ドナルド・キーン(著)『日本文学の歴史 古代・中世篇1』他読了
洋画専攻だったこともあり、西洋美術のものばかり読みがちになってしまいますが、現在は自分の知識の穴を埋めるがごとく、日本史と日本美術本を漁っておるところであります。そして最近読んだのは、ドナルド・キーン(著)『足利義政 日本美の発見』、日本美術やその他文学等の本が、どうも文語風に見えるような、読んでいた頭にすっと入ってこないようなものが多い、下手するとこれは漢文か?と思ってしまうようなところがあって、敬遠していたというところもあるのですが、ドナルド・キーンは英語圏出身という文化的背景か、あるいはたぶn英語で書いて日本語に翻訳しているという点においてなのか、非常に読みやすい文章となっている気がします。応仁の乱の説明となると普通は短い文章で試みても、一冊の書物にしてみても、どっちみち訳がわからないところありますが、しかし本書の説明分は簡略化しつつも、なかなか要点をついたサマリーになっているように思われます。というわけで、義政そして銀閣寺、東山文化というものについて説明しつつ、そこからさらには日本文化全体を考えさせられる、なかなか良い本だと思います。

もっとキーンの本を読まねば。と思ったのですが、その昔購入した『日本文学の歴史 古代・中世篇1』が放置されていたことに気がついて、部屋の中を探し回って埃まみれになっているのを発見し、読んでみましたが、これがとにかく素晴らしい。そして面白い。解説という技、そして魅力を伝えるという技にかけては、英語圏文明の方が上手であるといえましょう。そして結構な巻数を使って日本文学全体を一人で執筆している模様ですが、このクオリティで進行してゆくのかと思うと、次巻以降も大いに期待できそうなので、せっせと注文ボタンを押しました。もっとも、この類の本を読んでいると、紹介された文学、あるいは作品を研究した別の本なども買っておかねばと思ってくるのは自然な流れであり、買わねばならぬものがねずみ算式に増えてゆくのですが、ここは躊躇せずに注文ボタンを連打してゆくことにしましょう。古代編の第1巻で扱われる作品に関しては手元に未読の本が山ほどあるので、改めて買ったのは空海の「三教指帰」だけでしたが、これは空海「三教指帰」ビギナーズ 日本の思想(角川ソフィア文庫)という口語意訳風の翻訳版を入手してさっと読み通したというところです。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 10:29 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1555

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: