説本は未だにあえて目を通しておりません。未読の対話篇がいくつもあるので、余計な解説なしにそれを読んでからにしたい、という気持ちもあるわけですが、しかしやはり、なにがしかの導き手みたいな解説書もi要るよなと思って、いろいろ考えた末、ちくま学術文庫のニーチェ全集1を購入してみました。文庫本なのに二千円もしたのですが。第1巻は若き日のニーチェの古典に関する論文、主にプラトンに関するものが収録されているということで、そちらを手がかりにしてゆきたいと思ったのですが、実際に届いたものを見たら初っぱなから遠慮無く強烈でちょっとどうしようかと思いましたが、ちゃんと読めばきっと何かすごいことがあるのだろうと思います。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 11:23 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1535

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: