鶴岡真弓(著)『「装飾」の美術文明史 ヨーロッパ・ケルト、イスラームから日本へ』読了
ノートPCを薄型に買い換えて以来、スマートなビジネスバッグに換えて颯爽と歩きたいと考えておりまして、それから半年も経ってしまいましたが、イオンとかカインズを巡ってもいいものがなくて、Amazonで探して散々迷ったあげくに、560gという非常に軽いビジネスバッグを発見して、軽量という要素は大事であると考えて注文したのですが、届いてみたらネットの画像みたいなカッコいいものではなくスゴく安っぽくてガッカリしました。2500円をドブに捨ててしまいました。やはり見た目と軽さは両立しないか。
アイリスオーヤマのシュレッダーP3GM-Wというのを購入しました。これまで使っていた古いシュレッダーは、短冊状に切れるだけで、しかも短冊の太さが大学ノートの罫線くらの幅で裁断される為、文章が普通に読めてしまう代物だったのですが、しかし今回買ったのはかなり細かく切られるて、ほとんど粉みたいになってしまうほどであり、しかもけっこう安かったので文明の進化に関心してしまいました。素晴らしい。いい買い物をしました。
文化財保存修復学会の第41回大会は熊本会場で開催は中止となり、資料をUSBで送付し質問をメールで受け付けるという方式になったようですが、むしろ参加しやすくなったのでさっそく参加費を送金しました。

さて、リーグルの美術様式論を読みはじめて以来、装飾美術への関心が高まっておりまして、いろいろ買ったり読んだりしております。リーグルはなんだかんだでギリシアを中心としているところがありましたが、本日読了の鶴岡真弓(著)『「装飾」の美術文明史 ヨーロッパ・ケルト、イスラームから日本へ』はケルトからはじまり広い地域と文明で装飾を、特に西洋文明との繋がりで述べられており大変勉強になりました。どちらかという広く浅くという感じでありますが、さまざまの図書が紹介されており、まだ未読のものは読んでおかねばと思って、思わず何冊も注文して散財してしまいました。それにしても、今までならスルーしてしまったようなもので大変面白く感じるのは、一回リーグルを読んだからなのかと思います。リーグルは書かれたからだいぶ経つ本でですが、名著と言われるものは何かに関して惹きつけるような力みたいなものがあるのでしょう。ジャンルを美術に限っても多数の名著があるので、少なくとも暇をもてあますというようなことはないのかと思いますが。
それとリーグルを参考に登場する植物を次々植えておりますが、主にギリシア中心でしたが、もっと幅広く文様の大本になった植物をみてゆきたい気もするのですが、そうすると日本の装飾美術に限っても相当な数になりそうで難しいところです。例年は何かと心をかき乱す雑事に追われて、買った苗を放置して枯らしてしまったりとか、なんかかろうじて植えてあとは天候任せみたいな感じだったのですが、今回は外出自粛によりいつもより時間の余裕があったので植物の世話をする余裕もありました。普段はこうはいきませんが。しかし第二波とかは来ないでくれるといいのですが、どうしようもないものはそれに合わせて何か有効に活動するしかありません。一応秋に植えられるものについて選定しておこうかと。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 01:16 AM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1548

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: