チェリビダッケ/ザ・ミュンヘン・イヤーズ(49CD)購入
勤務先まで自家用車にて片道1時間の道のりなので、平日には日に2時間も車に乗っているわけですが、部屋のエアコンが故障中の身としては、車の中はエアコンがガンガン効いており、そしてワーグナーも聴き放題であり、むしろ快適な気がするほどであります。と思っていたら出先で車のバッテリーが上がってしまったらしくエンジンがかからない。しかしエンジンを止めてすぐかけ直したらかからなくなっていたので、バッテリー切れじゃない可能性も考えられる。バッテリー切れって、エンジンかけない状態で電気使ってしまったりなどに発生するものであるし。いずれにしてもよくわからないので、ロードサービスに来てもらったらやはりバッテリー切れであった。というわけで念のため、エアコン等電気の使用を控えつつ、ディーラーまで走行しつつ、無事辿り着いて見てもらったらバッテリーは完全に寿命が尽きていたようである。半年前の点検では寿命半分という診断だったのだが、暑いし電気使いまくりだったのか。しかも在庫がたまたまそれしかないということで、ちょっと高いバッテリーを付けられてしまって3万円かかったのである。まぁ、多少余裕のあるバッテリーを積んでおくというのも、この猛暑の多くなった気候の中では良いことなのかもしれない、と思うことにしましょう。いや、考えてみたら、そもそも7年前に新車購入してから一度もバッテリー交換したことなったのだけれども、半年点検が有効に機能しているのか少し不安にならんでもないところです。

ところで、ここ数年ブルックナーと言えば1、3、4あたりを好んで聴いているのですが、昔は5、8などの代表的大作を聴いてたものですが、最近はとにかく1、3、4なのです、どういうわけか。そしていろいろ聴いてたんですが、最近チェリビダッケ&ミュンヘンフィルの第4番を聴いたところ、例によって非常にゆっくりな演奏であり、他の演奏家の第8番よりも長時間に及ぶほどの悠々とした演奏なのですが、第4楽章が神がかっておりました。特に最後のコーダは全く別の曲のようであります。第4番の問題点と言えば、フィナーレの後半がスケール感がちょっと足りない感じであるところとはよく言われますが、このチェリビダッケのCDは全く問題ないどころか、後期の大曲を凌ぐほどのフィナーレであります。むしろ派手に終わるよりもずっと大曲っぽさがあるのではなかろうか。これを聴いてしまうと、少なくともフィナーレに関してはもはや他の録音など聴く気になれぬ、ぐらいの名演奏です。

というわけで、思わず、チェリビダッケ/ザ・ミュンヘン・イヤーズ(49CD)という49枚組のBOXを購入してしまいました。Amazonにて8298円也。1枚170円とは。他の指揮者ならともかく、チェリビダッケがこんなに安くなってしまうとは。とはいいつつも、チェリビダッケは今まではそんな好んで聴いてなかったので、個人的は未開拓領域であるので、新しい発見がありそうで楽しみではあります。本年度の後半は、このBOXを聴き終えるのを目安として過ごせればな、と思っております。

| 音楽 | 11:11 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1561

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: