世界美術大全集西洋編第2巻エジプト
自室のエアコンの工事、エアコン専用線も引かねばならず、古い家なので配線が困難そうな気もまして、いずれにしても部屋を片付けておかないと検討もできないだろうと思って、せっせと片付けていたのですが、捨てても捨てても要らないようなガラクタがわき出してきて、ここ数日ずっとゴミ出し作業を続けておりました。いつの間にか魔窟のようになっておりましたが、これを機会にだいぶ減らせましたが、それでもまだ多いのです。ここまできたらせっかくなのでがっつり片付けたい。という感じの夏休みなのでありますが、博物館の特別展みたいなものは、この夏は仙台市博物館で開催中の「ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展」を訪れたいと思っているので、県外に出るのは一応自粛しておこうかと思っているので、こちらをじっくり見て勉強したいかと考えております。まだ行っておりませんが、行く前に勉強をしているところです。まずは図録をネットで購入しまして、それを通読しました。

それから、世界美術大全集西洋編第2巻エジプトを読みました。これは読破に数日かかりました。各時代の解説文、そして作品別の解説、資料などに目を通したわけですが、内容はやはり充実しております。世界美術大全集西洋編は全巻を入手しているのですが、定価70万くらいするところをヤフオクで送料込み6万円で買ったわけですが、これは中古市場ではやや高めな方なので、状態はとてもよかったです。図書館に置いてあるものよりもずっといいかもしれません。安く手に入れたということもあって、線引きその他の書き込みも容赦なくやりつつ情報の吸収に努めております。読書は好きだけども愛書家ではないの、扱いは非常に雑だったります。私としては西洋編は全巻通読しなければならぬという意気込みだったのですが、ついつい放置して2年が経ってしまっておりましたが、ようやくじっくり読み始めることができたのはよかったと言えるでしょう。それにしても、これまでエジプト美術についての本はけっこう読んだつもりであり、各王朝と中間期などの出来事については、それなりの知識があったつもりでいつつも、実は美術品の様式がどれも同じように見えて、結局のところ違いも大して把握できてなかったところもあるのですが、本書を読んだ今、各時代の大まかな違いというものがようやく理解できてきたように思います。いやまだまだなのではありますが、でも、これを読む前と後では全く違うと言えるくらいに違うという手応えがあります。というか、とても面白いですね。ちなみに、かつてギリシア史関連の本ばかり楽しみで読んでいた頃の知識で、海の民騒動や、エジプトでのギリシア系傭兵とかの話とかさんざ読みましたが、それとエジプト美術がようやくリンクしてきた感があります。そして最近読み進めております旧約聖書の預言者時代の話とも繋がってきて、今とても面白いのであります。しかし、この巨大な本でいろいろ勉強になりましたが、非常に膨大なエジプト美術をこれ1冊で全く足りないと言えるでしょう。ここの時代についてさらに何かよい情報はないか探したいところです。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 10:54 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1632

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: