本棚(180×90cm)を作成
自室に物が多すぎて、制作とか実験等に支障が出ているので、外の物置に本を移しつつ片付けようと考えているのですが、その為に高さ180センチ、幅90センチの本棚を作ることにしました。市販の安いカラーボックスみたいな棚だと、ちょっと時間が経つとみすぼらしくなってしまうので、いつも自分で板を切って組み立てておるのです。

かつてはけっこう手間をかけて作ってましたが、今回は物置用ということもあって、効率よくテキパキ作業することを心がけました。
本棚(180×90cm)
塗装に関しても、板を切った段階で、先にステインを塗っておきましたよ。使用したのはアサヒペンの水性ステイン、色は「マホガニー」。安価な上に、水性ということで、取り扱いも楽です。

かつては、ミルクペイントやシェラックニス、蜜蝋ワックスなどを素材から作って、その実験の場として塗って楽しんでおりましたが、そういうのも大方やり尽くしてネタも尽きた感がありまして、今は市販品で手軽にいく方向でやっております。市販品を使用する場合、油性の方が立派に見えるし、堅牢性にも勝るかと思って、水性はずっと避けてきましたが、最近は水性塗料を上手く活用する術を探っております。

手順は、水性のステインを塗って木材の美しさを引き立てたうえで、最後に水性のウレタンニス(和信ペイント)を一層引いて終わり、という感じです。水性ステイン、水性ウレタンニスはどちらも、臭いもないし、乾燥も早いし、道具の手入れも簡単だし、人体にも安全だし、手早く済むしで、メリットが盛りだくさんです。しかも仕上がりの見た目も悪くありません。

ウレタンニスも塗り終わったのが↓の状態です。
本棚(180×90cm)

このくらいの棚があれば、かなりの物品を部屋から運び出せそうですが、実は、古い美術全集を手に入れたい気もしているので、大判用の棚も足りないような気もしているので、そっちも考えなければなりません。

| 日曜大工 | 12:32 AM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1598

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: