The Art of Barylli Quartet バリリ四重奏団の芸術(CD 22枚組)聴了
我が自家用車は後期型ラクティスですが、発売から10年過ぎており、既に10万キロに達した所有者も多くなって買い換えている方も多くなってきて、私もそろそろ次の車を考えなければならぬ時期にきております。何しろ昨年の大雪による、たぶん融雪剤の影響による錆びも酷いもので。しかし現在は新車の納期も遙か先であり、中古車も高騰中なので、多少の修理費をかけてもしばらく乗りたい。できればあと2年半ほど乗りたい。たぶん、部品が手に入るかどうかによるのだけれども。そんなことはともかくとして、車で移動中にCD再生しているわけですけれども、ここ最近はThe Art of Barylli Quartet バリリ四重奏団の芸術(CD 22枚組)を聴き終えました。CD22枚組を¥4,720で購入したものですが、モーツァルト、ベートーヴェンなどの弦楽四重奏曲、希にその他の室内楽が含まれておりますが、いずれもたいへん味わい深い演奏ばかりでした。1950年代くらいのちょっと古めの録音なのですが、弦楽器の音というのはすこし古さを感じる音源がなかなかよろしいのです。バリリ四重奏団の演奏では、実はこのセットの中のベートーヴェンは既に所有しておりまして、私の最も愛聴する弦楽四重奏曲全集なのでありますが、モーツァルトなど他の作曲家のも手に入れていた思って、結局これを買った方が総合的にお買い得であったので、買ったわけですけれども。ベートーヴェンの弦楽四重奏曲は様々の録音のものを普段からよく聴いているのですが、モーツァルトのものはそんな聴いてこなかったので、今回はその点でけっこう刺激になりました。モーツァルトのカルテット、すごくいいですな。ベートーヴェンはけっこう聴き込んでわかってくるようなものが多いわけですが、それに比べると初見でいい気分になれたりするところがありますし、もちろん繰り返し聴いても素晴らしいです。ちょっと枯れたような感じの音質でありますが、全体的にじっくりと音符をじっくり拾ってゆく感じの演奏であり、モーツァルトは初見でも聴きやすく、またベートーヴェンは聴き始めは多少理解できないこともあるかもしれませんが、じっくり聴けばいずれもが名作名演であり、弦楽四重奏CDの最もお薦めのセットであると言えましょう。

先日触れましたカルキディウスによるプラトン『ティマイオス』註解(西洋古典叢書)は既に到着して、まずは解説を読みましたが、非常に興味深い内容でありましたが、実は付属の月報の解説の方がむしろ重大な感じが私にはしたのですが、購入された方は月報も読んだ方がよろしかろうかと思います。『カルキディウスとその時代』も届いておりますが、今の私には少々難易度が高かったのですが、1年後には読みたいと思います。この方面はまだまだ初学者なので吸収してゆく速度も速いような気がして、1年後には読めるんじゃないかという感じがあります。そして本日は宮城県図書館にゆきまして、L.D.レイノルズ,N.G.ウィルソン他『古典の継承者たち―ギリシア・ラテン語テクストの伝承にみる文化史』を借りてきましたが、これは中古価格も高騰してちょっと購入するのに勇気がいることろですが、パラッとみたなかなか素晴らしい内容です。なんとか入手したいところですが、もう手元に置いておかなければということは断念して、借りたものを読んでしっかり記憶に焼き付けてしまうという訓練も必要なのかなと思ったりしているところです。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 11:02 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1666

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: