インド藍の種がとれました
インド藍の種が取れました。

この黒いサヤみたいなものの中に小さな種が入っています。それにしても本体のインド藍が昨年と比較してあまり大きくならないのだけれども、鉢を大きくするとか地植えにするとか、何か育て方があるのだろうか。種があればいろいろ試せるかもしれない。

ところで、イングリッシュ・オークに毎夏、何かの虫が幼虫を生み付けてゆくようで、幹が穴だらけになりまして、毎日それを見つけては殺虫剤を注入するというのを繰り返しているのですが、おそらくはカミキリムシであろうと思ってはいたのですが、ついにカミキリムシの姿を見ることができました。

あまりにもデカかったので、ちょっとびっくりしましたよ。こんなに立派なカミキリムシを見たことはありません。撮影後、すぐに抹殺しておきましたが、こんな大物が敵であったとは。
ちなみに、このような感じで穴だらけになってしまいます。

オークの大木には虫が集まってくるのは当たり前のことであり、多くの生命体の済む世界となるわけですが、さすがにこれを放っておいたらぼろぼろになってしまうことでありましょう。心なしか今年は殺虫剤の効きが弱いように思うのですが、やはり昨年購入した殺虫剤には既に耐性を備えつつあったりするのでしょうか。

| 家庭園芸 | 11:36 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1635

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: