1/48ヘッツァー及びヤークトパンター制作
今日は何をやってもうまくゆかず、しょんぼりして戦車プラモデルの迷彩塗装をやっておりました。

昨年からタミヤの1/48ヘッツァー及びヤークトパンサーを作っているのですが、戦車のプラモデル作るなんて、小学生以来のような気もしますが、昔は1/35の製品が定番でしたが、最近は1/48も品揃えがいいということで、1/48をコレクションしてゆきたいかと考えています。値段はそんなに変わらないというか、最新モデルが多いせいでむしろ高いくらいですが、サイズが小さい方が置き場所に困らないので。

まずは下地にオキサイドレッド色のサーフェイサーを吹きまます。

私としては油彩画を描くときもバーントシェンナの下地を多様するので、なんか親近感があります。

その後、全体にダークイエローをエアブラシで吹きつけました。

このままでいいような気がしないでもないのですが、一応迷彩塗装もやってみたかったので、とりあえずは、レッドブラウンを吹いてみました。

戦車に迷彩塗装をするのははじめてなので、エアブラシがうまく使えるか心配しましたが、無事にあちこち失敗しました。

ラッカー系塗料を使っているので、すぐに乾燥します。続いてダークグリーンを。

色の選択は説明書の指示通りにやってみましたが、結果的にちょっと色が濃くて、そのせいで戦車の形態がわかりづらくなってしまったような気がします。まさにそこが迷彩の効果なのでしょうけれども、戦車の形態を見て楽しみたい気もするので、次の機会は調色してちょっと控えめになるように取り組みたいと思います。また、モノクロの説明書を見てやったので、迷彩の模様は適当になってしまいましたが、後で気付いたのですがパッケージの側面にカラーの図があった。次の機会はこっちらを参照しよう。

さて、細かいパーツはこれから付けます。そして、最後にウェザリングをするわけですが、油絵具でのウェザリングに挑戦してみたいと思います。

| その他 | 11:17 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1667

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: