久々に本棚を作る
模型を部屋に置くために、図書の類を物置に移そうかと思っているのですけれども、その為の本棚を組み立ててみました。

1830×140×19mmのSPF材833円を5本使用。この時点で4165円。完成サイズは高さ1849×幅610mmとなりそうです。
本棚
なんとなく釘に頼るのが好きじゃなくて、どうしてもホゾを作ってしまって、そのせいで手間がかかっておりますが、できるだけ手早く木材をカットしていきました。

仮り組みしてみたところです。
本棚
しかし、裏板用のベニヤが必要であったなぁと気がついて、本日のところはここまでで終了ということにしました。あと耐水性のニスを塗りたいので、結局いろいろ含めて8千円くらいの材料費になりそうです。安い本棚を買ったらこのサイズで1万円弱くらいかと思うと、この手間を考えると、自分で作る意味はなさそうですが、化粧ベニヤの棚は何年か経つと急激にみすぼらしくなるのですが、手作りしてニスを塗ったものは、けっこう年数が経っても、それなりにカッコいいのです。

なお、物置は湿気がひどくて、とにかくすぐに黴びたりして本や書類を保存しておけるような環境ではないのですが、床下にホームセンターで買ったコンクリートを流し込んでベタ基礎にしたので、なかり改善しているであろうと思われます。
本棚

それから大判の本も一部移したいと思って、ちょっとした棚を組んでみました。
本棚
使用したのは1820×200×13mmの桐材を1本、1097円。
本棚
これはあんまり意味なかったかもしれない。2000円くらいのカラーボックスを買ってきた方がいいのかも。しかし、実はこれと同じようなものを何度も作っていて、職場の教卓の上に置いてあるのですが、美術書を並べておくのに便利であります。

| 日曜大工 | 10:04 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1587

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: