集英社版『日本の歴史(4)天平の時代』読了
講師の仕事が夏休みに入りましたので、この貴重な時間を活用して染料の実験など検案をいろいろ解消してまいりたいところであります。と言いたいところですが、暑い日は無理はしないということは大事なので、暑かったら自重して休養を取りたいところです。何しろエアコンが昨年から壊れたままなので、室温は30℃を越した場合はひたすらじっとして夜中の二時以降に活動を再開する、というのが昨年の夏休みでありましたが。室温33℃までなら、じっとしていれば特に苦痛というほどでもありませんが、それを超えてくると自室には居られませんので、エアコンの効いた車でドライブに行かねばなりませぬ。県外は自重しつつ、県内の古代遺跡を訪れたいところですが、ちょうど集英社版『日本の歴史(4)天平の時代』を読み終えたところなので、桃生城跡に行ってみたい気もするのですが、行ってみて密林だったら夏は引き返した方がいいかもしれませぬな。「天平の時代」、こちらはいわゆる奈良時代なのですが、日本文学について多少読んでみたあとであると、ただの政治家だった者が歌人だったりして思い入れ的に違ったものがあって面白いところです。私としては第3巻「古代王権の展開」が最も好きな巻なのですが、「天平の時代」も読んでいて全く飽きずに過ぎました。

今年はコロナの影響で夏休みは2週間くらいとなりましたので、あまり無理な計画は立てないのがよろしかろうというところです。放置していた樹木等を剪定したり、古くなった家電などを買い換えたり、Yシャツとかズボンとか買ったりと、生活上やっておかねばならぬことも多いのですが。しかし暑くて何もできなければ読書でもするわけですが。日本の美術品を見る際にやはり古典文学等の知識は無くてはならんものですなと最近特に感じるわけですが、知識があればますます面白くなるものであり、カバーする範囲も広がって情報量が一気に増えて、そこには広大な世界が広がっているのであります。しかし日本の美術品、かな文化というか古来の日本の言葉をつかったような文学に連なるものと、漢籍といいますか漢文で書かれたものに連なるもの、文学というよりは仏教経典のようなものに連なるものの二系統あるように思われるのですが、もちろん他にもいろいろありますが。古典文学は今のところいろいろと楽しみつつ読んでおりますが、問題は仏教経典ですな。仏教経典の数、そしてそこに出てる物事も含めて、数のインフレはいろんな意味で途方もないものがあり、経典にプラスして膨大な注釈書があるというところですが、最近ちょっと頑張って読み始めているのですが、これは取り組んでみれば非常に面白いと言いますか、なんというか、弥勒とか文殊とかが個性的に対話やドラマを繰り広げるので、これらをちゃんと読んでいれば、仏像鑑賞もそれはそれは面白いものであったのだと今更ながらに気がつきました。まだまだ不勉強を反省せねばなりません。というわけで日本古典文学の本と(読みやすい訳の)仏教経典、注釈書などが目の前に用意されてしまったので、なかなか休む暇がないのですが、私がこれらを読んで何か役に立つことはあんまりないとは言えますが、しかし初心に返って読み続けているところですが、でもこれは夏休みでなくても日頃できることですが。最近の美術の教科書は非常に良く出来ていて、材料や美術史についてしっかりした解説があるのですが、しかし文学との関連、ホメロスが如何に重要であるか、プラトンがどれほど重要であるか、日本の古典文学、仏教経典が如何に重要であるかについてまで伝えるには至っていない、その点はまだまだ未開であるようには思います。西洋の古代の古典と、西洋中世の古典、それからルネサンスについて書かれたもの、そして古典主義時代の本、それから日本文学、そして仏教経典という具合に、読んでおきたい物が山ほどあるのですが、それに加えて樹脂に関する本も読みつつ実験せねば、あと絵も描かねば。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 11:59 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1559

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: