納富信留著『哲学の誕生:ソクラテスとは何者か』他読了
富松保文著『アリストテレス はじめての形而上学』読了
アリストテレスの形而上学を読みたいのです。学生時代に読んでみなければと思って買ってみたものの、全く歯が立たなかったのであるけれども、今ならいけそうな気がしないでもないのですが、アリストテレスの著作の成り立ちを知ってしまうとやはりなんだかんだで警戒してしまい、本を開く勇気がない、というか、もう手元にないので、まずは買ってこないといけないのですが、その前にいろいろと解説書を読んでみたいと思ったので、富松保文著『アリストテレス はじめての形而上学』を購入しました。kindle版が特価でありまして。読んでみたところ、本書はアリストテレスの形而上学の入門というよりは、アリストテレスをベースとした形而上学の入門という内容でありました。もっともそれでも大変勉強になりました。

納富信留著『哲学の誕生:ソクラテスとは何者か』読了
夢中になって読み続けてひととき何もかも忘れることができるようなくらい面白かったです。哲学が人生において役に立つのかどうか、むしろ停滞を招いたりしたりしないか、という疑問は昔から感じないでもないところはあるのですが、しかしソクラテスとプラトンとアリストテレスについて考えている間は、日々の些末な事柄を一時忘れられるというような、もはや逃避行動に近いような感じでもありますが、しかしそうだとしても、それはそれでいいのではないか。こんな面白いものを気がつかずにスルーしてしまう方がどうかしているのであって、数多の人々が夢中になり、中世やルネサンス、近代の原動力になるのも当然でありましょう。

児玉幸多ほか編『集英社版日本の歴史 第6巻 王朝と貴族』読了
日本史についての本の中でも、なぜだか私としては非常に気に入って読んでいるのが、集英社版日本の歴史全21巻なのですが、過去に時代をとばして読んでしまったりしてどれを読んだかちょっとわからんというところおもありますが、ちょっと前から順に読んでいたりするのです。 第6巻 王朝と貴族は日本美術史上でも重要な巻であろうかと思います。日本美術史の本を読めばよいのではないと言われるかもしれませんが、しかし歴史についての本からの切り口の方がときに非常に本質を突いたような解説であったりして見逃せないわけです。

| 絵画材料 | 11:03 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1663

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: